ピクシブ百科事典

目次[非表示]

史実における許褚

曹操軍の猛将で、字は『仲康』。
身長八尺(約184cm)、腰周り十囲(約120cm)の巨漢で、人並み外れた武勇の持ち主。
曹操に仕える前から様々な逸話が残り、牛の尻尾を引っ張って百歩余りも連れてきたこともあるという。
後に曹操に帰順すると彼は許褚を『我が樊噲(劉邦に仕えた怪力の勇将)を得た思いだ』と褒め讃えた。
官渡の戦いにおいて謀反の気配を察知、曹操の帳に忍び込んだ謀反人達を打ち殺したことから
更に曹操に信頼されるようになり、出入にも同行させて左右から離さなかった。
その後も潼関の戦いで曹操を降り注ぐ矢の雨からかばいつつ船を漕いで黄河を渡り切ったり、
曹操暗殺を目論む馬超を睨みつけるだけで退散させたりと曹操の親衛として大いに活躍。
曹操が亡くなった後も曹丕に仕え、武衛将軍として曹魏を支え続けた。
なお、曹操が亡くなった時には喉が切れるほど泣き続けたといわれており、その忠誠心の篤さが伺える。

許褚は虎のように力強く誠実な男だったが、頭の回転は鈍かったという。
そこから来た彼のあだ名が『虎痴』。天下の賞賛を浴びた際、この名が本名だと思い込んだ者もいたという。

三国志演義における許褚

先に曹操の親衛を務めていた典韋との因縁として、二人が黄巾賊の総大将何儀の身柄を奪い合うエピソードがある。
二人の争いを見ていた曹操は許褚の武勇に『殺すのは惜しい』と部下に彼を捕らえるよう命ずる。
典韋は上手く立ちまわって許褚を罠にかけるが、他の敵将と同じ扱いをされた許褚を見て曹操は激怒。
彼の縄を解いて陳謝し配下に誘うと、許褚はこれを快諾して曹操軍に加わるのだった。

その後も曹操配下として抜群の武勇を見せ、特に馬超との一騎打ちでは上半身をはだけながら死闘を繰り広げた。

その他の作品における許褚

横山三国志における許褚

虎の痴は裏切りを知らず


従来のイメージに反してスマートな体格で比較的整っている容姿の猛将として登場。

真・三國無双シリーズにおける許褚

許褚


許褚(真・三國無双)を参照。

SDガンダム三国伝における許褚ガンダム

許褚ハンマハンマ


異名:撃砕の剛将
モチーフ:なし(元になったキットは武者○伝3より『円従烏賊と火威獣丸』)

過去の商品のリデコ品のシリーズ『三国伝外伝・武勇激闘録』に登場。
曹操軍近衛兵団筆頭で、平民の出だが三璃紗一の力持ち。単純な力比べなら呂布にも引けを取らないという。
過去に典韋アッシマーに黄巾党と勘違いされて一騎打ちをしたが、和解後は無二の親友となった。

武器/烏賊鋼剣<いかごうけん>
烏賊の足のように自由自在に形を変える異形の剣。リデコ元のキットを意識したネーミングである。
剛鉄球<ごうてっきゅう>
許褚の両肩に装備された半鉄球を合体させ、敵に投げつける。
重甲鉄鋼剣<じゅうこうてっこうけん>
烏賊剛剣の先に剛鉄球を装着し、ハンマーのように扱う。
必殺技
重甲鉄球砕<じゅうこうてっきゅうさい>
力任せに剛鉄球を回転させて投げる。その鉄球の周りには鉄の鎧も破壊する竜巻が起こる。

一騎当千における許褚

フリーアイコン許褚ちゃん


許褚仲康を参照。

恋姫†無双シリーズにおける許褚

真・恋姫†無双 許緒


季衣を参照。ちなみに許緒と表記されている。

関連タグ

三国志  曹操 典韋
許チョ 動けるデブ

関連記事

親記事

虎豹騎 こひょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「許褚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161683

コメント