ピクシブ百科事典

立野広

たてのひろし

地獄先生ぬ~べ~及び、続編の地獄先生ぬ~べ~NEOの登場人物。

CV:藤田淑子

概要

1985年7月29日生まれ。身長145cm体重38kg 獅子座のO型。

5年3組の中心的な存在のサッカー小僧。
母親を幼少時に亡くしており、父と二人暮らしである。父親はデコトラを乗り回す長距離トラック運転手で、水産関係の仕事をしている。

立野は岡野の高校時代の旧友からで、広はど根性ガエルの主人公、ひろしから(郷子も同じく、吉沢京子からである)。

サッカー部員で転校早々、5年生にしてレギュラーを勝ち取りエースストライカーとして君臨する。

サッカーをはじめとするスポーツは大得意だが(ただし卓球スケートなど、繊細な運動神経が必要なものは苦手。ただし、NEOでは簡単にスケボーを乗りこなすようになっている)、学力克也まこと同様、赤点レベル常習犯。それどころが一般常識の類にすら酷いレベルで疎い、アホの子を絵に描いたようなアホっぷりで、それゆえに郷子からよく鉄拳制裁を食らわされている。また、デリカシーもなく、TPOも弁えないので、郷子以外の女子受けは至って悪い(当初はクラス全員からバレンタインチョコをもらうほどモテてはいた)。また、郷子の親友の美樹も彼に片想いしていた話もある。

記憶力は皆無だが知能はそこまで低い方ではなく、電磁クレーンを利用して玉藻の攻撃を封じるなど土壇場での頭の回転は速い。また、客観的な観察力に優れており、独善的になりがちな郷子の目を覚まさせている場面が多い。

霊的な存在や現象に対して懐疑的であったが、感情が揺さぶられると途端に暴力的になり協調性を失ってしまう霊障に悩まされていたところをぬ~べ~に救われて以降、様々な心霊現象に遭遇し霊や妖怪の存在を受け入れるようになる。
郷子とはケンカップル的であったが、続編『地獄先生ぬ~べ~NEO』で夢であったイタリアのプロリーグ選手になり疎遠状態になりつつも互いに想い合っている描写が描かれており、プラトニックな関係を続けていながらも最終的に二人ゴールインした。

ショタウケするらしい……。
2013年に出た集英社みらい文庫版では当時の時代に合わせた服装になっていて面構えなども幼くなったが
文庫版自体の知名度の低さに加え地獄先生ぬ~べ~NEOで小学生時代の姿が描かれることが有っても週刊少年ジャンプ連載時代の方で描かれているのもあってか、文庫版の容姿の広がpixiv上で描かれる事は殆ど無い。

秀一と広。
郷子は俺が守るから



連載開始前の読み切り時と連載版では在校生という設定で性格が異なり、心霊現象に対して懐疑的な点は一緒ながら、読み切りでは霊能力者をインチキと疑って強い嫌悪感を抱いてぬ~べ~のことも信用しておらず、連載版のような明るさはほとんど見せない。ストーリー自体も心臓に取りついた悪霊のせいで好きなサッカーに満足に取り組むこともできず、諦めるようサッカー部顧問から促されて絶望するという非常にシリアスな展開になっている。

関連タグ

地獄先生ぬ~べ~ サッカー少年  短パン  アホの子

北健斗続編に登場するキャラクターで広におけるポジション。

関連記事

親記事

地獄先生ぬ~べ~ じごくせんせいぬーべー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「立野広」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193013

コメント