ピクシブ百科事典

文鴦

ぶんおう

文鴦は中国三国時代から西晋にかけて活躍した勇将。
目次[非表示]

概要

魏呉晋に仕えた勇将。文欽の次子。
文鴦の「鴦」は幼名だが、一般的に文鴦が通名。
字は次騫。本名は文俶(淑)。

所属勢力の流れ

魏⇒反乱軍⇒呉 ~毌丘倹の乱~

父文欽と毌丘倹司馬師に反乱を起こし、文鴦も父に従軍した。
文鴦は進軍してくる司馬師の軍に対し、挟撃することを父に進言する。
しかし、文鴦が三度合図を送ったにも関わらず文欽は呼応せず、作戦は失敗に終わり、一時撤退した。
司馬師は文鴦の作戦が失敗したことを察知し追撃。
文鴦は果敢にも司馬師軍の追撃に応戦したが適わず、父と共に呉へ亡命した。

呉⇒魏 ~諸葛誕の乱~

諸葛誕司馬昭に反乱を起こすと、父文欽とともに呉軍として諸葛誕の救援に向かった。
しかし、文欽と諸葛誕は仲が悪く、作戦を巡って対立し、諸葛誕が文欽を斬殺してしまった。諸葛誕を恐れた文鴦はやむなく司馬昭に降伏する。

魏⇒西晋 ~魏滅亡とクーデター~

265年に魏が滅亡、晋が成立、司馬炎の時代に平虜護軍となり、晋の勇将として異民族討伐などで活躍。
後に東夷校尉・仮節となり司馬炎に謁見したが、司馬炎に疎まれ免職させられる。
司馬炎の死後、291年に賈南風が実権を握っていた楊駿らにクーデターを起こす。
クーデターメンバーであり、諸葛誕の外孫で文鴦を恨んでいた司馬繇は、文鴦を叛逆者に仕立て上げ、三族皆殺しにした。


主な登場作品

真・三國無双シリーズ

目覚めよ、武の魂!


文鴦(真・三國無双)を参照

pixivに投稿された作品 pixivで「文鴦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644817

コメント