ピクシブ百科事典

十二宮(聖闘士星矢)

じゅうにきゅう

十二宮とは、聖闘士星矢シリーズに登場する施設名称。
目次[非表示]

概要

黄金聖闘士達が守護する12の宮殿の総称。入口に当たる白羊宮から最上部の双魚宮まである。

元ネタは黄道十二宮。ここが舞台になるということは必然的に黄金聖闘士達の戦闘シーンが見られ、原作・各派生作品とも盛り上がる展開になる事が多い。

原作、LCなどの設定


アテナ軍の本部的存在である聖域の中心的施設で、黄金聖闘士が守護する一番上の双魚宮の更に上には教皇の間、最上部にはアテナ神殿が聳える。

十二宮には神話の時代から女神の小宇宙が立ち込めた結界が張られており、特殊能力者でもテレポートなどでショートカットすることは絶対に不可能な状態であり、攻略には下から順に己の二本の足のみで1宮づつ攻め入る必要がある。

宮殿の内部については原作ではあまり詳細はないが、LCではそれぞれの宮の守護担当者が私物を持ち込んでいる様子も描写されており、NDでは危ないペットを飼っていたり、原作では危険な植物を植えている人もいたりするなど私物持ち込みには寛大なようである。

また「教皇の間」には沐浴用の風呂がある模様が原作でも描写されておりサガが浸かっていたシーンは有名で二次創作でもよくネタにされている。

後述の聖闘士星矢Ωの新十二宮編およびLoS以外は原作・派生作品とも基本的にこの設定である。

Ω十二宮編の設定

本作前半でマルスに乗っ取られてしまい、アリアの力を無理矢理使い強引に聖域全体ごと、旧来あった十二宮が破壊され尽くしてしまい、跡地に「バベルの塔」が建てられている。
また29話でマルスがアリアの今際の際に搾り取った力と杖を使い、新十二宮がバベルの塔の上部に天空へ向かって螺旋状に伸びるような形で作られており、各宮を結ぶ階段も空中に浮いている状態である。
各宮の外見は一見旧作と酷似しているが、内部はそれぞれ大きく違っており庭園や異世界のようにすら見えるようになっている。担当者の心象風景を反映しているのではという説もあるが不明。
担当者が死亡すると通常の宮殿の状態に戻る。また担当者が生存していた場合、その意思で元に戻すことも可能なようである。

  • 各宮の内部
    宮名担当者内部の様子
    白羊宮貴鬼開けた緑豊かな場所
    金牛宮ハービンジャー多数の骨が積み上がっている
    双児宮パラドクスカラフルな茸やモノリスの立っているメルヘン風の庭園
    巨蟹宮シラー海岸に高い岩がそびえ立つ
    獅子宮ミケーネ牙のような形をした岩がそびえる荒野
    処女宮フドウ通常の石畳の宮殿内にマグマ→花園→静かな竹林→曼荼羅
    天秤宮玄武険しい山々と大滝(*五老峰に似た外観)
    天蠍宮ソニア崩れかけた石造りの屋敷、砂漠
    人馬宮星矢旧来の十二宮にあったアイオロスのメッセージ
    摩羯宮イオニア本がびっしりと詰まった本棚、アテナの像
    宝瓶宮時貞*時貞が守備に就くことなく敗退したため不明(強いて言うなら“時間の果て”または“ニブルヘイムの道”のような感じ?)
    双魚宮アモールコンサートホール

メディア曰く「黄金聖闘士がそこにいて小宇宙を燃やすだけでも天空に伸びるアテナ(但しこの「アテナ」は真のアテナである城戸沙織ではなくアリアを指す)の光を支えられる」とのことで、黄金聖闘士の小宇宙を支えにその形状を維持している模様。黄金聖闘士の中には必ずしもマルスに忠実でない者もいるがあまりマルスやメディアは意に介していないようである。
しかしあまりに見逃しやマルス側裏切りが頻発して天秤宮まで通過されそうになった際にはさすがにメディアが一時十二宮をわざと崩壊させかけることで玄武を足止めしている。
マルス軍との戦いが終わった後は旧来の十二宮同様に復元されている。

LegendofSanctuaryの設定

原作や他派生と聖域の設定が大きく異なり、聖域も異世界にあるため形状もかなり異なっている。
各宮は空中に浮いた形になっており、人型の像に支えられたアーチ状の橋で繋がっている。
宮内はいずれもかなりゴージャスな造りになっている。

関連タグ

聖闘士星矢ロストキャンバス ネクストディメンション聖闘士星矢Ω
エピソードG LedendofSanctuary

pixivに投稿された作品 pixivで「十二宮(聖闘士星矢)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388

コメント