ピクシブ百科事典

半ズボン

はんずぼん

本来の定義は「丈が通常の『半』分程度の『ズボン』」。
目次[非表示]

概要

短パンと合わせて、丈の短いズボンの総称として用いられる事もある。
ただしこう呼ぶ場合、先方以上に小学生以下の男児向けというニュアンスが強くなる。

また、ハーフパンツとは本来全くの同義である。
ただし現代の日本では、1950年代半ば(高度経済成長期に入った頃)から1990年代初頭(バブル期の終わり頃)に多用されたふともも全開の物を「半ズボン」と、それ以降に増加した前後に達する物を「ハーフパンツ」として区別して捉える傾向がある。


戦前以来の学童用半ズボンはゆったりとした作りの物が多く、今日のハーフパンツに近いシルエットをしていた。例えば『となりのトトロ』のカンタの格好を思い出してほしい。
それが戦後しばらく経つと丈が短くなり始め、ついでに何故かピチピチになる傾向が都市部で見られるようになり、徐々に地方にも広がっていった事で「半ズボン」のイメージを形成した。

これにハイソックススニーカーを合わせたスタイルは、昭和期における男子小学生のある種の完成形であり、その姿を現代に伝えているのが『サザエさん』の磯野カツオや『ドラえもん』の野比のび太達というわけである。
彼らがそうであるように、「子供は風の子」という当時の風潮から一年を通して半ズボンという子も珍しくなく、トップス半袖のままという強者さえいた。流石に豪雪地帯では冬場になると「あまり」見られなくなったが。

ちなみに中学生以上になっても自分の部屋で家族にも内緒で半ズボンを履いていた男子は結構いたらしい。

衰退

バブル期に、日本の子供ファッションは海外トレンドの影響を受けた。当時の海外製半ズボンは概ねハーフパンツ型で出揃っており、日本もそれらに追随したため従来型の「半ズボン」は急減する事となった。
まとまった数が見られた体操服についても、女子のブルマ排除に合わせてハーフパンツ型に切り替えられる例が続出し、21世紀に入る頃にはほぼ消滅している。
ブルマに比べると大きな社会問題にはならなかったものの、「半」とは名ばかりの股下がほとんど無くなりトランクスはおろかブリーフすらはみ出しかねず(ブリチラ)、股間にもピッタリ貼り付いて膨らみをはっきり浮かび上がらせるというスタイルは限界をきたしていたのである。

現在でも制服のある小学校などで、折襟またはイートンジャケットの学童服に半ズボンの組み合わせを採用しているところはある。
ただし、これらも往時の半ズボンに比べるとゆとりを持たせた作りになる傾向がある。

主な例

以上の経緯から、昔の児童漫画に登場する少年が非常に多い。
作中に該当者が多数登場する作品は主人公(女子や女性や成人男性などが主人公の作品はメインヒーローや接点の最も大きい少年)のみ記載する。

少年


その他

※外見が少年相当である場合もこちらに含む。


…など。

余談

イラストにおいては、上記の「1年中半ズボン」という点から、元気な性格の男の子を表現する記号として扱われることが多い。また、ブルマ同様、「ショタコン」と呼ばれる層の間では「少年らしさの象徴」と捉えられている節があり、「ショタケット」などの同人誌即売会では、現在も高い確率で半ズボン少年を扱った作品を手に取る事ができる。
二次創作では本来半ズボンでないキャラに履かせてみたりと、作者のこだわりを垣間見る事もあるだろう。
また、会場にはコスプレ自分自身が半ズボンショタになろうとする者が現れる場合もある。

そこまで行かずとも、「古き良き時代」を懐かしむツールとして、時折大手メディア等も取り上げていたりする。
こうした企画が成り立つあたり、ブルマに比べて黒歴史と捉える元着用者は少ないようである。

関連イラスト

オリジナルショタ
少年探偵
セーラー服と半ズボン
森の少年



関連タグ

 衣類 ボトムス ズボン ショタ / ショタコン
ブリチラ ハーフパンツ 短パン ショートパンツ 短褲 / 短裤

関連記事

親記事

ズボン ずぼん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「半ズボン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9467343

コメント