ピクシブ百科事典

仁王雅治

におうまさはる

仁王雅治とは、漫画「テニスの王子様」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV-増田裕生
ミュージカルキャスト
1st-中河内雅貴(関東・全国(メイン))、和田泰右(全国(サポート))
2nd-久保田秀敏(関東・全国)
3rd-後藤大(関東)

プロフィール

所属立海大附属中学校3年B組14番
部活男子硬式テニス部
委員会なし
誕生日12月4日
星座いて座
身長175cm
体重62kg
血液型AB型
利き腕
足のサイズ27cm
視力左右2.0
愛用メーカー:ラケット/シューズprince(MORE POWER 1150 S)/YONEXパワークッションワイド271(SHT-271W)
得意技トリックプレイ、イリュージョン
家族構成父、母、姉、弟
父親の職業(家業)会社員(建築会社)
出身小学校不明(南の方の小学校出身らしい)
得意科目数学
苦手科目音楽
座右の銘黒い白馬にまたがって前へ前へとバックした
趣味ダーツ
好きな食べ物焼肉
好きな色
好きな映画『8 1/2』
好きな本『詐欺師の楽園』
好きな音楽ジャズ
好みのタイプかけひき上手な人
苦手な物(事)暑さ
よく訪れる学校のスポット屋上
行きたいデートスポット
おこづかい使用例秘密
今一番欲しい物ネジとドライバー(何に使うのか不明)
日課授業の予習復習?
テニス以外の特技射的、ガンシューティングゲーム
1日の平均摂取カロリー約2000kcal
真田の書「虚心坦懐」


概要

立海大附属の3年。二つ名は「コート上の詐欺師」。幸村精市に「悪魔をも騙せる男」と呼ばれる、最強軍団の中で最も恐れられる存在。
本心を悟らせない、食えない印象の人物。

10手、20手先を読んで相手を欺くような試合が得意で、他人のプレイスタイル・超高等テクニックをほぼ完璧に模倣して自分のものとするイリュージョンの使い手。
その模範具合はモノマネや変装どころではなく、もはや変身の域。
ちなみに原作の作中において仁王自身はイリュージョンという言葉を一度も発した事はなく、最初に発したのは不二である。(アニメなどでは何度か発しており、ファンブックでは一度だけ発している)

関東大会決勝対青学戦では大石秀一郎菊丸英二黄金ペアと対戦、柳生比呂士に変装して入れ替わり、混乱と絶望に陥れ、6-4と勝利。
全国大会決勝では不二周助と対戦、手塚国光白石蔵ノ介のプレイスタイルを模倣した。カウンターを全て打ち返し不二を追いつめたが、不二の新技「星花火」により5-7にて負けてしまう。

新テニスの王子様の脱落タイブレークマッチでは柳生を詐欺に掛けようとするが見破られ、逆に詐欺に掛かり敗北。合宿復帰後は、大石とのダブルスで1軍の陸奥兄弟と対戦し勝利、1軍No.15のバッジを取得した。
1軍入れ替え戦では跡部とのダブルスで登場。
イリュージョンで手塚に扮し、全国大会では打てなかった「零式サーブ」を打ち、完璧に近いことを示す。更に樺地崇弘越前リョーマ跡部景吾とイリュージョンしていき、跡部をフォローした。(ちなみにリョーマにイリュージョンは映画の逆輸入である。)
勝利し、1軍No.9のバッジを習得した。習得したバッジはOVAで判明した。
その後、左肘を酷使しリバビリが必要となり事実上のリタイアと言われていたが、日本代表メンバーに選ばれた。
グループ予選では「チーム竹」に選出された。オーストラリア戦ではD1で不二と共に組んでいた跡部と入れ替わり、関東決勝の時と同じ形ではないものの約14年ぶりに入れ替わりを行った。ちなみに跡部が変装して仁王になっていたのに対し、仁王はイリュージョンで跡部になっていた。

「悪魔をも騙せる男」である為、OVAの立海烈伝では2年の時に1年生だった後に悪魔となる切原赤也を騙していた。

特徴/人物像

銀髪で口元にホクロがあり色白の設定がある。ただし原作のカラーでは特に色白ではなく周りと同じである。
ゲームでは最初に出演した時のものと続編では白髪金眼、最強チームでは銀髪金眼であった。後に発売されたゲームでは原作カラーで統一された。
アニメ版では眼は青緑色で頭髪は若干水色がかっている他、特徴的な下睫毛が描かれることもある。過去に販売されたグッズでは目の色は『Blue』と書かれている。
アニメ初期ではホクロは書かれていなかったが、全国OVAの準決勝の本編からはホクロが描かれるようになった。
余談ではあるが、原作の色白設定は2007年の仁王の誕生日に判明した為、2004年の頭から登場しているアニメでは反映されていない。
その他の髪の色の設定は、『学園祭の王子様』では染めている、『side King』では白髪、『あの頃の王子様(完全版)』では10歳の時点で銀髪。

「プリッ」「ピヨッ」など、謎の感嘆詞を使い、更に広島方言や高知方言が入り乱れた不思議な喋り方をする。現在の感嘆詞は「プリッ」「ピヨッ」「プピーナ」「ピリーン」「プピナッチョ」。過去の単行本のおまけコーナーやCMでは「プピッ」を使用し、樺地にイリュージョンした際は「ウスプリ」と発したり、跡部への返事で「ケロケロ」を使用した。ツベ共和国で使用される「プピナッチョ」には『夢とちゃうんかい』という意味があるが、仁王がそういった意味で使用しているかは不明。

コート上のペテン師という異名を持ち、イリュージョンというプレイスタイルを得意とするトリックスターであるように、性格や行動、口癖についても謎が多い。常に飄々とした態度で、人をからかったような物言いをする。
基本自由奔放かつマイペースに行動することを良しとし、誰かに縛られることは嫌いなようだ。
だがチームのことに関しては意外としっかりとした一面も見せ、チームの勝利のためには忠実に働いているようである。

シングルス・ダブルス共に試合経験はあるが、シングルスに関してはアニメオリジナルでのテニス部に入部した頃の柳生との試合を含めると一度も勝った描写がなく、逆にダブルスでは試合結果だけのものを含めると組んだペア数が桃城武と並んで最多であるが負けた事が一度もないと両極端である。(ペアプリではダブルスキャラクターとして扱われている。)
それでも強豪の立海のレギュラーであり使用できる技のレベルが全体的に高く他人に成り切ってプレイしてしまう為、異名の通り「チート」や「バランスブレイカー」と呼ばれている。

出身は四国のどこからしいが、本人曰く「バレたらおしまい」とのこと。→セリフ出身地はバレたらおしまいだっちゃ!プピッ
またアニプリ初期では登場時に設定がはっきりしていないせいか、この独特の不思議な喋り方が出されていない。(中の人曰く、オーディション時に仁王とは関係のない標準語の台詞を読まされ、最初の仁王の台詞の収録時にも作者がキャラを決めかねていると聞かされた。設定がはっきりしたのは全国準決勝から。)

一人称は「俺」であるが、広島弁混ざりの口調が老人っぽく感じる為か間違われて「儂」になる事がある。(原作番外・OVA・ミュージカル・フェア特典)
二人称は『最強チーム』では「お前」、2005~2008年発売のゲームでは「お前さん」、『ダブルスの王子様』や新テニでは「おまん」。
年上に対しては最強チームでは「アンタ」、新テニでは越知と毛利に対しては「おまん」。ただし敬語を使っていたのは最強チームのみである為、正確なのは不明。(ちなみに「おまん」という方言の意味は「貴方」である為、ある意味丁寧なのかもしれない。)
姉の呼び方は作中では不明だが、『学園祭の王子様』では「姉貴」、『ベストオーダー』では「姉ちゃん」と呼んでいる。

生まれた時間は16:29。
他に判明しているのはペアプリで同時収録されている菊丸のみである。

名前の由来は、名字はテニスクラブの知り合いから、名前は当時ラジオで聞いていた福山雅治から。
ちなみに仁王という名字は全国180人くらいしか存在していない珍しいものである。

立海レギュラーの中では唯一、一度も立海メンバーから原作・アニメ・ゲームなどで名前で呼ばれた事がない。(本編では一度も呼ばれていない柳生は単行本のおまけページで丸井ブン太ジャッカル桑原から「ヒロシ」と呼ばれていた。)

テニヌ

作者はこの作品のターニングポイントに「関東大会の仁王の入れ替わり」と挙げている。
作者公認でテニヌ化の原因とされており、特に読者が思いつかない事をする事が多い。(ただし新規の技を使用した事は無く、基本的には過去に出た技を応用している。)
なお、アニメで「コート=戦場」と発言した人物でもある。
リョーマや手塚と並んで発生させられるオーラが多く、今まで出した事があるのは「百錬自得の極み」「才気煥発の極み」「同調」、ペアプリでは「無我の境地」を使用できるという扱いになっている。
また無我の境地だけを使えるキャラはそれなりにいるが、「百錬自得の極み」と「才気煥発の極み」の両方を使用できるのはリョーマと手塚と仁王の3人だけである。

アニメにおいて

アニメに登場したての頃は上記のように設定がはっきりしておらず、今と大きく異なるものが多い。
喋り方は今とは異なり標準語である。その為一部ファンからは『原作通りにしろ』と言われているが、そもそも当時の原作ではほとんど標準語である。(おそらく収録時に連載されたもので「~ぜよ」と発していなかったと思われる。また、関東決勝でそういう話し方をしたのは一言だけである。)
千石清純と同様に作画が悪い事をよくネタにされていたが、新テニになってからは放送開始前の映画で全キャラが当時の原作に近づくように再デザインされているため解消している。
初期ではホクロがなかったのは、キャラクターデザイナーが見落としていたかららしい。(当時の作者のデザインではあったと思われる。)
作者の設定なのかアニメだけの設定なのかは不明だが初期設定では2本結びだったらしく、一部の作画ではそれが反映されたままのものが存在する。(一部から『ツインテ仁王』と呼ばれている。)
身長は公式設定では柳生と2cmしか変わらないが、柳生を見上げるほどの差があった。(本来は3cm差の乾と柳も同じ事があった。他の一部の学校も公式設定とは身長が異なっていた)
異名は「コート上の詐欺(ペテン)師」ではなく「コート上の技師(もしくは業師)」であった。

アニオリの回で後輩の切原赤也の事を「切原」と呼んでおり一部からは『原作通りにしろ』と言われているが、原作での仁王の呼び方は「切原」なので原作通りである。(現在アニメでは「赤也」で統一されている。その後の原作では「うちの若いの」程度としか呼ばれていない。)
アニメでは丸井ブン太の事を「ブン太」と呼んでいるが、原作では「丸井」と呼んでいる。(ただし原作で呼んだのは40.5巻の1回のみである。ゲームでは最強チームを除けば全てブン太呼びになっている。)

元々口数が少ないキャラであるのが原因で、基本的にほとんど喋らず、原作では喋る話を元にしたものでも一言も喋らないという事がある。(全国決勝では立海で唯一喋らない話が3回に1回はある。立海烈伝では『せっかくの過去編なのにいつも通りで全然喋らなくて残念』と中の人にコメントされた。)
TV版新テニOVA1話ではペアプリ1~5巻を元にした話が合宿前日の話として映像化されたが、アメリカに行った話に差し替わっているリョーマを除くと唯一映像化されていない。(おそらく原因はジャッカルの誕生日がペアプリで特集された中でギリギリ15歳になっていた木手の誕生日より前で矛盾が生じる為だと思われる。)
TV版新テニOVA2話では立海メンバーが全員喋っているが、台詞の数は先輩達を見に来ていた浦山しい太を下回っていた。
総合すると、現在の方言設定で確定した今よりも、まだはっきりとした設定がない標準語時代の方がよく喋っていた。

ゲームにおいて

初登場の『GLORIOUS GOLD(GBA)』では前述したとおり作者がキャラを決めかねていたのでほぼ標準語であったが、「プリッ」は存在していた。(その他に原作にあったのは「よう見てみんしゃい」「残念無念また来週(菊丸を相手にした時のみ)」くらい)
中の人の演じ方も仁王のデータが全くない状態だった為、悪役風となっており口調や声の高さの変化も合わさって今のものとは大きく異なる。
能力のバランスは全体的に高水準であるが、自身の技ゲージに関するものに関してのみ全キャラ中もっとも性能が悪く技が発動しづらくなっている。(設定次第では問題はない)
技は一部を除きゲームオリジナルであり、技名は全て曲名に存在するものであった。
また、とある技はおかしな動きをするため過去のイベントで中の人に「テニスしてない」と言われていた。
キャラ選択時に柳生に変装する事が可能であり、変装を解除しない限りは一部の技を除いて同じ技を使用する事が可能である。

『最強チーム(PS2)』では中3という設定でありながら、謀略という初期アビリティのせいで全キャラで唯一榊太郎がデフォルトの状態でレギュラー外しを行えないという設定になっている。また、このアビリティのせいで乾貞治が叫ぶことができない相手となっている。そもそも初期アビリティが2つとも乾に対してピンポイントな様な気もするが・・・。
全キャラ中7番目に初期値合計が高い設定であり、一般AIの中では千石に次いで高い。全てが標準以上であり特にスピードとメンタルが高く、携帯ゲーム機のものとは逆に技が発動しやすい。
リーダー技が凶悪という事で有名であり、相手にゲーム数がリードされているとスコアを入れ替えるというチート技を発動する事が出来る。(相手にした場合はゲーム短縮で回避可能。)
技もダブルスプレイヤーという事もありダブルスで有用な技が多く、相手の気力を大幅に下げる上に一時的に技を発動できなくする技(マスカレード)を持っている。
このマスカレードという技はダブルス時にパートナーと入れ替わる演出であるが、

【女装注意】マスカレード


仁王もパートナーも決してこのようになったりはしない。(あからさまに性別が変わったり身長の伸び縮みはする。)
ダブルスにおけるアシスト能力が高いので攻めるタイプとの相性が良く、メンタルの低いキャラでも擬似的に技を連発できる技を持つ。逆に攻める技の割合は少なく、レーザーに関しては柳生のものの劣化版となっている。
隠しアビリティは相手の能力を全て1段階下げる(威光)菊丸や向日岳人同様跳び回る(アクロバティック)かまいたちを技なしで返せる(カウンター)といったやたらと強くダブルスのサポートに向いたものが揃っている。
全体的に優秀な設定ではあるが、勧誘する際に必要な条件が特にないので簡単に勧誘する事が可能である。(上級AIで同じ設定なのは跡部と切原。)
またこの条件設定のおかげで切原がリーダーの場合、唯一最初の週に入ってくれる立海メンバーとなっている。(他の立海メンバーは初期値の関係で全員断ってくる。)
切原からの初期友情度が若干高い設定であるが、これは切原が無我の境地を発動した時の台詞があるのに対し真田の技に原作のものがない事から考えるとアニオリで特訓に付き合ってくれたからではなく、原作において切原が仁王の事を怖いと言っていたからだと思われる。(実際、一般応募のチームの中にアニオリのJr.選抜のチームは存在しない。)
話し方はまだほとんど標準語であり、今と比べると中学生っぽい印象である。

『RUSH&DREAM!(PS2)』では柳生同様、立海で唯一登場していない。(ただしジャッカル桑原が仁王の台詞を使用している。)

『GLORIOUS GOLD』を元にした後に発売された『CRYSTAL DRIVE(DS)』ではほぼ原作を基準にした台詞になり、ダブルス向きの技が追加され柳生と同じ性能のレーザービームなどを使用できるようになった。これ以降のゲームでは方言が増えた。(ただし原作と比べると『ドキドキサバイバル』までは標準語の割合が多い。)
前作同様キャラ選択の際に柳生に変装する事が可能であり、この際に柳生の技ゲージをMAXにする技を使用すると技ゲージが増えず相手がこける技となる。

『学園祭の王子様(PS2/DS)』ではキャラに反して攻略が楽な部類であり、攻略に必要な条件が最も少ない。(親愛度を上げる必要のない隠しキャラの幸村よりも少ない。)
会話では下がるものは1つだけと少ない方であり、立海メンバーの中では一番下がりにくくなっている。
姉には頭が上がらない、甘いものが苦手、コーヒーはブラック派、柳生とは親友という設定になっている。

『ドキドキサバイバル(PS2/DS)』では唯一名前呼びにするかしないかの選択肢が存在する。(呼び方を変える選択肢を選ぶとヒロイン(プレイヤー)が「物像を呼んでいるみたい」と発言する。)

『ダブルスの王子様(DS)』では唯一技ゲージの消費がない技を使用できるキャラとなっている。
この技を発動できる範囲が広い為、攻略対象に色んな技名を言わすゲームであるにも関わらず他の技が不要に感じてしまう仕様であった。
『Girls side』では攻略対象であり、最初に出会ったキャラが白石だった場合は最後に出会うキャラとなっている。


関連イラスト

このタグの最古のイラスト
(※動物化/擬獣化注意)

…まだねむい
奇蹟だぜよ


歯磨きしながら仁王君
ストーブ前



関連タグ

テニスの王子様 新テニスの王子様 アニプリ

グループタグ

立海(+幸村精市真田弦一郎柳蓮二柳生比呂士丸井ブン太ジャッカル桑原切原赤也浦山しい太
立海D1(+柳生比呂士
3B(+丸井ブン太
チチンプリプリ(+遠山金太郎
ペテンバイブル(+白石蔵ノ介
仁王王国(+樺地崇弘
プリガムレッド(+丸井ブン太切原赤也
立海ヤング漢(+柳生比呂士丸井ブン太切原赤也

他の記事言語

Masaharu Niou

pixivに投稿された作品 pixivで「仁王雅治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29035979

コメント