2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

董卓の配下。同僚の郭汜は幼馴染の間柄。董卓の命で孫堅に対し和睦の使者として赴いたことが史書での初出であり、それ以前の実績は不明。
袁術に寝返った朱儁が荊州から洛陽に進撃してきたため郭汜と共に迎撃し、朱儁軍を撃破した。その後、彼らが進軍した諸県で男は殺し、女は攫うという蛮行を働き、彼らが通った後には何も残らないという董卓に劣らぬ暴虐さを見せた。

董卓が呂布らに殺された後は、参謀の賈詡の進言に従い都の長安を強襲、呂布を撃破し首謀者の王允らを粛清し、献帝を擁立して権力を握り、大司馬となる。のち馬騰韓遂劉焉らの攻撃を退け権勢を振るう。

郭汜と長安城内を分割して統治していたが、統治するどころが自ら領内の民から乱暴狼藉を働いて酒池肉林の限りを尽くした。しかし、郭汜と仲違いして内紛が勃発。最終的には献帝は前の都の洛陽に逃げたため凋落し、涼州北地郡に逃れる。最後は本拠地・黄白城を(後年馬超と共に曹操に対して反乱を起こした)関中軍閥の梁興張横らに攻め落とされるほど弱体化しており三族皆殺しにされた。

フィクション

三国志演義」でも大体史実に近いが、作品によっては皇帝への野望を抱いている場合もある。ある意味「宇宙大将軍侯景など南北朝時代に次々輩出したDQN武将たちのプロトタイプと言えなくもない。
蒼天航路」では董卓の一の忠臣という描かれ方をしているが、実際に彼は董卓配下の武将の中では最も董卓を敬慕していた人物でもあったとされる。

関連タグ

三国志 董卓 郭汜

関連記事

親記事

董卓 とうたく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32872

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました