2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

栗田まこと

くりたまこと

「栗田まこと」とは、『地獄先生ぬ~べ~』に登場するキャラクターなのだ。
目次[非表示]

プロフィールなのだ

誕生日 1986年3月12日生まれ
血液型 A型
身長 128cm
体重 28kg
CV 浦和めぐみ


概要なのだ

カクカクレンジャー、オレンジャーなどの特撮ヒーローに憧れる男の子。語尾に「~なのだ」とつけている。童守小学校5年3組の主役グループ5人組の一人。

元々は「なのら」が口癖で、そのままズバリ楳図かずおの「まことちゃん」がモデルだったが、パロディ商品問題がきっかけで世間がちょうど著作権問題に過敏になってきた時代であり、原作では『種まき妖怪たんころりん』の話からこの口癖となる。

最初の主演作である『河童と鉄棒』のアンケート人気が非常に高く、打ち切り回避のきっかけとなり手応えを感じたことから、困ったときのまこと頼みと呼んでいたほど、非常に多くの主演作を演じていくうちにレギュラーキャラ化した。それぐらい少年読者の共感を得られたキャラクターであり、アニメ版でも広や郷子、美樹を差し置いて最も主演作が多かったのが彼であった(最後の総集編では司会まで演じた)。

やや臆病なところもあり、忘れ物が非常に多い。だが純粋な心で勇気正義感、そして優しさを持ち合わせている。かなり身長が低く、小学校低学年と間違われることも多い。それがコンプレックスにもなっているが、そのお陰で他人には見えない妖怪や霊が見れたりすることもあった。

特技は卓球、書道、工作、ゲームなどで基本的に手先が器用である。書道はコンクールで金賞受賞するほど。またゲームの腕を遺憾なく振るって、自ら危機を脱したこともある。

家族は母親と父親との3人暮らしで、両親とも性格は穏やかで、家族の仲はすごく良い。そして長生きで猫又と化している三毛猫のタマコがおり、後述するNEOでも健在だった。

将来の夢は弁護士で、「さらにそれからの地獄先生ぬ~べ~」では8頭身の高身長に成長しており、夢も叶えていたのだが、この設定は黒歴史と化す。

1年年上の令嬢、篠崎愛とは音楽室を通して知り合い、彼女と親しくなる(彼が特別扱いすることなく接してくれたことで、一方的に彼女から惚れ込んでいく)。後に彼も恋人と自覚していき、彼女を追って私立中学を目指し、落ちこぼれクラスだった成績もぐんぐん伸びていったと手紙に書かれている。

地獄先生ぬ~べ~NEO

なかなか司法試験に合格できず挫折を繰り返したことで荒んでしまい、すっかりダメ人間となっていた。また、背も伸びてはいたものの、他のキャラのように八頭身までは至っていない(郷子より背が高い程度)。

しかしぬ~べ~との再会をきっかけに、彼に励まされて再び試験に挑むことを決意し、勉強を再開した。

小学校時代の憧れの君であった篠崎愛は海外留学中だが、なんとか交際は続いている模様。
また、遊びやゲームの才能を持っているため、北健斗ら現在のぬ〜べ〜のクラスの男子生徒達からは良き兄貴分として慕われている。

その後何とか法科大学院の受験に合格したが、弁護士になるには司法試験に合格しなければならない事を忘れて有頂天になっため、ぬ~べ~に呆れられていた。

関連タグなのだ

地獄先生ぬ~べ~ 篠崎愛 カクカクレンジャー 弁護士

卯月星蘭次作における低身長キャラ繋がり。

関連記事

親記事

地獄先生ぬ~べ~ じごくせんせいぬーべー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68995

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました