ピクシブ百科事典

エクレウス翔

えくれうすしょう

エクレウス翔とは、子馬座(エクレウス)の聖闘少女(セインティア)で、漫画「セインティア翔」の主人公。
目次[非表示]

CV:鈴木愛奈(ドラマCD)

概要

本作の主人公で、セミロング赤毛でやや釣り目の美少女。髪は空手の練習時や修行時、通学時などはポニーテールにしているが聖衣着用時は下ろしている。
明るく活発で負けん気の強い性格で、無鉄砲な面も持つ。好物は焼肉おにぎり
本来の名前は「翔子」であり、道場を営む父の元空手をたしなむ流星学園中等部の女子中学生だった。お嬢様学校に在学している割にがさつな面もある。

自覚はしていなかったが邪神エリスに肉体として狙われる宿命を持ち、覚えてはいないが幼少期に取り憑かれかけている。また小宇宙の素質も並外れたものを持っているが当初は十分に目覚めていなかった。姉・響子から子馬座の聖衣を受け継ぎ、聖闘少女として戦いに身を投じていくことになる。

出生にも謎があり、かつて聖闘少女の長だったオリヴィアが響子・翔子の母であると名乗っており、マユラの回想によると元々は聖域の生まれで、赤子の時に発生したサガの乱の際に響子とともに救出された。
その後の詳細は不明だが日本で育ったが、幼すぎたため当時の記憶はなく魂だけになったオリヴィアに告げられるまでそのことを知らなかった。
この経緯から、日本にいる父親が実父でない可能性も大きいと思われる。

作中での活躍

家族は父の他に姉・響子がいたが妹に何も告げず彼女は暫く家を離れており、姉と長らく連絡が取れないことを不審に思い、ある日珍しく登校した城戸沙織に問いただそうとするも美衣に阻まれる。

響子が家を離れる前に馬のチャームがついたペンダントを貰っていて大切に持っている。
悪夢を何度か見ておりある日謎の女に襲われたところに、セインティアとなった響子に救われる。

エリスの器として狙われる身となり美衣に保護されるが、当初は事態を把握し切れていなかったこともあり彼女に反発する。しかしアテの襲撃時に若干の小宇宙覚醒の兆しが既に見えていた。とはいえまだ敵の気配等を感じたりする事すら出来ないレベルであったため、姉の響子が自身のために目前で負傷するのを目の当たりにし、自身の無力さを痛感することになる。

さらに響子が自分の代わりにエリスに取り込まれ、今度は姉を助けに行くため、沙織に聖闘士になることを志願し、子馬座の聖衣を持ち、短期間で聖闘士を育成した経験のある指導者がいるという場所として紹介された戸隠連峰長野県新潟県の県境にある実在の山岳地帯)へ向かうこととなるがシナトミライに叩きのめされ聖衣もとりあげられてしまう。やがて彼らの師である孔雀座のマユラと対面するも、イヴィル・シードの影響で「姉を助けたい」という願いが邪悪に取り込まれそうになってしまい、彼女の「邪悪を取り込み増幅する素質」を危惧したマユラに「万劫仙石」に封じられる。しかし運命を自ら切り開こうとし「大切な人を守りたい」という強い意志から清々しい小宇宙を発揮させて万劫仙石を破り、マユラに認められ修行に入る。その後沙織の危機を察したマユラにアテナの元へ戻るようにと空を飛ばされ戻され、エリスと対決するも歯が立たず、沙織の助力を得てエリスの魂にわずか傷をつけることに成功するが、直後に現れたアテによりエリスは回収され、彼女を追ってアテの蔓に捕まってエリスの居城へ行くもフォノスに捉えられ、再び現れたミロに救出される。しかし響子はエリスを自身の体に捕らえたままミロに自らを撃たせて消滅してしまう。

結局響子を救うことが出来ないまま日本に帰ることとなり、沙織のすすめもあり一端日常生活に戻っていたが、「銀河戦争」直前に星矢に響子のペンダントを落としたのを拾ってもらったことで知り合い、同じ姉と引き離された立場から激励を受ける。銀河戦争は一般の観客として見学していたものの、その帰りに闘いの気配を感じ再び聖闘士の世界へ舞い戻る。冠座のカティアと対峙、生身で彼女の凍気を押し止めるも盾座のユアンの攻撃でピンチに陥りかけるがマユラの手で沙織らとともに助けられる。その後美衣・小熊座のシャオリンとともに鷲星座の魔鈴の特訓を受け、沙織や青銅一軍らが十二宮で戦っている最中はマユラらと共にエリス神殿跡地で邪霊退治を行っていた。
十二宮戦終了後、エリスと完全に同化した響子の作った世界に引き込まれるも沙織とミロに救出され、ミロとアイオリアがエリスの城攻略を行う間沙織の警護を担うが、アテに襲われムウに助けられ響子の元へ行く途中で狂気のマニアを撃破。もう一度響子と対話を望み、リゲルの案内で響子の元へ辿り着き沙織の解放を願うも、響子はエリスに完全に飲まれてしまう。
その後は他の聖闘少女たちと、オリヴィアの導きで沙織を助けに向かう。

  • エクレウス流星拳


子馬座の聖衣

青銅聖衣で、デザインは最終青銅聖衣版のペガサスの聖衣に似た上半身のデザインになっている。カラーリングは青みがかっている、

備考

聖闘士星矢Ωにも同じ星座の聖闘士が3人いるがこちらは性別が異なる。
Ωは本作の十数年後の時期に当たる作品だが、原作星矢のパラレルワールドに当たる旧アニメ版の続編という位置づけなので、世界観としては繋がらない可能性が高い。
そちらでは小馬座は「呪われた星座」という設定がされているが、本作でも同様の設定がされるかは現状不明である。しかし今の所全員が苛烈な運命をたどっている。

なお、1巻の久織ちまきコメントによると「翔子」の名前は原作者提供とのことである。

翔子
セインティア 翔


関連タグ

セインティア翔

小馬座の昴 小馬座のケレリス 小馬座のキタルファ
エクレウス響子

pixivに投稿された作品 pixivで「エクレウス翔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45376

コメント