ピクシブ百科事典

文鴦

ぶんおう

文鴦とは、中国三国時代から西晋時代にかけて活躍した勇将である。
目次[非表示]

概要

三国志の登場人物。中国三国時代から西晋時代にかけて活躍した。
一騎当千の猛将神算鬼謀の軍師といった「英雄」がほとんどいなくなった三国時代後期において、勇将趙雲の再来と呼ばれた男。つまり三国志最後の英雄である。

乱世に翻弄され、魏・呉・晋の三国に仕えることとなる。

魏の文欽の次子。文鴦の「鴦」(おう/おしどり)は幼名であり、文鴦とは本名ではなく通名・あだ名である。
本名は文俶(淑)であり、字は次騫。

「演義」によれば槍と鉄鞭を武器として使う。

三国志大戦での文鴦

文鴦




真・三國無双シリーズでの文鴦 (真・三國無双7からの参戦) ⇒文鴦(真・三國無双)

文鸯



所属勢力の流れ

魏⇒魏内の反乱軍⇒呉 ~毌丘倹の乱~

父・文欽と毌丘倹が魏の実権を掌握していた司馬師に反乱を起こし、文鴦も父に従軍した。
文鴦は進軍してくる司馬師の軍に対し、挟撃することを父に進言する。
しかし、文鴦が三度合図を送ったにも関わらず文欽は呼応せず、作戦は失敗に終わり、一時撤退した。
司馬師は文鴦の作戦が失敗したことを察知し追撃。
文鴦は果敢にも司馬師軍の追撃に応戦したが適わず、父と共に呉へ亡命した。
しかしこの際に司馬師は文鴦の勇猛さに驚き、手術したばかりの片眼の病傷が悪化。死期が早まることとなる。

呉⇒魏 ~諸葛誕の乱~

魏の諸葛誕が司馬師の後を継いだ弟・司馬昭に反乱を起こすと、文鴦は再び父・文欽とともに従軍。呉軍として諸葛誕の救援に向かった。
しかし、文欽と諸葛誕は仲が悪く、作戦を巡って対立し、諸葛誕が文欽を斬殺してしまった。諸葛誕を恐れた文鴦はやむなく司馬昭に降伏。以後、文鴦は司馬一族率いる魏、つまり後の晋(西晋)に仕える将となる。

魏⇒西晋 ~魏滅亡とクーデター~

265年に魏が司馬一族の手により滅亡、晋が成立。文鴦は晋の初代皇帝司馬炎の時代に平虜護軍となり、晋の勇将として異民族討伐などで活躍。禿頭樹機能という凄い名前の鮮卑と戦っていたりしている。

後に東夷校尉・仮節となり司馬炎に謁見したが、司馬炎に疎まれ免職させられる。

司馬炎の死後、291年に賈充の孫娘・賈南風が、時の権力者である楊駿らにクーデターを起こす。クーデターメンバーであり、諸葛誕の外孫で文鴦を恨んでいた司馬繇は、文鴦を叛逆者に仕立て上げると、三族皆殺しにした。ここに三国志最後の英雄は命を落とす。

その後賈南風の政権も長く続きはせず、西晋は五胡十六国が血で血を洗う暗黒の時代に包まれることとなった。

関連記事

親記事

西晋 せいしんまたはしんしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「文鴦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 756907

コメント