ピクシブ百科事典

アルトリア顔

そこまでにしておけよたけうち

TYPE-MOOEのゲーム『Fate』シリーズにおけるメタ用語。 シリーズの顔にして第一作目のヒロインである「セイバー」(アルトリア・ペンドラゴン)の派生キャラ、および彼女に似た顔のキャラクターたちの総称。 そこまでにしておけよ武内。
目次[非表示]

アルトリア種は宇宙ガンのようなもの
誰かが刈り取らねばならないのです。誰かが

概説

『Fateシリーズ』の顔であり、第一作『Fate/staynight』のメインヒロインであるセイバーことアルトリア・ペンドラゴンの顔立ちのこと。

  • 金髪碧眼
  • アホ毛
  • 丸顔の整った目鼻立ち
  • 口はやや小さく、は上がり気味
  • 目は丸く大きく、目尻も眉と同じく上がり傾向
  • 髪は何かしらして束ねるかまとめてある

……などなど、キャラクターによって上の条件から外れるものも割といるが、概ねはこんな感じ。
もっとわかりやすく言うと、女剣士』『姫騎士といったジャンルのキャラ性(処女性、高潔さ、乙女っぽさ、戦士らしさなどの混在)を備えた顔である。

該当キャラクター

オリジナル


別側面


オリジナル派生


そっくりさん




増殖の経緯

これは有限会社Notesの代表取締役であり、キャラクターデザインを担当した武内崇社長の完全な趣味
同人サークルとしてTYPE-MOONを運営していた頃から、社長は筋金入りの金髪美女好きで知られており、『Fate/staynight』を「旧Fate」から再構築するにあたって、本来は白馬の王子様旧セイバー性転換という魔改造にかけてこの仕上がりにした。
さすがに社長の女房役である脚本の奈須きのこ氏も、「俺のセイバーを女にしやがった」と当初はイラッと来てしまったらしい。
加えて、アルトリアのキャラクターデザインを練った時期、武内氏は騎士姫キャラにどっぷりとハマっており、自分の思いの丈をぶつけて生まれたのが、現在のアルトリアのデザインなのだとか。


このとき既に、のちにファンさえ“呆れる”という感情を思い起こすほどの社長の「暴走」は始まっていた。

増えるアルトリア顔

シリーズが人気作として成長し、アルトリアも「セイバー」の通称でシリーズの顔役となっていく。
何作かの派生・外伝を発表していく中、新シリーズ『Fate/EXTRA』が製作される。
ここで真っ赤なドレスを着たやや童顔のセイバーらしき少女が登場したことで、また盛り上がりを見せる。
だが、蓋を開けてみるとそれは“暴君ネロ”として知られるローマ皇帝ネロ・クラウディウス」だと判明。
ファンの誰しもが「またか型月」と、Fateシリーズの“闇”に直面することに……。

これと前後してシリーズのオンラインゲーム化の案が浮上するが、諸々の事情から没となる。
そしてそのメインヒロインとしてアルトリアによく似た紫色をメインカラーとする少女が登場し、一時期は紫セイバーというあだ名も頂戴していた。
のちに彼女が“ルーラージャンヌ・ダルク」”として活躍することになったのだが、それはもう少し後になる。

その端っこで、今度はエイプリルフール企画『路地裏さつき』が盛り上がったり、『コハエース』が発表されたりなどする中、桜セイバーヒロインXと、着々とアルトリアと同じ顔が量産されていく。
この頃には「セイバー顔じゃなきゃデザイン描かない!」というブラックジョークが通じるまでに、武内氏の性癖は周知のものとなってしまっていた。

半ば、一番の箴言者である古参ファンさえ、もう諦めの境地に達しかけていた。
“これはもう、死ななきゃ治らない病気”だと……。
公式もここに来て積極的に自虐ネタにする、いつもの前向きさをを発揮し始める。

そしてオンラインゲーム化の際の設定を焼き直し、ジャンヌ・ダルクが活躍する『Fate/Apocrycha』が発表されると、今度はアーサー王の宿敵となったモードレッド卿がアルトリア顔に。
伝承上でもアーサー王の落胤であるので似ていておかしくはないのだが、「ホムンクルス技術によるクローン」というもっともらしい設定もひっ付けて、かなり似せている。

そしてスマートフォンアプリFate/GrandOrder』の配信とともに、社長のエンジンはフルスロットルに。
何せ設定上、「同じ英霊でもサーヴァントとして召喚される際の側面(≒性質)が違えば同一サーヴァントでも複数体存在できる」というものがあるのだ。
つまり、アルトリアの別側面の発掘という大義名分のもとにアルトリア顔の量産が可能になったことを意味する。実際、配信直後からオリジナル・オルタ・リリィの三騎が実装され、クリスマスイベントのサンタオルタさん配布を皮切りに確実に数を増やし続けている。
現在ではキャスターエクストラクラスクラスを除き、アルトリアだけでクラスを制覇できるまでに増殖している。(この点は流石にジャンヌでさえ「ぽこじゃが増えるのはアルトリアさんの特権です」と呆れた対応していた。)
ライダークラスに至ってはサンタオルタと水着オルタでダブる始末。
アルトリアだけにこだわらないなら、ジャンヌと水着ネロで全クラスを網羅できる。

こんな状態なので、ヒロインXの宝具無銘勝利剣」は【敵単体に超強力な〔アルトリア顔〕特攻攻撃】というメタい効果を発揮するようになっており、上掲のリストにあるサーヴァントのほとんどに特大ダメージを与えられる。

現在では、ファンも武内氏の性癖に呆れつつ「次はどんなアルトリアが来るか」と、ちょっと楽しむ余裕が出てきている。

余談

経験値氏関連作品でのメタフィクションな場の影響があってか双方に敵対的な印象を持たれがちだが、劇中では案外このネタは触れつつ避けつつな間柄にもある。
あくまでアルトリア顔という点も、こちら側の我々の主観に寄るネタであり、そっくりさんならばそれも偶然で、派生ならば誰にも該当してしまう話と言えなくもない。

また、元はメタギャグから発祥であるヒロインXも、FGO劇中ではあくまで目的はセイバーと劇中内設定に留まっており、アルトリア顔=セイバーを込めつつも、表面上ではクラスそのものを指している。

二次創作

投稿者によるオリジナルサーヴァントの中にもアルトリア顔を意識して作られたキャラが登場することがある。

アルトリアのという設定のキャスター

アルフェリア・ペンドラゴン



オリ鯖をアルトリア顔と似せたいが自身の画風との間で葛藤するという絵師あるある

魔都聖杯奇談の絵②



関連イラスト

アルトリア劇場
コマンドカードパーカー



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルトリア顔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93439

コメント