ピクシブ百科事典

水着サーヴァント

みずぎさーゔぁんと

『Fate/Grand Order』夏イベントにおいて実装、または新霊衣が追加されるサーヴァント。
目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order』夏イベントにおいて実装されるサーヴァント達。
イベントに伴いクラスが変わっており、キャラクターバリエーションが増えている。

一部サーヴァントは属性が「」という特殊なものへ変化しているように、全体的に元の形態より陽気で開放的になっている。中には陽気が過ぎて傍目からは狂気的とすら言える状態の者もいる。

男性サーヴァントに対しては新規の霊衣が実装される。(マシュも同様)
ただし、夏の限定グラフィックが存在していながら、未だに霊衣が実装されないサーヴァントも多数存在する(円卓の騎士達など)。

この水着サーヴァントは英霊本来の姿と違って水着姿を戦闘服としており、共通してビーチなど水辺や行楽地に適応した性能へと変化しているのが特徴。
ただ、適応しただけで特化している訳ではなく、一部を除いて通常のサーヴァントと遜色ない性能を発揮するほか、スキルや宝具によって固有結界の様に環境を得意なものに書き換えるものもいる。
また、『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』ではBBの手により適応の対象に「虚数空間の海」を追加する特殊なパッチも開発された。

水着サーヴァントはその成り立ちから大きく3種類に分類される。

  • 一時的な霊基変化タイプ
スカサハなど霊基を操作出来るものに操作してもらい、一時的に水着サーヴァントへクラスチェンジしたもの。
シナリオ的には下記の分離型と違って水着も通常も霊基は1つであり、水着サーヴァントと通常時のサーヴァントは同一人物の扱い。事が済めば再操作ないし自然と元のクラスに戻る。
あくまでシナリオ上の扱いであり、戦闘システム的には水着サーヴァントと元クラスを同時に出撃させることは可能。

  • 霊基分離タイプ
霊基を操作出来るものの操作、または別件召喚などによって元クラスの霊基から派生・独立したもの。
シナリオ的にも「同一人物をモデルとした別人(平行世界の同一人物)」のような扱いを受けており、カルデアでは元クラスの自身が別に存在する。アーサー王のように別クラスの同一人物が数多く存在するため、別にカルデアでは珍しいことではない。
上記の霊基操作によって発生した場合は、カルデア内にて元クラスのサーヴァントがフェイトに記録された霊基を纏って再召喚される様子。

  • 霊衣タイプ
上記の2タイプと違って霊衣という戦闘服としても使える服装を霊基情報に追加した、所謂ガワだけを換装したもの。
主に服装だけの変化であるため、能力や属性に変化はなく、霊基の分離などもない。ただし人格的には普段より陽気になっているものが多い。
霊衣は任意で元の服装に変更できる。
ちなみにこの霊衣を作って霊基に追加するには特殊な技術や素材を必要とするため、一部の者しか行えない。

実装水着サーヴァント

カルデアサマーメモリー

玉藻の前(ランサー)アルトリア(アーチャー)マリー・アントワネット(キャスター)
センシティブな作品センシティブな作品
水着
アン&メアリー(アーチャー)モードレッド(ライダー)スカサハ(アサシン)
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
清姫(ランサー)マルタ(ルーラー)
センシティブな作品センシティブな作品


マシュ・キリエライト
常夏の水着
センシティブな作品
※当初は立ち絵のみ。霊衣は復刻版より実装。

デッドヒート・サマーレース!

ネロ(キャスター)フランケンシュタイン(セイバー)ニトクリス(アサシン)
センシティブな作品
ふらん
summer
織田信長(バーサーカー)アルトリア・オルタ(ライダー)エレナ・ブラヴァツキー(アーチャー)
センシティブな作品
メイドオルタ
センシティブな作品
源頼光(ランサー)イシュタル(ライダー)
センシティブな作品
【FGO】波のりイシュタルライダーちゃん【JAPAN EXPO】


サーヴァント・サマー・フェスティバル!

ジャンヌ・ダルク(アーチャー)茨木童子(ランサー)牛若丸(アサシン)
姉力(狂化)EX
HAPPY  CHILDRENS DAY!
センシティブな作品
ジャンヌ・オルタ(バーサーカー)BB(ムーンキャンサー)メイヴ(セイバー)
『一緒に遊びましょう?』
センシティブな作品
メイヴ(水着)
ヒロインX(フォーリナー)
センシティブな作品


エドモン・ダンテスギルガメッシュ(キャスター)ロビンフッド
モンテ・クリストセレクションエスタブリッシュメント夏の狩人
水着エドモン
ゴージャスP
夏の狩人

見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!

宮本武蔵(バーサーカー)刑部姫(アーチャー)カーミラ(ライダー)
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
葛飾北斎(セイバー)アルトリア(ルーラー)メルトリリス(ランサー)
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
沖田総司(アサシン)
センシティブな作品


ジークフリート風魔小太郎マーリン
スーパー・クールビズ夏休み満喫用忍び装束Camelot&Co
【FGO】眼鏡キラーン【ジクフリ】
夏休み満喫用忍び装束小太郎くん
【FGO】夏マーリン

サーヴァント・サマーキャンプ!~カルデア・スリラーナイト~

殺生院キアラ(ムーンキャンサー)イリヤスフィール(アーチャー)ブリュンヒルデ(バーサーカー)
センシティブな作品
水着イリヤ
センシティブな作品
虞美人(ランサー)アビゲイル(夏)巴御前(セイバー)
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
紫式部(ライダー)
センシティブな作品


シグルド蘭陵王エミヤ
我が愛との思い出辨天衣サマー・カジュアル
尊い夏
蘭陵王
サマー・カジュアル・エミヤ
マシュ・キリエライト
常夏の水着Ver.02
水着マシュ

カルデア・サマーアドベンチャー!~夢追う少年と夢見る少女~

少女ダ・ヴィンチ(ルーラー)アナスタシア(アーチャー)シャルロット・コルデー(キャスター)
ダヴィンチちゃんとステくん
アナスタシア
センシティブな作品
沖田オルタ(セイバー)清少納言(バーサーカー)カイニス(ライダー)
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
カーマ(アヴェンジャー)
水着カーマちゃん


アキレウスマンドリカルドエドワード・ティーチ
フィアレス・ダイバーサマー・スポーツウェア盛夏の紳士
マンドリカルド
盛夏の紳士

余談

クラス適性に関して

特殊な霊基にあたる水着サーヴァントは通常の聖杯戦争とは異なり、クラスが割り当てられる理由が少々…かなり特殊なサーヴァントが多い。


実装基準について

毎年夏になると方々で水着で実装されるサーヴァントの予想が盛んに行われるが、これは公式が公開した選定基準とこれまでに実装されたサーヴァントの法則性が根拠となる場合が多い。

公式の公開した選定基準

  • シナリオに初めて登場してから1年が経ったら水着候補入り
  • メインシナリオで印象に残るサーヴァントや善行をしたサーヴァントではなく、スポットライトが当たる機会が長く来ていない者、オルタを作りづらいサーヴァントが優先


実装済みサーヴァントの法則性から来る予想

  • イラストレーターが武内崇のサーヴァント

各年武内氏がイラストレーターを務めるサーヴァントが選出されている。

2016アルトリア・ペンドラゴン
2017アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕
2018ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕/ジャンヌ・ダルク
2019沖田総司
2020エミヤ/マシュ
2021沖田総司〔オルタ〕

  • 出身が日本のサーヴァント
()内は出身こそ日本だが「日本の英霊」と言い切って良いか怪しい扱いの者。
2016玉藻の前/清姫
2017源頼光/織田信長
2018牛若丸/茨木童子
2019葛飾北斎/風魔小太郎/刑部姫/宮本武蔵/沖田総司
2020紫式部/巴御前/(殺生院キアラ/エミヤ)
2021清少納言/(沖田総司〔オルタ〕)

「夏」から水鉄砲を連想するためか、毎回アーチャークラスにクラスチェンジするサーヴァントが登場している。また、元々該当する要素を持つ者もいるが、全く別の方向に突き抜けたパターンもある。なお、霊衣に関しては記載を除外する。
2016アルトリア・ペンドラゴン/アン・ボニー&メアリー・リード
2017エレナ・ブラヴァツキー
2018ジャンヌ・ダルク
2019刑部姫
2020イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
2021アナスタシア&ヴィィ

  • 降格するサーヴァント
ベースとなるサーヴァントからレアリティが降格する者が毎年二騎以上含まれている。
言い換えて、元が☆5のサーヴァントが必ず含まれる。
2016スカサハ/モードレッド
2017イシュタル/源頼光
2018ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕/謎のヒロインX/メイヴ
2019葛飾北斎/刑部姫/沖田総司/メルトリリス
2020ブリュンヒルデ/紫式部/イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
2021レオナルド・ダ・ヴィンチ〔ライダー〕/アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ/清少納言

  • 元概念礼装組
2017年以降から始まった法則であり、各年に水着サーヴァントと同時実装される限定概念礼装のイラストに描かれていたサーヴァントが、翌年以降に水着サーヴァントとして実装されるというもの。
実装サーヴァント描かれていた礼装
2017エレナ・ブラヴァツキーミートウォーズ(2016/☆4)
2018ジャンヌ・ダルクホワイト・クルージング(2017/☆4)
牛若丸カルデア・ライフセーバーズ(2016/☆5/配布)
2019カーミラサマータイム・ミストレス(2016/☆5/配布)
宮本武蔵疾風怒濤(2018/☆4)
刑部姫レディ・フォクシー(2018/☆5/配布)
2020紫式部パープル・アイ(2019/☆4)
アビゲイル・ウィリアムズエメラルド・フロート(2018/☆5)
シグルドレディース&ジェントルメン(2019/☆4)
2021カーマ夏の閻魔亭(2019/☆3)
清少納言ハッピー☆ドライブ(2020/☆4)
アキレウスクライミング・バトル(2020/☆4)
マンドリカルドマブダチ・バーベキュー(2020/☆3)

継続しなかった法則

2016~2020まで継続した法則。
候補も複数残っており「武内絵」と並んで水着予想の鉄板だったが、2021年『サマーアドベンチャー』では該当サーヴァントが実装されず途切れた。
前年に引き続き直前に実装された「周年記念枠」として光のコヤンスカヤが特攻対象に選出されており、これが代替と扱われたと思われる。

2016玉藻の前
2017ネロ・クラウディウス
2018ロビンフッド/BB
2019メルトリリス
2020殺生院キアラ

2016~2020まで継続した法則。
何故か毎年毎年ランサークラスのサーヴァントが実装され続けていたが、2021年『サマーアドベンチャー』を以てとりあえず継続は途切れた。
2016玉藻の前/清姫
2017源頼光
2018茨木童子
2019メルトリリス
2020虞美人

  • 配布サーヴァントのベースは期間限定☆5
2016~2019まで継続した法則。
元となるサーヴァントの入手機会を逃したユーザーからは「水着だが使えて嬉しい」と好評だったが、2020年『サマーキャンプ』において元がストーリー限定☆4の虞美人が配布枠となり残念ながら継続しなかった。
2016スカサハ
2017イシュタル
2018ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕
2019葛飾北斎
2020-
2021レオナルド・ダ・ヴィンチ〔ライダー〕

  • 昇格するサーヴァント
2016~2018まで継続した法則。
ベースとなるサーヴァントからレアリティが昇格する者が毎年含まれているというもの。
☆3以下のサーヴァントにも水着実装の希望を担保し続けていたが、2019年『ラスベガス』では元が☆5の降格組が大量に追加されたのに対し昇格組は一騎も実装されず残念ながら継続しなかった。
2016清姫(☆3→☆4)
2017アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕(☆4→☆5)
2018牛若丸(☆3→☆4)、BB(☆4→☆5)
2019-
2020-
2021シャルロット・コルデー(☆1→☆4)

  • アルトリア派生
2016~2019まで継続した法則。
Fateの顔ことアルトリア・ペンドラゴンの派生サーヴァント達が毎年登場していたが、2020年『サマーキャンプ』では該当サーヴァントが登場せず継続は途切れた。
『サマーキャンプ』では直前の5周年記念において実装されたアルトリア・キャスターがシナリオに出演しないにも関わらず特攻対象に入っており、これを代替としていると思われる。
ちなみに所謂アルトリア顔のサーヴァントたちも2016~2019に渡り継続して登場していた他、上記の通り武内絵のサーヴァント出演記録は更新中である。
アルトリア派生アルトリア顔
2016アルトリア・ペンドラゴンモードレッド
2017アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕ネロ・クラウディウス
2018謎のヒロインXジャンヌ・ダルク〔オルタ〕/ジャンヌ・ダルク
2019アルトリア・ペンドラゴン〔ランサー〕沖田総司
2020--
2021-沖田総司〔オルタ〕

関連タグ

Fate/GrandOrderの登場人物一覧 Fate/GrandOrderのイベント一覧
サーヴァント 霊衣開放
サンタサーヴァント:こちらは冬(クリスマス)ver

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「水着サーヴァント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12453

コメント