ピクシブ百科事典

鄧艾

とうがい

三国時代の武将・政治家。字は士載(しさい)
目次[非表示]

概要

主にの戦線で功績を上げ、晩年には劉禅を降伏させ蜀の平定に貢献した。
任地の地図作りを好んでおり、当時としては珍しい趣味のため周りからは変わり者扱いされていた。
しかし、本人は意に介さず「いつか役立つ時が来る」と言っていたという。
姜維率いる蜀軍を迎え撃った段谷の戦いでは、その事を実証して見せたと言っていいだろう。
吃音でもあり、司馬昭から「(発音がうまく出ず、何度も言い直すため)お前はいつも『艾は、艾は』と言っているが、一体鄧艾は何人いるのかね」とからかわれた事もある。
ただし、彼は即座に「世の人は『鳳(鳳凰)や、鳳や』と褒め称えますが鳳が沢山いる訳ではありますまい」と論語の一説をもって切り返し、その頭の回転の良さに感心した司馬昭は以前にもまして彼を重用するようになった。
しかし、蜀平定後は独断や専横が目立つようになり、最終的には謀反人として捕縛され、移送中に殺害される。
後に嘆願に応じる形で司馬炎によって恩赦が下され、名誉は回復された。
(処刑された人間の弁護は皇帝の誤りを述べるに等しい行為であり、当時は命懸けの行為であった。
 これらのことから、彼の最期についての一連の事件は政治的なライバルであった鍾会の陰謀ではないか?との声も少なくない)

農民出身であると言われそこから立身出世を果たした事や、蜀を陥落させた将を悪く描きづらい事から三国志演義での扱いもあまり悪くない(ただし、魏将の例に漏れず蜀将を引き立てる為の噛ませ程度はやらされているが)。
そのため、魏(晋)の将にしては珍しく庶民からのウケも良く、今なお彼の名は吃音者を慰める例として挙げられる事も多いという。

登場作品

真・三国無双
CV:小原雅人

ナイス艾


6から無双武将として参戦。
得意武器は螺旋槍→螺旋弩(大型のガトリング式ボウガン)
もとは魏の文官だったが司馬懿にその才を見出されて重用される。史実どおり地図作りが趣味で、地形を利用した戦法を得意とする。元文官とは思えないほどのマッスルな体の持ち主。
戦闘では大きな得物と関節技を駆使して戦う。

三国志大戦

戦いの時は来た


三国志大戦2 若き獅子の鼓動(Ver.2.1)より登場。所属勢力は魏。レアリティはSR。
大戦3においてスペック・計略が変更された。
三国志大戦2:コスト2.5 武8知9伏 計略「刹那の神速」
三国志大戦3:コスト2.0 武7知9伏 計略「隠密の神速行」
Illustration : 獅子猿

関連タグ

トウ艾(表記ゆれ)

pixivに投稿された作品 pixivで「鄧艾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1340444

コメント