2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

普段はこれだが

社長ご満悦



突然こうなる

いのうえ



概要

作画崩壊とは、読んで字のごとく「絵の造形が崩れている」イラストにつけられるタグである。
日本の商業用アニメーションでもたびたび起こる現象である。ある程度アニメに詳しい人間ならシュラるヤシガニキャベツいのうえ五話寺かんたんルミナス正直困太などの単語を聞けば大体分かるだろう。

漫画作品でも起こり「絵が荒れている」とも言われたりするが、ギャグでキャラクターが思考停止するなど、平常心を保て無い場面に出くわして造形が狂ってしまうというシュールな表現にも用いられている。

落書き」タグと違って「この絵が“作画崩壊”…だと…」というようなイラストは少ない。

作画崩壊の原因

日本のTVアニメでは伝説級の作画崩壊がたびたび発生しているが、その原因は

  • 実力不足のアニメーター作画監督を依頼している(慢性的な人材不足)
  • スケジュールの逼迫(いくら実力のあるスタッフを集めても、時間がなければそのスタッフ達も作業することは出来ない)
  • キャラクターデザインと作画監督の画風が合っていない。
などである。

アニメ業界では、実力のある作画スタッフは各社取り合いになる上、スケジュールが後ろ倒しになりやすい。ゆえに、どれほど予算が潤沢にあっても年に数回は起こりうる現象である。
1〜2クールでも崩壊している回の方が多かったり、ひどいと全編に渡って崩壊している作品もある。短期クールや単発の映画作品でも頻繁に酷い崩壊が起こる場合は、制作スケジュールの遅延、元請け会社でその作品の制作班に入るアニメーターやグロス会社(1話まるごとを下請けする会社)の不足などが原因になっていることが多い。代表格と言われるヤシガニキャベツなどは、制作上の工程破綻で作画監督を事実上飛ばした状態にされてしまい、ほとんど修正が出来なかった結果ああなった
慢性的なアニメーター不足の割に作品数が多い現在のアニメ業界の問題が現れたものでもあろう。
作画監督が原因となる作画崩壊については『作画監督』の頁も参照のこと。

作品によっては演出の一環として敢えて一部のエピソードやシーンを、超絶画力だが個性的でクセのある画風のアニメーターや作画監督に完全に一任することがあり、その場合は本来のキャラデザと大きく乖離した作画となることもある。「個性を生かした(演出)」のか「技術が伴わなかった(作画崩壊)」のか判断に迷う所だろう。

作画崩壊と勘違いされやすい例

ただし、効果的に動かすために敢えてデッサンやデザインを崩した絵や、極端にデフォルメした絵を動画に加えること自体は普通にアニメーションの作画技術の一つであり、珍しいことではない(金田伊功湯浅政明の演出が有名)。一枚絵でも迫力重視の極端なパースなどがある。
実際『天元突破グレンラガン』第四話での炎上騒ぎの元となった作画崩壊も本当は「動き重視のディフォルメ」である(スタッフ側の反論の仕方が悪かった(口汚かった)ために火に油を注いでしまったが…)。

何でもかんでも作画崩壊と指摘したり、モーション全体を見ずに中割りの動画を一枚だけ抜き出して「作画崩壊だ!」などと騒ぎ立て、ネット炎上等をさせる事は、スタッフに対して非常に失礼な行為である。むしろ、アニメ作画に対する己の無知を晒す行為も同然なので、軽々しくこの言葉を振りかざすのは慎むべし。

中には星のデデデ銀魂183話のOP、深夜!天才バカボンボブネミミッミのように意図的な作画崩壊をネタにする作品もあるが、これは非常に稀なケースである。こちらの場合は作画ミスもネタにしている節がある。

逆作画崩壊

しかし、例外もある。
主にデフォルメ絵を書く人(この人とかこの人とか)のリアル絵に対してもたまにこのタグが付けられている。
これには「いつものデフォルメ絵が崩壊してきれいになってしまった…」という意味合いがあるので、上のように非難の意味は入っていない。秘めたる底画力を解き放った結果という意味で『作画解放』と呼ばれることもある( → 誰てめ絵)。

最近では、パンティ&ストッキングwithガーターベルトの変身シーンで、こちらの意味での『作画崩壊』が行われた。
よって、パンティストッキングを始めとした、頭身が高いPSGキャラの絵に対しても付いていることがある。

また不細工キャラが美形に書かれた場合にそう呼ばれる事もある。いわゆる「きれいな〇〇」(なお、きれいなジャイアンジャイアンとは別人なので逆作画崩壊には当たらない)。一部のギャグマンガでは「気合を入れると美形になる(長時間は持たない)」と言うキャラも存在する。

作画崩壊がよくネタにされる作品

ほとんどの場合はあくまで「一部のカット」にとんでもない作画があるだけであり、中には神作画と作画崩壊が同時に混在している作品もある。
全編にわたって作画が崩壊しているようなとんでもない作品もあるにはあるが、さすがに10年に一度くらいしか出てこない。


・・・あれ、なんで21世紀の作品がゴロゴロしてんだ?

フィクション中の劇中劇における作画崩壊作品


関連イラスト

足立描いてみた


いつもの作画崩壊(キャベツ)

メロン
土井先生の夢のアレ


「逆」作画崩壊の例

関連タグ

作画 崩壊

きれいなジャイアン 東條希 だっぽん AGO 脳勃起 画伯
五話寺 かんたんルミナス ベルカ式作画 ダイナミックコード(アニメ)
腹筋崩壊 複雑骨折 紙芝居 誰だお前 逆作画崩壊
作画ミス デッサン狂い キャラ崩壊 社会問題
作画崩壊デデンネ

深夜!天才バカボン:エピソードの一つで作画崩壊したのだが、これはあくまでもネタの一種としてである。

檀黎斗:実写作品のキャラクターでありながらあまりに激烈な顔芸ゆえに「三次元で作画崩壊する男」の異名を持つ。

アニメーション アニメーター 作画監督

関連記事

親記事

作画ミス さくがみす

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3961818

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました