ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「何で怪獣は生まれてくるの?」

2代目「恐らく、この世界の怪獣は人間同士のコミュニケーションの媒質、心を三次元に展開した物かもしれません。言わば感情の兵器化です。様々な人間の心の集合が、現にカオスブリンガー現象を引き起こしていますし、このまま怪獣を野放しにしておくのはとても危険です!」(ボイスドラマ第8.8回「事実を言ったまで」より)

概要

SSSS.DYNAZENON』に登場する怪獣は、「発生源」に人の意思・感情が作用することで生まれ、成長する。
怪獣を発見した怪獣優生思想インスタンス・ドミネーションによりコントロール(『掴む』と表現される)することで、インスタンス・ドミネーション前よりも巨大化し、破壊活動を行う。

どの怪獣も不自然に付け足された様な、建造物を思わせる形状のキラキラした部位「振動波器官」を共通で備え、物体の浮遊やワープ、爆発などの「超能力」然とした能力を一つ持っている。
能力の発動時には周囲にカオスブリンガーと呼ばれる光の粒子が撒かれるという共通点がある。能力によって怪獣優生思想の面々とは各自相性があるらしく、グレージョムギブゾーグジュウガ向きと言及されている。
怪獣によっては能力が未熟なことがあるが、その場合は影響を与えた人間自体が未熟だった可能性が高いらしい。

SSSS.GRIDMANに登場する怪獣とは針金が寄り集まってできたような骨格やカラフルな配線が張り巡らされている内部、核となるバロックパールなど内部構造こそ酷似しているが、あちらが新条アカネが制作しアレクシス・ケリヴが「インスタンス・アブリアクション」により巨大化させ操っていた100%人為的な要因で生まれて暴れていたのに対し、こちらは何者かがバラ撒いたバロックパールが人の感情を吸って成長した半ば自然発生的なものと劇中で推察されている。
発見された時点では特に目的意識もなく徘徊しており、無作為に能力を発動する等の迷惑行為を働きはするものの、人間に対して明確な悪意を持った行動は取らない野生動物のような存在。
また、徘徊中の怪獣は青い目をしており、人間より小柄なものまでいるが、ザイオーンの例を見ると放置しておくとそのまま徐々に巨大化、やっていることは変わらなくても大きさの分だけ被害は拡大していく模様。インスタンス・ドミネーション後は赤い目へと変化、一気に巨大化し怪獣優生思想の意のままに破壊活動を行うようになる。

劇中ではフジヨキ台を中心に怪獣が定期的に発生しており、2代目は何者かが意図的に「発生源」を拡散させたと推測している。
ただしシズム曰く、怪獣優生思想によって産み出された存在ではないらしい。
第1話冒頭で何者かが白い石を町に向かってばら撒いていることと関係があると思われる。

ガウマや怪獣優生思想など「怪獣使い」を名乗る存在からの扱いは総じて「道具」「手段」「兵器」のような物であり、「生命体」とは見られておらず各個体への情は希薄。怪獣使いとしての教育を受けたガウマも、怪獣の発生などについては全く教わっていなかった。

一覧

怪獣の名前は基本的に心理学用語が由来と思われ、『SSSS.DYNAZENON超全集』で公言された。

登場回名前別名デザイナー操った人物能力名前の由来
第1回シャルバンデス急転直下怪獣西川伸司オニジャ(※)物体を浮かせるシャルパンティエ効果
第2回グレージョム油断大敵怪獣酉澤安施ジュウガワープするクレショフ効果
第3回バーナドドン千荊万棘怪獣丸山浩オニジャ爆発を起こすバーンアウト
第4回ディドラス有為転変怪獣西川伸司ムジナ物体の次元を移し替えるディドロ効果
第5回ネオフォビア生生流転怪獣田口清隆(デザイン協力:雨宮哲)シズム物体をふやけさせる新奇恐怖症
第6~7回ブルバイン落花流水怪獣岡本英郎オニジャ、ムジナ重力を強くするダブルバインド
第8回ザイオーン紆余曲折怪獣坂本勝無しさまざまな場所に色を塗るザイオン効果
第9回ギブゾーグ厚貌深情怪獣板野一郎ジュウガ物体を軟化するギブソン効果
ゴルドバーン野中剛無し物体のサイズを変えるルイス・ゴールドバーグ
第10回ガルニクス悲観離合怪獣丸山浩ムジナ(失敗した可能性あり)物体を過去に飛ばすツァイガルニク効果
第11~12回ガギュラ咬文嚼字怪獣後藤正行シズム、ジュウガ、オニジャ、ムジナ物体を吹き飛ばすカリギュラ効果
※ 操った人物は本編内では不明であったが、メガミマガジン2021年8月号の記述により判明した。


































※以下小説版登場怪獣(ネタバレ注意)


小説バイアラプタージュウガ物体を引き寄せる正常性バイアス
バイアブロウワオニジャ防御壁を展開する
バイアグリープムジナ全身に火器を持つ
バイアミューザーシズム物体を曲げたり伸ばす
ギュオバイアンシズム、ジュウガ、オニジャ、ムジナバイア系の全能力

余談

怪獣のデザイナーは前作からは坂本勝(キャラクターデザイン。ナナシを担当)、西川伸司(グールギラスなど)、丸山浩(ゴングリーなど)、板野一郎(ヂリバー)が続投。
新たに酉澤安施岡本英郎田口清隆後藤正行(グリッドマンなど)、野中剛(ダイナゼノンなど)が登板している。

特撮によくある着ぐるみの改造を意識しているのか、一部の怪獣をよく観察すると前作の怪獣の意匠を持っていたり、よく似た体形の個体も散見される。
共通のデザインテーマとして、「『グリッドマン』第2クールのメカのような怪獣」「体のどこかに『グリッドマン』の怪獣によって変質したシンボルタワーが付いている」「カラフル」ということが示されており、トータルイメージでメカニカルな全体ではあるが、柔軟性のある金属で覆われたイメージで、人が入った着ぐるみのような感じにしている。

鳴き声は劇中のガヤを加工したものが使われている。

「カオスブリンガー」という名称はトランスフォーマーシリーズに登場する巨悪ユニクロンの異名(ザ・ムービー版)または主砲の名前(マイクロン伝説版)にも使われており、SSSS.GRIDMANの登場キャラクターのデザインにシャッタード・グラスの登場キャラクターの記号が散りばめられていたことから、同様のオマージュと考えられる。

各部位にある建造物のような部分は、コンピューターワールドの基盤やシステムをイメージしたものとなっている。

関連項目

SSSS.DYNAZENON 怪獣優生思想
グリッドマン怪獣 怪獣(SSSS.GRIDMAN)
マイナスエネルギー:ウルトラシリーズにおいて、人間の感情が怪獣を成長させるという設定。
闇怪獣:ウルトラマントリガーにおいて似たような性質を持つ怪獣。

関連記事

親記事

SSSS.DYNAZENON だいなぜのん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「怪獣(SSSS.DYNAZENON)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47277

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました