ピクシブ百科事典

仁王雅治

におうまさはる

仁王雅治とは、漫画「テニスの王子様」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV-増田裕生
ミュージカルキャスト
1st-中河内雅貴(関東・全国(メイン))、和田泰右(全国(サポート))
2nd-久保田秀敏(関東・全国)
3rd-後藤大(関東・全国)

プロフィール

所属立海大附属中学校3年B組14番
部活男子硬式テニス部
委員会なし
誕生日(星座)12月4日(射手座)
身長176cm
体重60kg
血液型AB型
利き腕
足のサイズ27cm
視力左右2.0
愛用メーカー:ラケット/シューズprince(MORE POWER 1150 S)/YONEXパワークッションワイド271(SHT-271W)
得意技トリックプレイ、イリュージョン
家族構成父、母、姉、弟
父親の職業(家業)会社員(建築会社)
出身小学校不明(南の方の小学校出身らしい)
得意科目数学
苦手科目音楽
座右の銘黒い白馬にまたがって前へ前へとバックした
趣味ダーツ、ブラックジャック
好きな食べ物焼肉(テールスープ)
好きな色
好きな映画『8 1/2』
好きな本『素直な心になるために』
好きな音楽ジャズ
好みのタイプ素顔を見せてくれる人
苦手なもの(こと)暑さ、野菜
よく訪れる学校のスポット屋上
行きたいデートスポットラスベガス
おこづかい使用例秘密
今一番ほしいもの夜行塗料と風船(何に使うのか不明)
テニス以外の特技射的、ガンシューティングゲーム、型抜き、コイントス
1日の平均摂取カロリー約2000kcal
真田の書「虚心坦懐」
大会中の日課ポケットに飴やチョコを補充しておく


概要

立海大附属の3年。二つ名は「コート上の詐欺師(ペテン師)」。
幸村精市に「悪魔をも騙せる男」と呼ばれる、最強軍団の中で最も恐れられる存在。

10手、20手先を読んで相手を欺くような試合が得意で、他人のプレイスタイル・超高等テクニックをほぼ完璧に模倣して自分のものとする「イリュージョン」の使い手。
その模範具合はモノマネや変装どころではなく、もはや変身の域。
(しかし原作の作中において仁王自身はイリュージョンという言葉を一度も発した事はなく、最初に発したのは不二である)

関東大会決勝対青学戦では大石秀一郎菊丸英二黄金ペアと対戦、柳生比呂士に変装して入れ替わり、混乱と絶望に陥れ、6-4と勝利。
全国大会決勝では不二周助と対戦、手塚国光白石蔵ノ介のプレイスタイルを模倣した。カウンターを全て打ち返し不二を追いつめたが、不二の新技「星花火」により5-7にて負けてしまう。

新テニスの王子様の脱落タイブレークマッチでは柳生を詐欺に掛けようとするが見破られ、逆に詐欺に掛かり敗北。合宿復帰後は、大石とのダブルスで1軍の陸奥兄弟と対戦し勝利、1軍No.15のバッジを取得した。
1軍入れ替え戦では跡部とのダブルスで登場。イリュージョンで手塚に扮し、全国大会では打てなかった「零式サーブ」を打ち、完璧に近いことを示す。更に樺地崇弘越前リョーマ跡部景吾とイリュージョンしていき跡部をフォロー。試合に勝利して1軍No.9のバッジを習得した。(習得したバッジはOVAで判明した)
その後、左肘を酷使しリバビリが必要となり事実上のリタイアと言われていたが、日本代表メンバーに選ばれた。
グループ予選では「チーム竹」に選出された。オーストラリア戦ではD1で不二と共に組んでいた跡部と入れ替わり、関東決勝の時と同じ形ではないものの約14年ぶりに入れ替わりを行った。

特徴/人物像

コート上のペテン師という異名を持ち、イリュージョンというプレイスタイルを得意とするトリックスターであるように、性格や行動、プロフィールや口癖についても謎が多い。常に飄々とした態度で本心を悟らせようとしない。またいたずら好きで人をからかったような物言いをする。
基本自由奔放かつマイペースに行動することを良しとし、誰かに縛られることを嫌う。だがチームのことに関しては意外としっかりとした一面も見せ、チームの勝利のためには忠実に働いているようである。

一部長い銀髪を括っている髪型と口元の右下にホクロがあるのが特徴。
原作カラーでは眼は金色だがアニメ版では眼は青緑色で頭髪は若干水色がかっている他、特徴的な下睫毛が描かれることもある。

「プリッ」「ピヨッ」など、謎の感嘆詞を使い、「~みんしゃい」「~ぜよ」など更に広島方言や高知方言が入り乱れた不思議な喋り方をする。現在の感嘆詞は「プリッ」「ピヨッ」「プピーナ」「ピリーン」「プピナッチョ」。樺地にイリュージョンした際は「ウスプリ」と発したり、跡部への返事で「ケロケロ」を使用した。
ツベ共和国で使用される「プピナッチョ」には『夢とちゃうんかい』という意味があるが、仁王がそういった意味で使用しているかは不明。

一人称は「俺」。広島弁混ざりの口調が老人っぽく感じる為か間違われて「儂」になる事がある。
二人称は「お前」「お前さん」「おまん」「アンタ」。

ダブルスパートナーである柳生比呂士は真面目な優等生タイプである為、仁王と性格は真反対に思われるがなぜか二人の相性は良いらしく、柳生には「親友」「長い付き合い」「思っている事が手に取るように分かる」と言われている。真反対である故にお互いの事を気に入っているのか、あるいは本当は心の奥底は似た者同士なのかもしれない。
丸井ブン太とは同じクラスであり友人である。

プレイスタイル

ペテン(だまし)の技で相手の裏をかくことを信条とし、姿形まで他のプレイヤーに成りきってしまう「イリュージョン」が最大の武器。但し柳生の「レーザービーム」が本家より遅いと言われたように、技のキレが本家に劣ることもある(逆に言えば大半の技を再現できる実力を持つ)。異名の通りの「チート」や「バランスブレイカー」と呼ばれている。

リョーマや手塚と並んで発生させられるオーラが多く、今まで出した事があるのは「百錬自得の極み」「才気煥発の極み」「同調」、ペアプリでは「無我の境地」を使用できるという扱いになっている。また無我の境地だけを使えるキャラはそれなりにいるが、「百錬自得の極み」と「才気煥発の極み」の両方を使用できるのはリョーマと手塚と仁王の3人だけである。

テニヌの申し子

作者はこの作品のターニングポイントに「関東大会の仁王の入れ替わり」と挙げている。
作者公認でテニヌ化の原因とされており、特に読者が思いつかない事をする事が多い。
(ただし全くの新技を使うことは少なく、基本的には過去に出た技を応用している)
なお、アニメで「コート=戦場」と発言した人物でもある。

アニメでのキャラブレ

アニプリ初期では登場時にキャラ設定がはっきりしていなかったせいか彼の独特の不思議な喋り方が出されておらず標準語で話しており、キャラが非常に異なっている。
中の人曰く、オーディション時に仁王とは関係のない標準語の台詞を読まされ、最初の仁王の台詞の収録時にも作者がキャラを決めかねていると聞かされた。設定がはっきりしたのは全国準決勝からであり、その頃からしっかりとした設定の仁王になっている。

関連イラスト

このタグの最古のイラスト
(※動物化/擬獣化注意)

…まだねむい
奇蹟だぜよ


歯磨きしながら仁王君
ストーブ前



関連タグ

テニスの王子様 新テニスの王子様 アニプリ

グループタグ

立海(+幸村精市真田弦一郎柳蓮二柳生比呂士丸井ブン太ジャッカル桑原切原赤也浦山しい太)
立海D1(+柳生比呂士)
3B(+丸井ブン太)
チチンプリプリ(遠山金太郎)
ペテンバイブル(+白石蔵ノ介)
仁王王国(+樺地崇弘
プリガムレッド(+丸井ブン太切原赤也)
立海ヤング漢(+柳生比呂士丸井ブン太切原赤也)

他の記事言語

Masaharu Niou

関連記事

親記事

立海 りっかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仁王雅治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42018385

コメント