ピクシブ百科事典

機種依存文字

きしゅいぞんもじ

機種依存文字とは、電子フォントで規格化されていない文字のこと。「環境依存文字」とも
目次[非表示]

概要

コンピュータ上で取り扱う文字のうち、ISOJISといった規格により定義されていない文字のことであり、規格などで文字が設定されていない領域に、規格以外の文字を設定することでフォントを定義し表示しようとすることをいう。

依存性

同じ機種であっても、OSアプリの実装やフォントの実装方式に依存するため、環境依存文字と呼ぶことが多く、「外字」と呼ばれる場合も存在する。

歴史

古くはホスト・コンピュータでの帳票印字にて、その文字のデータが存在しないため正しい文字が印刷できないという問題に対応するために、各ベンダーやユーザー側にて文字コードの空き領域に独自フォントを示す文字コードを設定して利用できる仕組みや、独自に拡張した記号等の実装が存在し、これらの独自フォントなどは、当然、他のベンダーやユーザのデータ交換しない前提で利用されていたものの、これらのデータをデファクトスタンダード化したものとして、インターネット等のパソコン通信網にて流通されるようになったため、表示や環境への問題が発生している。

利点

各OSやアプリが過去に実装していた、規格に取り込まれなかった文字を表示入力することができる。

欠点

他のOSやアプリで使用すると、文字化けや予期しない動作( 制御のためのコードを文字の表記に割り当てている場合など )、状況によってはアプリ類のクラッシュを招くことがある。

現状

各ベンダーにて、規格外の文字コードにあるフォントをサポートしはじめているが、古い環境や古いフォントセットを使っている場合、文字化けなどが発生したり、各ベンダーにおいて、設定されていない文字コードについてのアクセスに対応し、文字化けはするが、環境のクラッシュを回避する作りこみが行われている。

pixiv、およびピクシブ百科事典では

pixivおよびピクシブ百科事典においてはサイトの構築に当たって文字コードにUTF-8を使用しており、従来機種依存文字とされていた文字のほとんどにコードを割り当てており、また、多くのベンダーはUTF-8対応することで、フォントと文字コード問題を減らす様に努めているものの、厳密に環境依存文字と呼べる文字がなくなっているわけでもない。
携帯や新しいアプリなどにおいて、独自に文字セット( たとえば絵文字など )を追加している場合もあり、いたちごっこな面も存在し、そういった規格に対しての対応が正常に出来ないアプリや環境も依然として存在しており、そういった環境やアプリのことも考えて、使用を控えるべきだという意見がある。

関連項目

パソコン Windows Mac linux 携帯電話 スマートフォン パソコン通信
記号 絵文字 半角カタカナ
誤記一覧:前述の通り、文字コードはUTF-8対応なので一部のキャラクター名表記揺れではなく誤記扱いにしている。

コメント