ピクシブ百科事典

司馬昭

しばしょう

三国時代の魏の武将・政治家。
目次[非表示]

司馬昭とは

司馬昭(しば しょう、晋の太祖文帝、211年 - 265年)字は子上(小説『三国志演義』では子尚)。
司馬懿の息子であり、司馬師の弟、晋の開祖司馬炎の父。妻に王元姫(文明皇后)。晋代に太祖文帝と追号される。

来歴

父兄の活躍中についての記述は少なく、曹爽による蜀漢攻撃や曹爽一派を失脚させるクーデターに参加したことのみがはっきりとしている。

司馬師が死没した255年に兄の後を継いで実権を握り、翌年大都督に任じられた。

257年、同じく生前に司馬師排斥を掲げた夏侯玄と親しかった諸葛誕が寿春にて反乱を起こす。
諸葛誕は反乱を起こすと、同僚で魏の5将軍の1人に数えられていた楽進の息子楽綝を斬って呉に援軍を要請。
対する司馬昭は皇帝皇后を奉じて26万と号する大軍で反乱鎮圧にあたった。
結果として反乱は1年以上も続いたが、呉の援軍として派遣されていたかつての反乱首謀者文欽が作戦を巡って諸葛誕に斬られるという事件が起こってからは、その息子の文鴦らの投降を受け入れ、反乱軍の瓦解に繋げた。
投降者が相次ぐなか、城から打って出た諸葛誕の死をもって反乱は終息する。

260年、皇帝となっていた曹髦がついに司馬氏打倒の兵を挙げる。
これに司馬昭の家臣であった賈充が軍を率いて対応し、部下に命じて皇帝を弑逆させるという事件が起きるも、司馬昭はこれに対し賈充を罰せず実行犯である成済を処刑するに留めた。
この反乱の際に皇帝曹髦は「司馬昭之心、路人皆知(天下を狙う司馬昭の野心は、道端の人でも知っている)」と叫び、現在でも野心家の魂胆はバレバレだという意味合いで日常的に使われることとなった。
稀代の大悪党と言われた董卓と同様の所業を行った司馬昭一派の行動は、内外に多くの波紋を呼び、この後司馬昭は曹奐を新皇帝に擁立する。

263年には鍾会鄧艾、諸葛緒に命じて蜀征伐の軍を起こす。
征伐後の混乱によって鍾会鄧艾姜維らが死亡するも、結果として蜀の皇帝劉禅が降伏したことにより、三国鼎立の世は終わりを告げる。
翌年皇帝より晋王の爵位を賜るが、265年に中風で死去。
この後司馬昭の後を継いだ長子司馬炎が魏の曹奐に禅譲させ晋を建国、のちに呉の皇帝で孫権の孫にあたる孫皓を降伏させ、三国時代に終止符を打った。

自身が地方を平定し、内部で権力の地ならしをして息子が皇帝になる、という行動様式はしばしば曹操となぞらえられる。
最終的に漢から魏、そして魏から晋へと帝位が禅譲されたのは歴史の皮肉と言うべきかも知れない。

主な登場作品

真・三國無双シリーズ

司馬昭


司馬昭(真・三國無双)を参照

三国志大戦シリーズ

昭×2



三国志シリーズ(コーエー)


関連タグ

三国志 真・三國無双 父司馬懿 兄司馬師

pixivに投稿された作品 pixivで「司馬昭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6269290

コメント