ピクシブ百科事典

諸葛尚

しょかつしょう

中国の三国時代の蜀の武将。諸葛亮孔明の孫にあたる人物。
目次[非表示]

概要

末期の重臣であった諸葛瞻の長男で蜀の丞相諸葛亮にあたる。
母親は不明であるが、諸葛瞻は第2代蜀皇帝劉禅の皇女を正室としている為劉禅の娘が生母にあたる可能性があり、その場合は外祖父が劉禅で劉備の血を引く事になる。

263年の鄧艾による蜀侵攻において父と共に綿竹にて魏軍と戦ったが敗北し、魏軍に突撃して戦死した。突撃の際に蜀の政治を壟断していた宦官黄皓を斬っておくべきだったと嘆いた事でも知られる。

コーエーの三國志シリーズ

蜀末期の武将として登場。作品にもよるが末期シナリオ自体あまり多くない為、英雄集結シナリオのような寿命の無い全武将登場シナリオで見る頻度が高い。
祖父とは違い武力がそこそこあるタイプで知力・政治もそこまで致命的ではない。
蜀末期の武将としては若い部類に入るが、若くして戦死した経歴故に戦死した武将の寿命補正があまりない作品(不自然死武将の寿命補正が没年+10歳の三國志11等)ではかなり早く寿命を迎える事になる。

関連タグ

三国志 

関連記事

親記事

諸葛瞻 しょかつせん

pixivに投稿された作品 pixivで「諸葛尚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139

コメント