ピクシブ百科事典

ビッグ・ベン

びっぐべん

ウェストミンスター宮殿に付属する時計台の大時鐘、及び時計台そのものの愛称。
目次[非表示]

概要

イギリス首都ロンドンにある、ウェストミンスター宮殿に付属する時計台の最も大きなに対する愛称。転じて時計台そのものの名前にも使われる。
なお、ビッグベンの名前の由来ははっきりしていない。

としてのビッグ・ベン

1856年8月6日に鋳造された初代の鐘が使われる予定だったが、時計台の運用前に修復できないほどのひびが発生。代わりの鐘が鋳造された。重さは13.5t、高さ2.2m、直径2.9m。
1859年7月11日に初めて鳴らされたが、9月に鐘の舌によるひびが入ってしまった。3年間は最低音の鐘が時鐘を鳴らした。修繕でより軽い舌を取り付け、ひびの縁に四角い穴を開けた。また、損傷のあった箇所を叩かないよう、鐘の向きが1/8回転された。これが現在の鐘である。

毎日鳴る鐘のメロディは4つの音で奏でられる。これは日本の学校で聞くことができるチャイムのメロディの基で、正式には「ウェストミンスターの鐘」という。イギリス議会の公式サイトからメロディをダウンロードできる(外部リンク)。

2017年8月21日から大規模な補修のため、2021年まで鐘が鳴らない。

時計台としてのビッグベン

1843年、中世より続いてきたウェストミンスター宮殿が火災でほぼ全焼するという事件があった。
まもなく同じ場所に再建される事となったが、既に裁判所と議事堂として見なされていた以前の同宮殿には2院を収める満足な議場スペースがなかった為、これを期に設計をゴシック風に改め、全面的に規模を拡張することとなった。この時に付け加えられたのがこの時計塔である。
塔自体は1854年までに完成していたが、時計台としては後れて1859年7月1日から運用が始まり、今日に至っている。
なお、時計台の正式名称は「クロック・タワー」だったが、2012年エリザベス女王(2世)即位60周年を受け、「エリザベス・タワー」に改称されることになった。

余談

時計の時間を示す刻印にはローマ数字が使われているが、「4」は伝統的な「IIII」でなく「IV」が使われている。

関連タグ

ビッグベン
イギリス ロンドン 時計台 エリザベス2世

関連記事

親記事

ロンドン ろんどん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグ・ベン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1997

コメント