ピクシブ百科事典

徽宗

きそう

宋(北宋)の第8代皇帝。
目次[非表示]

概要

北宋)末期の皇帝。
兄の哲宗に息子がおらず、しかも早死にしたため、徽宗が皇帝になった。
芸術家としては高い才能を持っていたが、当時の官僚同士の政争(新法・旧法の争い)を何とかする事はできなかった。
趣味が合う蔡京(新法派)を重用したが、反対する官僚は旧法派・新法派を問わず政界から追い出して、徽宗の機嫌を取るために重税を民衆から搾り取るありさまだった。とはいっても徽宗も自分で権力を握りたいため、左遷や閑職への祭り上げに見舞われた蔡京は、次第に権力を失っていった。もちろん徽宗の側近も、似たような傾向のろくでもない人物が多く、その悪政ぶりは未来に「水滸伝」の元ネタにされている。
高俅もそれらの側近の一員だが、その中でもまだ小粒だというのが現実の恐ろしさ。

そんな末期的な状況の宋だったが、北方の強敵だったはそこにつけ込むどころではないほど弱体化していた。そこで徽宗はいらん欲を出し、遼の北東のと手を組んで遼を滅ぼそうという野心を抱く。
しかし宋の弱体な軍隊は、滅亡寸前の遼の軍隊にすらぼろ負けする始末で、やっと手に入れた遼の旧領は金の軍隊が略奪した後だった。
そんな状態でなぜそんな事を考えるのか、もはや理解の範疇外だが、徽宗は金が支配下に置いた地域まで欲を出し、遼の生き残りとともに金を攻撃しようとする。
そして金の軍隊が攻め寄せると息子の桓(欽宗)に譲位して、側近達を連れて開封から逃げ出す。
あまりの醜態に頭に来たであろう欽宗は徽宗を連れ戻し、側近達を処刑した。
金の軍隊が開封を陥落させた際に徽宗は捕まり、金の領内のはるか北方に幽閉され、そのまま一生を終えた。
後宮の100人を超える妻妾、欽宗を含め30人を超える息子、30人を超える娘の殆どもともに捕まり、妻妾と娘達のほとんどは鬼畜エロゲーさながらの末路をたどったという。

その子孫は金の領内で軟禁されていたが、海陵王により男性は皆殺しにされたという。南宋を再興した高宗(欽宗の弟)も息子が早世したため遠縁の親族を養子にして、徽宗の男系末裔は断絶している。

「宋史」の編纂に関わったトクトによる評価は、「何でもできたが、君主だけはできなかった」という的確なものであった。

より詳しくは、Wikipedia「徽宗」Wikipedia中国語版「宋徽宗」などへ。

関連タグ

 北宋 皇帝 芸術家 /絵画
水滸伝
横山水滸伝:史実では遊び好きで政治に無関心だったが、この漫画では悪大臣を叱りつける正義感を持つ名君扱い。どうしてこうなった

南宋:ただ一人江南に逃れた息子の趙構(高宗)が再興した。

非関連タグ

後白河天皇…芸術才能があり(ただし俗っぽい方面で)、予期せずに君主になったが、天然系の世渡りで一生を無事に過ごした。
足利義政…芸術への関心が強かったが、権力が弱い事が幸いし(?)、悲惨な目に遭わずに済んだ。兄が早死にした後に当主になったのは同じだが、その時点ではまだ子供であった。
リチャード1世…政治無能だが創作(水滸伝と同じくアウトローを描くロビンフッドアイバンホー)で善玉になっている点で共通。ただし、彼は武辺者。

pixivに投稿された作品 pixivで「徽宗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 672

コメント