ピクシブ百科事典

ガレス(Fate)

ぷりてぃぼーまんがれすちゃん

『Fateシリーズ』に登場する円卓の騎士の1人。
目次[非表示]

概要

円卓の騎士の1人であり、モルガン×ロット王の4兄弟の末子。兄に太陽の騎士ガウェイン鉄のアグラヴェイン、ガヘリスがおり、アーサー王叔父(叔母)、モードレッドは異父弟(妹)に当たる。

そのサラブレッド血筋を最初は隠していた為、キャメロット勤め一年目はアーサー王の義兄ケイ卿の人事で厨房に回された挙句、「手が美白だからお前ボーマン【Beau Mains=美しき(Beautiful)手(Manus)】な」とセクハラまがいのニックネームを付けられてしまう。

そんなエピソードのせいかTYPE-MOON時空では女の子になってしまった。

人物

原典では謀略や奸計に加担したことのない清廉潔白な人物として描かれ、自分を初めて騎士として取り立ててくれたランスロット卿をとても慕っている。

ランスロットや兄のガウェインからもとても愛されており、王妃ギネヴィアの処遇を巡る争いで誤って彼女を手にかけてしまったランスロットは一生ものの後悔を背負い、ガウェインにとってもランスロット不倶戴天認定の最後のトリガーとなった。

その死は諸説あるが、一般に知られているものはギネヴィアとの不貞が明らかになりランスロットが逃亡した後、モードレッドが発案してアーサーが承諾したギネヴィアの処刑を執行するにあたって、王妃の死を悼む気持ちから非武装の喪服姿で参加したところ、乱入してきたランスロットによって見慣れぬ姿であったため気づかれぬまま護衛と誤認されて斬り殺されるという無残極まりないものである。この時にガヘリスも殺されており、アグラヴェインに加えて非武装の弟と妹をも殺したランスロットへ、ガウェインは死の間際まで憎悪を抱くことになる。

生真面目なベディヴィエール卿からもちゃん付けで呼ばれているあたり、アーサー王とは別ベクトルなキャメロットのアイドル、もしくは円卓組の末妹枠だったのかもしれない。

円卓の騎士を取り上げた『Fate/Grandorder』メインシナリオ第六章では登場していないが、実はその前に死亡している(奈須きのこ氏公式ブログ「竹箒日記」2016年7月31日分より)。
清廉潔白な性格であるが故に獅子王の悍ましい統治についていけず、祝福(ギフト)によって人格そのものを捻じ曲げてなお耐えられずに死を選び、十字軍側の首魁である「リチャード一世を名乗った魔人の如き強さのサーヴァント」共々ガウェインに介錯されたらしい。

ちなみに、旧セイバーの体験クエストにおけるモードレッドの発言によると、彼女は兜を着用していたらしい。

2018年の水着イベントにて、彼女らしき騎士が登場している。
彼女がガレスちゃんと仮定すると、本人は童顔で腐女子(の可能性)という事になる。
(年齢を疑われていたセリフがあった為)

関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ 円卓組 サーヴァント
騎士 女性

ブルーノ:Fate時空には存在しない円卓の騎士ガレスと似ているらしい。
拡散性ミリオンアーサー:Fate同様ガレスが女性キャラクターとして登場。

コメント