ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名紆余曲折怪獣
身長77cm~22m
体重11kg~2千t
誕生日2020年6月27日
CV:吉田衣央莉吉田到馬

概要

第8回「揺れ動く気持ちって、何?」に登場。
カラフルなナマコアメフラシに似た怪獣で、シズム曰く「ハズレの怪獣」。
前作ナナシA、Bを合わせたような外見をしており、尻尾にナナシAに似た頭がついており、ナナシBの手に似た前足、口の中にナナシBの発光体のような巨大な青目の目玉を持つ。口の下部にはのぞき穴があり、露出させていない状態でもこの目玉で常時外を見ることは可能なようである。……中の人がいたかは不明。

ベノラゴロッシ



顔はアメフラシのようだが、前足はのように細長く発達しており、逆に足はモップのような繊維で覆われて太い。目はレウコクロリディウムに寄生されたカタツムリに似ているが、口の中の目が出ると引っ込む。

後ろから見ると案外かわいいのだが正面から顔を見ると結構キツイ。夢芽からも「なんか可愛…あぁ、無理だ」と評された。ちなみに、第8回はシズムの誘導で怪獣優生思想のメンバーとは出会っていないので、オニジャからの感想は無し。

当初の大きさは中型犬ほどで、常に前足をのようにすり合わせて周囲を観察し、時折にのようにちらつかせている。

白い粒子を散布する事で周囲にペンキをかけたように色をばら撒く。
この色はザイオーンを倒さないと落ちない。

劇中での動向

最初はフジヨキ台の子供たちによって発見されるが、シズムに「ハズレの怪獣」と看做されて放置される。
その後、ガウマの住み着いている高架下や山中暦稲本さんがかつて通っていた中学校などを能力でペイントし、ガウマがその巻き添えを食らって顔をゲーミング仕様のようにペイントされてしまう。

ガウマ隊によって捕獲作戦が開始されるが、夢芽によって河川敷にいるところをすぐに発見され、さらにそのままエネルギー切れしたかのように動かなくなり、あっさりと捕獲された。
その後、ガウマによって殺処分されそうになるも、蓬の「怪獣優生思想に操られて暴れる前の怪獣は本当に危険なのか?」という疑念に対してガウマも反論できず、そのままインスタンス・ドミネーションで操縦することを決定。
しかしガウマにインスタンス・ドミネーションは出来ず、ちせが悪ノリでインスタンス・ドミネーションの真似を始め、全員が真似し始める。そして最後に蓬の番となり、一瞬成功しかけたかに思えたがやはり失敗……したのだが――

そこからグリッドナイト同盟の二人が現れ、ナイトが早々に殺処分を決めるが、ガウマが監視して様子を見ることを申し出る。
しばらく大人しかったものの、その晩、を思い出しながらガウマが寝落ちした後で、即席の檻をあっさりと破壊して脱走。

翌日ガウマ隊による捜索が始まるが、午後になってフジヨキ台の中心街に5mほどに成長した姿で出没する。
暦がダイナストライカーで誘導を試みるも、最初は上手く釣られるが途中から容赦なく体当たりをかまして手に負えなくなり、ナイトと蓬が討伐を決意。
グリッドナイトダイナソルジャーを「ダイナミックキャノン」へと変形させ、早々にカタを付けようとするが、蓬はグリッドナイト同盟の発した「怪獣は人間の感情から生まれる」という言葉が引っ掛かり、「彼らにも意思と感情があるのでは」とキャノンの発射をためらってしまう。
そうしているうちに、夢芽がまだショッピングモール「マップス」に取り残され、さらにそのショッピングモールにザイオーンがよじ登りだしたことで事態は急を要することに。
蓬は最後の抵抗として、一か八かインスタンス・ドミネーションを試し、掴みかけたものの脳内に現れたイメージに動揺し断念。

最終的に蓬はソルジャーの操縦桿のボタンを押し、グリッドナイトによって「ダイナミックファイヤー」が放たれ、ザイオーンは斃された。発射直前に前述した口内の巨大な目で見られたこともあり、蓬に色んな意味でショックを残すこととなった。しかしザイオーンが倒されたことで町中の色やガウマの顔も元に戻った。

戦闘後には、ナイトがみすみす逃がしてしまった罰とばかりにガウマに無言で腹パンを入れた。

余談

デザイナーは坂本勝。イメージは雨宮監督の嫌いなものを聞いてデザインに入れたり嫌悪感を抱く物を入れたりして可愛くまとめたとのこと。
なお、デザイナーは前作のナナシや怪獣少女アノシラスと同じ人。
背中の突起は当初は複雑であったため、楽に描けるように簡略化され、左右非対称であった身体の模様も清書時に対称に修正された。目はロイコクロリディウム、背中の突起はコマユバチをモチーフとしている。口の中の襞は裂けたシイタケの繊維をイメージしている。子供から生まれたため、正面の顔はウルトラマン、胴体はサッカーボールをイメージしている。
未熟な怪獣のため、手足が振動波器官自体から生えているイメージとなっている。間違えた成長の仕方で大きくなったという要素を残し、頭と尻尾が逆となっている。手足は中から見えてはいけないものが見えている感じとなっており、袖の中はミンチ機をイメージしており、結束バンドで中から押し出された挽肉を脚の形に無理矢理しているものとなっている。メカ怪獣ということから、ねじやビスを配置し、尻尾の顔はメカナナシのようにしている。

アニメ版グリッドマンの怪獣は本編では名前が明かされず、翌日のグラフィニカ公式ツイッターでのCGモデル公開で公表されるが、今回は声があるためかエンドロールと字幕で本編中に名前が発覚した珍しいケースとなった。

また劇中初となる、怪獣優生思想によって操られる前に倒された怪獣となった。

作中で登場したショッピングモールの「マップス」は、電光超人グリッドマンにおいてもハイテクショッピングモールの「マップス桜ヶ丘」として登場する。こちらはデビルフェイザーにハッキングされて被害を受けた。

名前の由来はザイオン効果、すなわち単純接触効果から。「同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果」のこと。
別名の「紆余曲折」とは「道や川などが曲がりくねること。転じて種々込み入っていて複雑なこと。事情が込み入っていて解決に手間どること」を意味する四字熟語である。

関連項目

SSSS.DYNAZENON

関連記事

親記事

怪獣(SSSS.DYNAZENON) だいなぜのんのかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ザイオーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12250

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました