ピクシブ百科事典

ジーンズ

じーんず

イタリアのジェノヴァ港から輸出されていた織物。またそれで作られた衣服のことをいう。
目次[非表示]

ジーンズ(jeans)とは

  1. イタリアジェノヴァから輸出されていた交織地(異なる繊維を織り合わせた生地)のこと。「ジーン・ファスティアン(jean fustian)」が簡略された言葉。
  2. 1.で仕立てられた衣服の総称。中でも特にズボンを指すことが多い。もともとアメリカ作業服であったが、丈夫で耐久性のあることから、現在では世界的に日常着となっている。日本ではジーパンとも呼ばれる。
  3. 人名


ジーンズ(織物)

「ジーン・ファスティアン(jean fustian)」と呼ばれる、綿の混合生地。
ジーンは 「ジェノヴァの」(ジェノバ … 地中海沿岸にあるイタリアの貿易港)、ファスティアンは「綿と麻の交織地」という意味である。これが簡略化され「ジーン」と呼ばれるようになったといわれる。

なお、これとは別に、フランスニーム地方で生産されていた「セルジュ・ドゥ・ニーム(serge de Nimes)」と呼ばれる生地がジェノバから輸出されており、この生地が、輸出されたジェノバの名前からジーンズと呼ばれるようになったという説もある。

「ジーン・ファスティアン」は1567年頃から製造されており、1590年頃にイギリスフランスに輸出されるようになった。すると「ジャニュア(janua / genoa)」と呼ばれ、次第に「ジーンズ」と呼ばれるようになった。やがてこれがアメリカにも伝わったという。

ジーンズ(ズボン)

ジーンズで作られた衣服。その中でも特にズボンを指すことが多い。

頑丈さと、色々な服に合わせやすいシンプルな作り、ヤレも味わいの一つとなることなどから、世界中で愛好されている。
生地の厚みは、1平方ヤードあたりの生地の重さをオンス(1オンス=28.3g)で表記する。20オンス前後から自立するようになる

1870年、ゴールド・ラッシュに沸くカリフォルニアで、ヤコブ・デービスがリーバイス社から仕入れた帆布で作り、リベット(金属鋲)で補強した作業ズボンを金鉱夫相手に販売したところ好評だった。
特許を取得しようとしたが資金が無く、リーバイス社に権利を折半する条件で特許申請を依頼し、1873年に特許申請は受理された。
ヤコブ・デービスをビジネス・パートナーに加えたリーバイス社は、インディゴ)染めデニム生地で作った「ブルー・ジーンズ」を大々的に販売。リーバイス社の特許期限が切れると多くの会社が類似品を販売し、ジーンズはアメリカ中に広まっていった。

ブルー・ジーンズ

ガラガラヘビはインディゴを嫌うと言われ、蛇避けにインディゴ染めのデニムが使われるようになった。

関連イラスト

ローライズまこ
秋コーデのはなまるちゃん
骨喰と鯰尾
私服仏艦


Vespa!
サン
★
Happy Birthday Eli!


別名・表記揺れ

ジーパン / Gパン

関連タグ

 生地 織物 衣類 洋服
ズボン … 種類の解説・関連タグのまとめあり
カットジーンズ スキニージーンズ ローライズデニム カラージーンズ / カラーデニム

オーバーオール ジャンパースカート デニムジャケット / Gジャン デニムスカート

肌G裸ジーンズ

Levi's Lee Wrangler EDWIN

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21784881

コメント