ピクシブ百科事典

李傕

りかく

李傕とは、後漢末期の武将・政治家。字は稚然。

概要

董卓の配下として登場。同僚の郭汜は幼馴染の間柄。
袁術に寝返った朱儁が荊州から洛陽に進撃してきたため郭汜と共に迎撃し、朱儁軍を撃破した。その後、彼らが進軍した諸県で男は殺し、女は攫うという蛮行を働き、彼らが通った後には何も残らないという董卓に劣らぬ暴虐さを見せた。

董卓が呂布らに殺された後は、参謀の賈詡の進言に従い都の長安を強襲、呂布を撃破し首謀者の王允らを粛清し、献帝を擁立して権力を握り、大司馬となる。

郭汜と城内を分割して統治していたが、統治するどころが自ら領内の民から乱暴狼藉を働いて酒池肉林の限りを尽くした。しかし、郭汜と仲違いして内紛が勃発。最終的には献帝は前の都の洛陽に逃げたため凋落していき、最期は部下に裏切られて死亡する。

関連タグ

三国志 董卓 郭汜

関連記事

親記事

董卓 とうたく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「李傕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 738

コメント