ピクシブ百科事典

魏延

ぎえん

魏延は、中国後漢末期から三国時代にかけて活躍した武将。字は文長(ぶんちょう)。蜀漢の武将。
目次[非表示]

生涯

<正史>においては劉備の入蜀の際、部隊長として随行し、たびたび戦功を立て、
劉備が漢中王になった際、重鎮の張飛をさしおいて要職の漢中太守となり周囲を驚かせた。
この重任を拝命する際、劉備に対し「曹操が天下の兵を挙げて攻め寄せて来るならば、大王のために
これを防ぎ、配下の将軍が10万の兵でやって来るならば、これを併吞する所存でございます」
と語ったとされる。

劉備死後も、丞相である諸葛亮に引き続き重用された。北伐の際は、呉懿とともにの費耀・郭淮を
打ち破ったり、諸葛亮の指揮の下で魏延・呉班・高翔が司馬懿の撃退に成功するなどの功績を
挙げている。

ただ、陣中ではその勇猛で誇り高い性格が災いし、ほかの武将から敬遠されていた。特に有力な
幕僚である楊儀とは非常に仲が悪く、激しく衝突することが度々あった。
そのことで諸葛亮は魏延・楊儀の両名いずれも高く評価していたため、どちらも罷免する事が出来ず、
心を痛めていた。

諸葛亮が五丈原で病に倒れると、楊儀との対立が激化し互いに攻撃しあったが、
終に兵士にも逃げられ、魏延は息子たち数人と漢中に出奔したが、楊儀は馬岱に追跡させ、
魏延父子を斬り殺させた。

<演義>では、もと劉表の武将で、劉表亡き後の動乱で長沙太守の韓玄を頼り、その配下となっている。
劉備軍が南荊州に侵攻した時、人望の厚い黄忠を疑い処刑しようとした韓玄に魏延は怒り、韓玄を斬って長沙を明け渡した。
反骨の相の持ち主であったため、諸葛亮は魏延を受け入れず処刑すべきだと主張したが、劉備には許され、以後その陣営に加わる。その後は<正史>通りの活躍をしたが、北伐の進路を巡って諸葛亮と衝突。味方の筈なのに孔明の罠にかけられた事もある。
例:諸葛亮存命中の最後の北伐で、司馬懿もろとも焼き殺されそうになった。降雨で助かった魏延は、この事を諸葛亮に問い詰めると、諸葛亮は馬岱に泣く泣く責任をかぶせて、罰を与えた。
諸葛亮の死後、楊儀と対立して反乱を起こすも、諸葛亮の密命を受けていた馬岱に背後から斬り殺された。  

人物評

後世の創作物や諸葛亮信仰の影響で、正史以上に「裏切り者」のレッテルを貼られてしまった人物。その影響か、構成の書物では「自己中心的」等と言われている。実際、書物には「怖がられていた」とは書いてはあるが、そこまででは無いだろう。
正史三国志の著者である陳寿は、「魏延が北へ行って魏に降伏せず、南に帰ったのは、政敵の楊儀を殺そうとしたためである。
<中略>謀反を起こそうとしたのではない」と考察している(ただし、同時に「短慮なのも確かであり、その意味では彼の自業自得でもある」とも評している)。
武力においては五虎大将軍に匹敵すると評されるほどの実力者。
そうしたこともあり、再評価されつつある人物。喜んでる人多数

登場作品

大体の作品で猛将だが、物によっては裏切り要素も入れられている。

  1. 横山三国志
  2. 蒼天航路
  3. 真・三國無双』シリーズ
  4. 天地を喰らう』(ファミコン版はI・II、アーケード版はIIのみ)
  5. 三国伝』→魏延マークII
  6. 恋姫†無双』シリーズ→焔耶(えんや)

『横山三国志』

反骨の相



おおよそ演義などと同じ。上記の場面がネタでよく使われる。

アニメ版では劉表の死後、荊州城内に入れる入れないで蔡瑁と揉める場面で登場。これが唯一の登場シーンとなる(黄忠や馬超はアニメ出番無し)。
ちなみに漫画版では名前は明かされないものの、23巻にこのシーンが収録されている。

時系列ではその後、長沙太守の韓玄の元に身を寄せており、劉備軍の関羽に攻められる。この時、孔明は関羽に「一人凄い武将がいる」と黄忠の名前を挙げるも、なぜか「魏延の名前は出てこない」。単にいることを知らなかったのか(「戦う前に敵を知ることが大事」と孔明は戦前に言ってるのだが)、当時まるで無名だったのか、知ってても戦力としては脅威となるような敵では無いと考えていたのか、理由は不明である。

漢中攻防戦では張飛に敬語を使う立場だったが、南蛮戦の頃は趙雲とタメ口をきいており、立ち場的には五虎大将に近い存在になっていたと言ってもいいだろう。

『蒼天航路』

劉備の蜀獲りの際(29巻)に、黄忠と共に初登場。なぜか土佐弁で話す。当初は一騎兵であったが、緒戦の活躍で将に抜擢された。戦場では荒武者だが、かなりの上がり症である。(一緒に恩賞を賜った黄忠が「畏れ多くも、有難き幸せにございまする」と返答したのに対し、魏延は同じ言葉を、赤面しながら「お…お…あ…し…ご…る」としか言えなかったほど)
その後は漢中遠征に付き従うも、敵総大将の夏侯淵にあしらわれる。物語が曹操の死で終わったため、その後の活躍は描かれていない。

『真・三國無双』シリーズ

声優:増谷康紀
武器:長柄双刀→5では重棒

魏延


淡々と敵を斬りつけていく狂戦士。何故か片言でしゃべる。
諸葛亮からもいずれ叛乱に走る「反骨の相」の持ち主と評するが、劉備から重用されている。

シリーズ通して、仮面を被り素顔は見えず奇怪な鎧などに身を包まれて、ある意味で豪華である。
戦い方もアクロバティックに地面を回転したり、野性的な戦い方をする。

劉表韓玄配下時代からの同僚である黄忠や自身と同様、蜀軍の中では変わり者である龐統と行動を共にする事が多い。
また、『演義』で自分を斬り殺した馬岱には苦手意識を抱いている(『6』では馬岱に対して「我……オ前……苦手……不思議……」という台詞がある)ものの、関係自体は良好で『OROCHI2』の陣地会話では一緒に鬼ごっこをした事が語られている。

無双OROCHI』で石川五右衛門に自身の宝(ナレーション曰く劉備との絆を示す大事なもの)を盗まれた際には激昂し、「我…オ前…許サン!」と怒りを露わにしていた。
『OROCHI2』では、佐々木小次郎の他、孟獲祝融ら南中軍との特別会話がある。
蜀軍よりも南中軍にいる時の方が馴染んでいる気がするのは気のせいではないだろう。

飲んで食って踊って寝ろ!



ちなみに公式のツイッターでエイプリルフールで「仮面脱ぎました」とまさかの女体化ネタもやってたりする。

『天地を喰らう』

割と出番が多いが原作漫画には出てないキャラのためか、出るたび顔が全然違う趙雲とかは安定してるのになぜだ。

アーケード版『天地を喰らうII』

三国志ファンにはまずびっくりされるが、プレーヤーキャラの一人として、よもやの五虎大将入り。これはゲームの舞台となったのが赤壁なので、この当時は劉備軍にいなかった馬超と入れ替わりである。 ちなみに赤壁の頃には黄忠ともども劉備の配下ではなかったのだが・・・。
なおビジュアルはハゲオヤジ。

ファミコン版『天地を喰らう』

中盤荊州平定時に黄忠共々加入。入蜀の時期までは十分戦力として機能するが、兵数が増えないのでいずれお役御免の運命にある。
顔グラがテンプレ武将顔なのも不遇。

ファミコン版『天地を喰らうII 諸葛孔明伝』

加入タイミングは前作と同じだが、今度は兵数が増えていくので最後まで戦力として使用に耐えうる人材に。弓使いの黄忠以外で2回攻撃が終盤入手できる武器で可能になるのもグッド。
顔グラも専用のものになり、ダンディなオジサマに。前作よりかなり扱いが良い。

関連タグ

三国志  馬岱 \ここにいるぞ!/ 

作品タグ
横山三国志 蒼天航路
三国無双 三國無双 無双 無双OROCHI
三国志大戦 三国伝 
恋姫無双 真・恋姫†無双

pixivに投稿された作品 pixivで「魏延」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 381429

コメント