ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

インスタンス・ドミネーション

いんすたんすどみねーしょん

「インスタンス・ドミネーション(Instance Domination)」とは『SSSS.DYNAZENON』に登場する用語にして、それに関連する動作。

概要

怪獣優生思想が、発見した怪獣を掴む=使役するときに発するセリフ。手の指をぴったりと付けて怪獣に向かって腕を伸ばし、中指と薬指の間で開きながら発声する。手の形は、原作の登場人物前作の登場人物もやっていたバルタン星人のポーズに類似している。

あるいはバルタン星人にひっかけてか、スタートレックに登場するバルカン人式の挨拶(バルカンサリュート)(長寿と繁栄を)にも酷似しているが、厳密には親指を開かない点においてこちらとは区別できる。

怪獣を操る際にはこの2本の指の間から怪獣を凝視する必要がある様子。掴んでいる最中には、操っている人間の瞳が赤く発光する。


英語にすると"Instance Domination"。直訳すると「実体支配」だろうか。


オニジャジュウガシズムピースムジナだけは横ピースのような恰好で行い、シズムのみ左手で、他の3人は右手で行使する。


第1回でガウマも同じようなポーズでシャルバンデスをコントロールしようとしたが、失敗し、第8回においては、ポーズ取った上に第1話で言わなかった台詞まで言ったがやはり操れず、怪獣使いとしての彼の力が弱まっているらしい。


第8回でも、河川敷で捕獲したザイオーンに向かってガウマ以外のガウマ隊の面々も試すこととなり、山中暦南夢芽、成長・変形しているバロックパールを所持している飛鳥川ちせは、やはり失敗する。

怪獣使いになるためには修行に修行を重ねる必要があるとのことなので、ガウマはともかく他のメンバーにできないのは当たり前な状況と思われたが、麻中蓬が試した際には、一瞬コンピューターワールドの基盤らしき空間の中に、バロックパールが根を張るイメージが脳内に現れた。巨大化した怪獣に対してダイナソルジャーの中からもう一度試した際には、瞳が赤くなりかけており、蓬が恐怖して中断したものの、怪獣を掴みかけているように見える。


操れるのは明確な自我がないか、自ら支配を受け入れる怪獣に限定されるようで、シズムがゴルドバーンを操ろうとした時は、怪獣側から拒絶されて失敗した。

同様の理由でグリッドナイト同盟にも効果がないと思われる。


また、このインスタンス・ドミネーションは、掌を向けることが重要なようで、11話では怪獣優生思想のあるメンバーは、自身に掌を向けることで自分自身を怪獣にした。


関連タグ

怪獣優生思想 怪獣(SSSS.DYNAZENON)

インスタンス・アブリアクション...前作の黒幕が怪獣を実体化させる際に使用していたコード。


(ネタバレ注意!)





















第12回のガギュラとの最終決戦において、遂にが使用に成功。ガギュラのペースを乱して勝利に貢献した。

また蓬は、この時内部にいたシズムコンピューターワールドの基盤のような空間で最後の対話をしており、怪獣を通じて他者とも繋がることができる能力であるように見受けられる。

劇中の描写を見る限り「相手と精神的にリンクする=相手側の精神の奥底まで知れるかわりにこちら側の精神も丸裸になる」仕様であるらしく、使い捨て扱いの怪獣はともかく他人に自身の心を晒したくないという意志を持っていたが故に、心を覗かれる感触に恐怖した蓬のザイオーンへの使用は失敗し、他の怪獣優生思想メンバーの精神まで取り込んだガギュラの中でシズムは沈黙し続けた(心を閉ざし隠し続けていた)のだと思われる。


怪獣優生思想の中で最も自由を欲し柵(しがらみ)を忌み嫌っていたシズム本人が、誰にも支配されないよう心を閉ざすために、沈黙を守り続けるという自分自身を縛り付ける行為を行っていたのは皮肉としか言い様がないだろう。



更にネタバレ注意!































  • グリッドマンユニバース

蓬が再び使用した他、現実世界の新条アカネも使用した。

河原に落ちていた古いPCを介し、封印されていたアレクシス・ケリヴを使役。

グリッドマン復活の時間を稼ぎ、復活したグリッドマン達と共に、大量発生した怪獣達に応戦した。

関連記事

親記事

怪獣優生思想 かいじゅうゆうせいしそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445007

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました