ピクシブ百科事典

反三国志

はんさんごくし

劉備が天下を取る、三国志の二次創作小説。

反三国志とは、1924-30年に発表された三国志二次創作小説である。内容は、劉備軍がも下して中華を統一するというもの。
著者は中華民国の官僚、周大荒。日本語版は渡辺精一訳・講談社刊で、ハードカバー版が 1991年、文庫版が 1994年。
著者の属する中国国民党の北洋軍閥征伐を鼓舞する意図で書かれ、執筆当時の政情に対する風刺が度々出てくる。
小説としては、作者の政治的手腕や文学的教養が伺われる反面、戦闘の描写は単調過ぎるといわれる。

↓(ネタバレのため遥か下に詳細)















詳細


まず正史三国志演義も偽史だと宣言し、古本屋の片隅に眠っていたボロボロの真の史書の現代語訳という体裁で描き始められる。

前述の通り劉備軍が完勝し天下統一する話であり、そのため史実・演義の劉備軍の失点はすべて改められ、また劉備軍で報われなかった者には救いが与えられている。
反面、曹操曹丕をはじめとする魏・呉の王族や文官は徹底して国賊として酷評される。ただし武将は死を覚悟で主君に忠義を尽くしたとして讃えられる。

具体的な改変は以下の通り。

  • 徐庶が偽手紙に騙されず、母も救出される。
  • ホウ統は撃ち殺されない。逆に張任を撃ち殺す。
  • 関羽は居丈高にならない。
  • 張飛は酔っぱらわない。
  • 馬謖はポカをしない。だから孔明も泣いて斬らない。
  • 魏延は孔明に逆らわない。孔明も魏延を疑わない。
  • 演義で却下されていた魏延の子午谷作戦が実行され成功する。
  • 馬超が主人公級の活躍をし、仇討の悲願を果たす。
  • 上記の際に、曹操の懐刀だった華歆(華キン)は馬超によって焼肉にされる
  • 劉禅が劉備在位中に呉軍に暗殺され、劉諶が劉備の後継者になる。
  • 劉表は明確に蔡夫人より劉備を信用している。
  • その蔡夫人も、徐庶の母に諭されて改心するため、息子共々生き伸びる。
  • 鄧艾鍾会が仲違いせず、共に勇戦して戦死する。
  • 司馬懿孔明の罠で丸焦げにされて死ぬ。
  • 黄氏(月英)の活躍で南蛮征伐が瞬時に完了。孟優が殺される。
  • 夏候惇が右目まで失くす。
  • オリキャラ『馬雲緑』の存在。
……等等。

pixivに投稿された作品 pixivで「反三国志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3184

コメント