ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

わくわく7

わくわくせぶん

『わくわく7』は、1996年にサンソフトが発売したアーケード用格闘ゲーム。
目次 [非表示]

概要

7つ集めると願いが叶うという「わくわくボール」を求め、7人(+α)のキャラクターが闘いを繰り広げる。

可愛らしいキャラクターが多いのが特徴で、もう一人の主人公である「牧原アリーナ」の人気が特に高い。


後にネオジオやセガサターンに移植され、2008年にはプレイステーション2用ソフト『NEOGEOオンラインコレクション サンソフトコレクション』にも収録された。

Wiiのバーチャルコンソールでもネオジオ版が配信されていたが、wiiショッピングチャンネルが2019年1月(ポイントの追加は2018年3月まで)にサービスを終了している。

2017年3月に「アケアカNEOGEO」でSwitch版が、2018年3月にはPS4/XboxOne版が配信開始された(こちらはMVS版がベース)


ゲームシステムにも特徴的なものが多く、攻撃力と防御力が一定時間上昇する「スーパーモード」や、

隙が大きいがガード不能で高威力の「ハラハラアタック」などがある。


10年早すぎた名作

 まだまだ熱血・闘魂・真剣勝負というハード路線の潮流が根強く、ゲームバランスの調整にがんじがらめとなっていた格ゲー業界において、「面白ければそれでいい」という新しい概念を持ち込んだ先駆者。

 しかしながら、『ストリートファイター』や『THE KING OF FIGHTERS'』全盛期であった当時としてはこの考えは異端でしかなく、その面白さと相反して人気は上がらずじまいとなってしまった。

 またキャラクターも個性と萌え要素の塊であり、ポップでハートフルな世界観もハード路線の格ゲーファンたちにはあまり受け入れられずに終わってしまった。


 ゆえに、多くのファンから「10年早すぎた隠れ名作ゲーム」と称され、おそらく21世紀となった現在ならば十二分にファンを獲得できたものと思われる。


登場キャラクター

ライララライ

センシティブな作品

スラッシュさまー、

ティセさん

ダンディJなつみ

まるるんと麦ちゃん麦さん

ロマン技じゃー!

練習台。

魔界大帝


関連イラスト

わくわく7(アリーナ+オシャベリーズ)わくわく7


関連タグ

サン電子 サンソフト 格ゲー

闘姫伝承:こちらも女性キャラオンリーなどの要素が10年早すぎたと言われる格ゲー。

関連記事

親記事

サンソフト さんそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2460600

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました