ピクシブ百科事典

魚座のアフロディーテ

ぴすけすのあふろでぃーて

アフロディーテとは、『聖闘士星矢』の登場人物である。
目次[非表示]

タグとしては「アフロディーテ」が殆ど。

概要

年齢22歳
身長183cm
体重72kg
誕生日3月10日
血液型O型
出身地スウェーデン
修業の場グリーンランド
CV難波圭一桐本琢也(LegendofSanctuary)


双魚宮を守護する魚座(ピスケス)の黄金聖闘士
3種の毒薔薇を投げて戦う。
アンドロメダ瞬ジュネの師であるケフェウス星座のダイダロスの仇(アニメ版の瞬の師匠に対しては、ミロの手助け程度に不意を突いただけ)。
双魚宮にて瞬と戦い終始圧倒するが、渾身のネビュラストームによって倒される。

薔薇が武器で左目の下に泣きぼくろがある。髪は原作では金髪、アニメでは水色髪

星矢に「これで男かよ」と呼ばれるほどの女顔ではあるもののその性格は硬派で、教皇が悪でありながら従ったのは「地上の平和」を優先したからであり赤子のアテナの無力さを批判するなど権力重視の平和主義者である(赤子でもアテナの小宇宙は強大なのだが……)。
またパチンコでのアフロディーテのエンディングでは教皇に褒められて喜びに涙ぐみ
死ぬまでアテナでなく教皇を守る事を決意している事から教皇(サガ)本人に強い忠誠を誓っている設定が追加された。

のちにハーデス編にて復活するがデスマスクとまとめてムウにあっさり倒され(彼は純粋にムウ一人に倒されている)、冥界に戻って2人で命乞いした挙句ラダマンティスに冥界に突き落とされるなど極めて扱いが悪かった。
このような扱いから魚座星座カースト制度の最下層に位置づけられてしまい、デスマスク同様、彼にトラウマを持つリアルタイム世代の読者も存在する。

余談であるが、デスマスクとはそれなりに仲がいいらしく、PS2PS3のゲームでも専用セリフが用意されている。それ故にコンビとしての人気も高いらしい。

アニメ版

アニメではかなりナルシストな性格にされている。
更に彼の最大の見せ場であったはずの瞬との戦闘の3回をよりによって進藤満尾河合静男佐々門信芳という、当時ファンにも作画崩壊の戦犯として扱われていた作画監督達が次々と担当した為に現在でも語りぐさの腹筋崩壊回と化してしまった。
特に河合静男担当の69話ではホクロが大きく唇が分厚く描かれていた為、色以外まったく原型を留めないオカマのようになってしまった。
また佐々門信芳担当の70話では、つのだじろうキャラの如き顔になってしまっている。

劇場版真紅の少年伝説ではキャラクターデザイナーの荒木伸吾氏の作画によりその呼び名にふさわしい美しい姿や華麗な戦闘を見ることができる。
しかし一輝のフェニックス幻魔拳により白銀聖闘士の誰かさんを髣髴とさせる全裸で水浴びをしながら自分の姿に酔いしれている場面が描かれ、やはりネタキャラ扱いされてしまった。

OVAでは作画こそそこそこまとも、ハーデス軍の雑兵を倒す見せ場が追加されたもののラダマンティスに圧倒されて逃走、背後から撃たれ、デスマスクと共にころころと転がっていくシーンも同時に追加され、さらにネタキャラと化している。
しかし嘆きの壁撃破の際瞬との再会シーンが追加され、OVA「冥王ハーデス冥界編 後章」の公式サイトでのキャラ紹介でも「平和を願う心は誰よりも強い」とさりげなくフォローされていた。(嘆きの壁を破壊する際も、瞬に「あの時と同じく奇跡を起こせ」と励ましの言葉を送っている)

黄金魂」においては、薔薇を操る力が拡大解釈され、植物を介し地脈や力の流れを読み取る能力があると設定された。

他の黄金聖闘士たちと同じく蘇生した後は、アスガルドの商店街にて市井の生活を満喫しながらも、ユグドラシルとアンドレアスそして神闘士の情報を集めていた。

デスマスクが戦いに赴かない理由(未だ黄金聖衣から許されていないためアイオリアたちに随行しても足手まといになる)を見抜き、彼に代わってヘレナ救出に出向くなど、意外に親友想いの一面があり、彼女がファフナーの実験場に連れ去られた後は、上記の能力で場所を突き止め、ロイヤルデモンローズの香気でファフナーに対して優位に立っていた(この際ファフナーの記憶からユグドラシルの確たる情報を引き出し、ムウへ即座に伝達している)。

だがアンドレアスの介入により、形勢を逆転され、ボロボロになりながらもヘレナを助け出すが、すでに彼女は手遅れの状態であり、またアフロディーテ自身もアンドレアスの手に捕われてしまう…。
その後12話において(ロイアルデモンローズの効果と思われる)自身を含めたアンドレアスに吸収された黄金聖闘士全員を仮死状態にしていたことが判明、無事戦線への復帰を遂げている。
最終回ではデスマスクと共に先陣を努め、肉体が消滅する瞬間にはアスガルドに未練ありげなデスマスクの耳を掴んで『さり際は、美しくあるべきだ』と言いながら浄土へと去っていった。

必殺技

ロイヤルデモンローズピラニアンローズブラッディローズ(原作)

関連イラスト

塩引き鮭が好きです。
アフロディーテ


おさかな
薔薇の葬列



エピソードG

美しさを重んじる性格でなぜか敬語キャラになっている。
この時点から教皇派であるがデスマスクとは違いこの次点では教皇=サガを知らない設定。
扱いは原作より遥かに良い。

エピソードGアサシン

パラレルワールドが入り乱れる本作において、彼も復活して登場。そして、初登場時はなんと女装して登場。ヒロインの巴の護衛として「デロア・テフィ」と名乗り、天然系のお姉さんと言う風にフレンドリーに接していたものの、巴にとっては超美人が隣にいるのは態度最悪のデスマスク以上に苦痛だった。
巴を狙ってきた名のない剣闘士を撃破する。
デスマスクの復活と名前もアフロディーテのアナグラムであったため、読者も正体は薄々感づいていたが、女装説と性転換説で話題を呼んだ。
なお、女装した理由はデスマスクの仕込みだった模様で、体のラインが完全に女性だった理由は登場したコミックスのカバー裏で楽屋ネタ風に解説された。男なら痛さを感じるような方法で。

セインティア翔

日本に襲来し、ロイヤルデモンローズで翔子美衣を倒し、城戸沙織を拉致し教皇の元へ連行する。その後善サガがアナザーディメンションで沙織を日本に帰した際には彼女を誘導して異次元より脱出させた。この行動の意味に関しては「沙織の送迎を命じられただけ」としており、沙織がサガと対峙した際に彼を倒さなかった意味を問い、彼女にこれからの闘いの中で神としてのあり方を示すことを求めて帰る。この沙織との問答の際に「アテナのことも神話や記録でしか知らない故に現時点ではアテナより教皇を信じる」というスタンスを明らかにしており、原作の「力こそ正義」というスタンスにある意味フォローが入っている。
また、鷲星座の魔鈴曰く翔子たちに使ったデモンローズも本物ではなかったようで、彼女らを本気で殺す気はなかったようである。

LegendofSanctuary

原作からの変更点は髪型が縦ロールで前髪が左右非対称になっているのが特徴である。

聖闘士星矢 Losアフロちゃん



以下ネタバレにつき注意











ペガサス星矢達が人馬宮へ足を踏み入れた頃、教皇に戦況を報告する形で登場する。
しかし既に教皇ことサガは、アテナの小宇宙を十分に吸い上げており、「もはやどうでもいい」とそれを一蹴。
アナザーディメンションを放たれたことにより、アフロディーテは教皇の間の外へと弾き出され、ムウ達の目の前で殺されてしまった。

……以上が本作におけるアフロディーテの出番の全てである。
本作では登場そのものがなかった童虎以外は、皆それぞれに戦闘シーンがあり、活躍を見せていたのだが、唯一アフロディーテだけが、戦うことすらなく始末されてしまった。
キャラクター性の良し悪しを判断するどころか、その時点にすら到達できなかったという意味では、ある意味原作以上に悪い扱いだったのかもしれない。

余談

名前の由来は言わずもがな愛と美の神アフロディーテから。
なお、魚座はギリシャ神話では怪物から逃れる為にアフロディーテが息子エロスと共にナイル川に飛び込んだ際に変身した二匹の魚をモデルに作られた星座である。それ故に魚座は別名双魚宮とも言われているのだが、黄金聖衣のオブジェ形態は一匹のでかい魚である。これじゃあみなみのうお座じゃないか!と突っ込みたいところではあるが…お察しください
なお、アフロディーテの技の殆どが薔薇を使用したものだが、これはギリシャ神話においてウラノスアレから出た泡よりアフロディーテが生まれた際に、神々がバラを生み出したという逸話から来たものだと思われる。

関連タグ

黄金聖闘士 魚座 年中組
LegendofSanctuary セインティア翔


pixivに投稿された作品 pixivで「魚座のアフロディーテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179371

コメント