ピクシブ百科事典

単純接触効果

ざいあんすこうかあるいはざいおんすこうか

単純接触効果とは、社会心理学者が提唱した心理効果の1種である。
目次[非表示]

概要

 社会心理学者ロバート・ザイアンス(ザイアンツ、ザイオンス、ザイオンとも発音される)が提唱した心理効果で、通常は『正の単純接触効果』を指す。
 簡潔に記せば『対象を見聞きする毎に、それに対する好意・好感度が増加する』現象である。
 これにより、CM等で見聞きした商品や、起用されたタレントに対し『良いものだ』『この人に好感が持てる』と言う風になる。

注意

 しかし、当然ながら人によって真逆の印象を与える=嫌悪感を抱くようになる(これを『負の単純接触効果』と言う)事態も発生する為、「とにかく見せれば良い」と言う訳ではない。

関連タグ

心理学
芸能人 有名人 著名人 
CM
アスリート 国際的な大会で優勝すると、そうなり易い。
TYPE-MOON アルトリア顔等、人気キャラをあの手この手で酷使する点では、この効果を狙っているとも言える。

外部リンク

単純接触効果 - Wikipedia

関連記事

親記事

心理学 しんりがく

兄弟記事

コメント