ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

半ズボンとは、広義には丈の短い衣類のズボンの総称を指す。本来、ハーフパンツとは全くの同義である。

ただし、通常日本では1950年代中頃(高度経済成長期の初期)から1990年ごろ(バブル期)に多用された、小学生以下の男子用の丈の短いズボンを指すことが多く、平成に入ったころから流行りだした長めの半ズボンは「ハーフパンツ」として区別される。

戦前以来の学童用半ズボン(ゲゲゲの鬼太郎やとなりのトトロのカンタが着ているもの)は丈がやや長かったが、戦後しばらく経ってから東京などの大都市部からピチピチの半ズボンが流行しだし、徐々に地方部にも広がっていった。ハイソックスにスニーカーが昭和後期の男子小学生のお決まりのコーディネートだった。「子供は風の子」という当時の風潮から関東平野などの小学生は冬でも半ズボンだった(上も半袖の子もいた)が、冬の雪国ではさすがに半ズボンの子は見られなかったらしい。
中学生以上になっても半ズボンを家の中でこっそりはく男子も結構いたりする。

股下がほとんどないことから、太ももがむき出しで股間の膨らみも目立つ上、パンツブリーフ)が見えてしまう(ブリチラ)ことが多い。

衰退

バブル期に、日本の子供ファッションは、海外トレンドの影響を受けた。海外トレンドは、全て丈長で出揃っており、日本のトレンドもこれに追随することになったり、子供の半ズボン着用は衰退した。
メディア等では時折、昭和の元気な男の子を象徴するものとして「懐かしの~」という風な扱いの記事が書かれたりする。

現在でも公立小学校の指定標準服などに、折襟またはイートンジャケットの学童服に半ズボンの組み合わせが見られるところがある。ただし、往時の半ズボンより現在の制服の半ズボンは股下の長さがほんの数センチではあるが丈が長めにデザインされている。

半ズボンのキャラクター

昔の児童漫画では半ズボンを穿いた男の子が多い。
当時からアニメが続いている『ドラえもん』ののび太スネ夫は半ズボンのままである。

作品と半ズボンの男の子


男の子と呼べる年齢設定ではないが半ズボンのキャラとその作品


…など。

同人・創作

ショタケット」などのショタ同人誌即売会では、高い確率で半ズボン少年を扱った漫画を手に取ることができるだろう。二次創作ものでは、本来半ズボンでないキャラが半ズボン少年になっていたりと、作者のこだわりを垣間見ることもあるだろう。
また、会場では半ズボンを着用したコスプレをする強者と遭遇できることがある。

関連イラスト

少年探偵其の二



関連タグ

 ズボン ショタ 少年
ハーフパンツ ショートパンツ 短パン ホットパンツ キュロット
ブリーフ ブリチラ

関連記事

親記事

ズボン ずぼん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「半ズボン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5112146

コメント