ピクシブ百科事典

ローマ数字

ろーますうじ

ⅠⅡⅢⅣⅤ…という表記の数字。一度は目にしたことがあるだろう。

概要

ヨーロッパを中心に使用されていた数字。ナンバリングはいずれもアルファベット(ラテン文字)に似た数字を使い表記する。
ローマ数字にはゼロが無く、1から順番に

  • 1 = Ⅰ
  • 2 = Ⅱ
  • 3 = Ⅲ

と表記し、次の文字に変わる一歩前であれば、次の文字の左に元の文字を付ける。つまり

  • 4 = Ⅴ-Ⅰ = Ⅳ
  • 5 = Ⅴ

となる。6~8は足し算の様にⅤにⅠ~Ⅲを付けたものとなる。

  • 6 = Ⅴ+I = Ⅵ
  • 7 = Ⅴ+Ⅱ = Ⅶ
  • 8 = Ⅴ+Ⅲ = Ⅷ

9の場合、次の桁の数字(10=Ⅹ)の左に元の桁の最初の数字(1桁の場合Ⅰ)を付ける。

  • 9 = Ⅹ-Ⅰ = Ⅸ
  • 10 = Ⅹ

11~19はやはり足し算の様にⅩ+Ⅰ~Ⅸとなり、20は〷となる。21~39も同様のシステム。40は50を表すⅬの左にⅩを付けた

  • 40 = Ⅼ(50)-Ⅹ(10) = XL

となる。41以降はそれまで同様XLにⅠ~Ⅸを付けた物となる。

もう面倒なので100以上は各節目ごとの数のみ書くものとする。

  • 100 = Ⅽ
  • 500 = Ⅾ
  • 1000 = Ⅿ

ローマ数字は多くなるにつれ長ったらしくなり、「千」以上の文字がない※ため3999(MMMCMXCIX)までしか表記できない。
そのため現在では12345…表記のアラビア数字を使うのが一般的である。

なお、時計に関してはⅣとⅥの区別が困難ということで例外的にIIIIという表記が取られている。

※あくまで現在一般的に用いられる範囲での話であり、二重円や三重円に縦棒を引いた形を10000、100000とし、縦棒の右側のみの半円部分だけで5000、50000とする表記法も実は存在する(1000をMの代わりに円+縦棒という文字で表す場合もある)。
これよりも簡単な表記法として、上に線を引く事で1000倍、2本で100万倍の数を表す方法もあり、この場合はMまでの文字だけでも40億未満までは表現可能である。

関連項目

数学 算数 漢数字

pixivに投稿された作品 pixivで「ローマ数字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2044

コメント