ピクシブ百科事典

ランサー(フラグメンツ)

らんさーふらぐめんつ

桜井光の小説『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』に登場する、ランサーのサーヴァント。
目次[非表示]

なんて、愛おしいのでしょう。英雄(あなた)たちは

プロフィール

真名ブリュンヒルデ
性別女性
身長172cm
体重56kg
出典北欧神話
地域欧州
属性中立・善
ILLUST三輪士郎(Fate/GrandOrder)
CV能登麻美子


概要

「八年前の聖杯戦争」にランサーのクラスで召喚されたサーヴァント
サーヴァント階位第四位。一人称は「私」。
巨大な槍を携え、炎を操る鎧を纏った女性。
大槍を軽々と扱う荒々しさに反して、その口調と物腰には気品を漂わせる。

マスターからは「各サーヴァントと一度は前哨戦を行なえ」と命じられており、また「最大の難敵と定めた相手の前で"ある霊薬"を飲む」事を令呪で強制されている。
深夜の池袋、サンシャイン60の麓においてセイバーと対決した際、「彼こそが最強の敵となる」と確信し躊躇いながらも令呪の指示通り霊薬を飲み、その後撤退。
その他にも、玲瓏館邸における対バーサーカー戦や東京湾上の大神殿での対ライダー戦にも参加している。

シリーズ歴代二人目となる女性のランサー(初代はこちら)。

人物

物静かで献身的。穏やかな微笑みに寂しさが混ざる、薄幸の戦乙女
慈悲深く、愛情豊かで、好きになった相手にはとことん尽くす。悲劇さえなければ良妻として一生を終えたはずの女性。

英霊となった現在でも、シグルドのことを深く愛している。
それでも、万が一にも目の前に彼が召喚されたならば自動的に槍を向けるだろう。
英霊として形作られた彼女自身が「シグルドを殺すモノ」として宝具と共に定義付けられてしまっているためだ。

強い者、気高い精神を持つ者に強く惹かれる傾向にある。おそらくは彼女の出自も関係しているのだろう。また、そのような英雄らしい人物と関わり惹かれると「・・・困ります」という癖がある。実際、愛しすぎると愛おしさ故に殺してしまうので、困るというのはあながち間違いではない。ある意味ヤンデレ

献身的で謙虚な一方、一度思い込むと是が非でも行動を全うしようとする。
自分で間違いだと理解していても止められず、自身の英霊としての定義も加速装置となって後押ししてしまうため、行くところまで行くともはやどうにも止まらない。
夜空の冴えを感じさせる藍さ、雪の儚さを思わせる白さに対し、本質は烈火の如く情熱的な愛を秘めた女性。
彼女自身も己を「」と比喩する。
彼女の愛とは是即ち“煉愛”。触れるもの、手を伸ばすものすべてを灼き焦がす魔性の篝火。

「全てのサーヴァントとの前哨戦」「令呪による強制」「薄幸感」など、『stay night』のランサーを彷彿させる一方で、「荒々しさと気品を併せ持つ女性」という点では『Apocrypha』の赤のアーチャーに通じる。

真名

北欧の大神オーディンの娘、戦乙女ワルキューレの1人、ブリュンヒルデ。北欧神話に於ける悲劇の女。
『ヴォルスンガ・サガ』において大英雄シグルドの運命の相手であるシグルドリーヴァと同一視される戦乙女であり、古エッダ『シグルドリーヴァの歌』『ブリュンヒルドの冥府への旅』でも同様にシグルドと恋に落ちるワルキューレとして語られている。
ワルキューレの長姉として神霊の身であった頃には自我の薄い「人形」のように振る舞っていたものの、父たる 大神の怒りに触れて地へ落とされてから後、シグルドとの邂逅を以て人間の性質と人格を有するようになった。
英雄シグルドのことを誰よりも愛して止まなかったものの、呪われた悲劇の運命の果てに殺意の炎を抱き、やがて彼を殺し、我が身をも灼き尽くすことになってしまった。

『フラグメンツ』1巻から登場済みのキャラクターではあったが、長らくその真名は明らかにされていなかった。ただし「大槍」「炎」「薄幸」「女性」等のキーワードから、その正体は別の作品に登場するあるキャラクターの元ネタの一つではないか? との推測はされていた。

本来は女神であり真っ当な召喚の対象外なのだが、ある理由からと同様に伝承において神性を失っている為、抜け道が生じて召喚可能となった模様。

『フラグメンツ』では愛歌の「亡びゆく筈のブリテンを救う」という悪夢への処方箋、『Fate/Grand Order』ではソロモンによる人類史焼却という緊急事態のためか召喚が可能となっている。

能力

真名でわかる通り幸運がとびぬけて低い(マイナス数値があるならば余裕で-EXと表記できるレベル)。
その低さは彼女を材料として作られた人工英霊ですら幸運E表記になるほど。
もはやここまでくると不幸どころか呪いとも言える。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ナイジェル・セイワードB+AACEA
藤丸立香B+AACEA


保有スキル

対魔力(B)詠唱が三節以下の魔術を無効化する。大魔術・儀礼呪法であっても殆どダメージを受けない。
騎乗(A)ワルキューレとして天馬に騎乗した逸話から。神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を自在に操れる。逸話通りであればA+スキルとなるところ、ランサーとして召喚されたことから低下している。ライダーでの召喚ではA+となる。
神性(E)神霊としての適性は一応あるものの、ごく低い。かつては大神オーディンの娘である戦乙女ワルキューレの一員だったが、大神オーディンから申請を剥奪された。
魔力放出(炎)(B)炎に包まれた館の中で眠りに就いたという逸話がスキルとなったもの。情念が深まるごとに炎は強くなり、魔力を元にして燃え盛る。
ルーン(B)北欧の魔術刻印であるルーンを有している。愛するシグルドに対してルーン魔術を教えたとされる彼女は、一流の魔術師であもある。本来は父たる大神から授かった「原初のルーン」を示すスキルだが、普段は力を抑制されている。Aランク以上の神性スキルを所持していない状態でスキルの真価を発揮してしまった場合、宝具の使用に制限を受ける上に霊核へと深刻なダメージが入り、やがてブリュンヒルデは消滅する。
英雄の介添(C)英雄を勝利に導くワルキューレとしての性質がスキルになったもの。魔力を同調させ、対象が行うあらゆる成功判定にプラス補正を与える。



宝具

死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~40
  • 最大補足:1人


好き。嫌い。好き。嫌い。好き。好き。好き、好き、好き……『死がふたりを分断つまで』!

ブリュンヒルデ


大盾と見紛うほどの巨刃が付いた魔銀(ミスリル)の大槍。
詳細は同項目参照。

わたしだけの冥府への旅(ブリュンヒルデ・コメーディア)

詳細不明。広域破壊能力を有するらしい。原初のルーン使用時は使用が制限される。
元ネタは上記の古エッダ「ブリュンヒルドの冥府への旅」から。

Fate/GrandOrder

2016年2月3日より500万DL突破記念の期間限定ガチャで実装された。レアリティは☆5。
同時に体験クエストも開催されたが、そこでは主人公にルーン魔術をかけて、自身をマシュと誤認させている。

また、期間限定イベント『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』ではジャンヌ・オルタ配下の贋作英霊の一人として登場。
ここまでに登場した贋作英霊の傾向から「一人くらい同性のフランクな友人が欲しい」という役割に関しては予想出来た人も多いだろうが、そこに彼女をぶっ込むという人選と「製作者の事をマスターではなくご主人様やお姉さまと呼んでべたべたとくっついてくるドMなテケテケ女」というぶっ飛んだ方向性はさすがに想像出来なかっただろう。
しかしながら、ぶっ飛んでいながらも消滅寸前に見せた献身的な在り方や、贋作英霊故に「愛した人を殺してしまう」という性質が無くなったことによるジャンヌ・オルタの関係性は一定の人気があり、『FGO』以外の作品でも両者は共演をすることとなる。

2017年9月13日からの『ネロ祭再び ~2017 Autumn~』のストーリーでは、ある人物に唆され、今度は主人公ばかりかカルデアの英霊たちをまとめてヴァルハラへと招聘すべく暴走する。
しかし事態を見通した参謀勢サーヴァントによって先手を打たれ、また主人公や多くのサーヴァントの説得、自身の兄に通じる英霊であるアルテラからの言葉で思いとどまり、最後は戦って衝動を沈めてもらい未遂に終わった。

ピックアップの機会が少ないレアサーヴァントで、復刻には初実装~『ネロ祭再び ~2017 Autumn~』まで1年半程をようした。一応、2周年記念福袋でも入手可能だったが、これは10連ガチャ1回しか出来ないので、カウントしていいのか微妙だが。
……まぁ、一度も復刻が来てないセイバー絶対殺すウーマンがいるだけに、まだ待遇は良い方とは言えるが。(汗)

ゲームでの性能

HP:14,000弱を誇る高い体力に、ATK:11,000強というHP重視の基礎ステータスを有する。
《Quick:2/Arts:1/Buster:2》とカード配分はとランサーらしい一方、クラススキル「騎乗(A)」ののったQuickとExtra Attackが多段ヒットする上もNP回収率も高いため、スター稼ぎも宝具解放も苦手ではない。

保有スキルは、1ターン自身のBusterカード性能と宝具威力をアップさせる「魔力放出(炎)(B)」、敵単体1ターンの宝具威力低下と3ターンのクリティカル発生率低下を付与する「原初のルーン」、味方単体のスター集中率を3ターンアップさせつつHPを回復する「英雄の介添(C)」の三つ。
「魔力放出(炎)」で一撃の威力を高め、残る2つでサポートに回る独特の立ち回りを持ち味とする。
特に「英雄の介添」は他者をスター集中状態に出来る唯一のスキルのため、高い攻撃性を持ちながらスター集中に難のある味方を補助しつつHPを回復するという彼女にしかできない立ち回りが可能。

宝具は「死がふたりを分断つまで」で、【敵単体に超強力な愛する者特攻攻撃〈オーバーチャージ(NP200%以上or宝具チェイン2巡目以降)で効果アップ〉+味方全体のスター発生率アップ】という、これまでにない独特の方向性を持つもの。
詳細は当該記事に譲るが、特攻対象にはかなりの倍率のダメージが入るため、クラスの壁を越えた強烈な一撃をお見舞いすることが出来る。
ただ特攻対象外の相手にはあと少し物足りないということもあり、特に宝具の性質ゆえ対サーヴァント戦でない大型ボス等が相手では、多少強力なダメージ程度で終わってしまうことも。
2017年8月22日に絆クエストが実装され、宝具威力が強化可能になった。
これにより、特攻が入らないと今一歩だったダメージ量が大きく増加し、特攻対象外の相手にも大ダメージが見込めるようになったため、相対的に活躍の幅が広がった。

総じてアタッカーとサポーターをバランスよく兼任できるマルチタイプ。
育ち切れば大抵の編成に組み込んでも器用に立ち回ってくれる、敏腕マネージャー的な働きをしてくれる。
ただ無敵や回避、ガッツ(一度だけ戦闘不能から復帰)といった危機回避能力がないため、その辺りを味方やマスターにサポートしてもらう必要はある。
育成に関しても、多数のサーヴァントが要求する「世界樹の種」と「鳳凰の羽根」を50以上消費するので、アタッカー運用がメインなら「魔力放出(炎)」、サポーター運用がメインなら「英雄の介添」を優先してあげていくといいだろう。

概念礼装は基本何でも使いこなせるが、特にスター獲得&カード性能アップ系とは抜群の相性を見せてくれる。
競合相手に玉藻ちゃんサマーという強敵がいるものの、タッグを組ませるとかなり相性がいいため、W運用で大暴れさせるのも面白い。

関連人物

生前

シグルド
生前、最も愛した人物。
聖杯への願いも彼との再会なのだが、出会えたとしても衝動を抑えきれず“自動的に”殺害しようとするという。

グンナル
シグルドの親友であり、かつての夫。
自身をモノにするために策を労し、挙句シグルドを己の替え玉にして詐欺を働いた経緯から、「卑劣な男」「彼が自分を愛していることすら許せない」と憎悪を向けている。

グットルム
夫の弟。
純粋な性格に付けいり、彼を唆してシグルドを殺させた。

グートルーネ
シグルドの妻。
シグルド恋しさに彼から自身の記憶を奪ってまで手篭めする身勝手さから、彼女の一族郎党に至るまで殺戮している。


Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ

ナイジェル・エイワード
当聖杯戦争でのマスター。
彼女に「愛の霊薬」を服用するよう令呪で命じた張本人。
人間性が薄く、ランサーからも気味悪がられていたが、沙条愛歌の妄執には断固として戦った。
これはのちに執筆担当の桜井光氏によって、「ランサーと関わって英雄の素質が開花した結果」と語られた。

セイバー
緒戦の対戦者。
聖杯戦争最大の標的である沙条愛歌のサーヴァント。
その武勇と誠実さを称えつつ、彼を最大の敵と看做したマスターの命で霊薬を服用して彼の虜となる。
物語が進むにつれ霊薬の作用で倒錯していき、ついにはシグルドと判別できなくなってしまう。

アーチャー
対ライダー戦の同盟相手。
その壮健さと武勇ゆえ、セイバーほどではないがヴァルハラへ連れ帰りたい衝動に駆られていた。

ライダー
敵対者であり、当戦争の難関としてたちはだかる。
そのため、セイバー・アーチャーと共同戦線を結んだ。

バーサーカー
対戦し、勝利した相手。
マスターを失ってなお、三騎士を相手に奮戦したその姿に「エイリークに並ぶ魂」と賛辞した。

沙条愛歌
マスターの敵。そして自分が召喚された理由。
自身の異常さを知覚するランサーさえ、彼女のセイバーへの妄愛には嫌悪感を催して「悪竜(ドラッヒェン)」という通称で呼んでいる。
使命を全うすべく立ち向かうも、その規格外すぎる能力に加え、自身の宝具の性質さえ災いし……

Fate/GrandOrder

主人公
人理修復のマスター。
彼/彼女に眠る“英雄の素質”を感じ取り、シグルドと混同して殺害衝動に駆られてしまう。
そのため「戦乙女だった頃の自分」の記録を再生し、強制的にクールダウンするよう努めているとか。

マシュ・キリエライト
主人公の相棒を務める少女であり、彼/彼女と唯一本契約を交わすデミ・サーヴァント
最も親しい相手であることを利用し、原初のルーンで主人公に催眠術をかけ、自身をマシュだと誤認させた。

ジークフリート
生前の最愛の人と起源を同じくする英雄。
よく似ているため、殺害衝動が疼いてしまう。

エミヤ
その悲しげな背中が、かつての夫を思い起こさせるらしい。
だが彼には殺害衝動はまだ起こっていない。

アルテラ
「ヴォルスンガ・サガ」「グルズーンの短い歌」において、彼女の兄「アトリ王」とされる破壊の大王。
アルテラの絆クエストにてアルテラへの抑止力として呼び出され、軍神の剣の出力上限の解放を阻害しようとしたと見られる。

フェルグス・マック・ロイ
フェルグスの絆クエストにて、シミュレーターのデータとして彼の前に現れた。
フェルグスの口説きに対し、「ありがとう。殺しますね」と返した。
彼女としては最上級の返答だが、叔父貴からすればたまったものではなかった……。

ジャンヌ・オルタ
贋作イベントにて、「同性の友達」という役割を持ってランサーの贋作英霊が造られた。
……が、明らかに友情以上のなにかを抱いており、決戦前のシリアス空間を一撃で破砕してしまった。
お姉様」と呼び慕っており、必要以上に彼女とスキンシップを取りたがる。
大いに煙たがれていたが、存在自体は否定されず、またランサーの一言が彼女への救済となった。
のちに最終決戦でもタッグを組んで登場し、主人公の援軍として駆け付ける。
贋作イベントからブリュジャンという一大派閥を作ってしまった。

オリオン
上記人物たちとは真逆で、まったく殺害衝動に駆られない英雄
勇士であることは認めているが、ナンパな性格から話せば話すほど槍が軽くなるという悲惨な状態になるんだとか。オリオンぇ……

その他

CV関連のあれこれ

真名のみならずその姿も長らく不明のままだったのだが、『フラグメンツ』本編に先駆けムック『TYPE-MOONエース Fate/Grand Order』において、『FGO』参戦アナウンスと共にカラーイラストが公表された。
その際担当声優が能登麻美子と明かされたが、ファンにとってはある意味意外な人選となった。

その理由の1つには、能登氏が既に新規セイバー以外に別のランサーも担当する事が確定しており、クラス被りの兼役になるという発想がそもそも無かった事(後にどんどんなし崩しになるのだが…)、もう一つには先述したパッションリップとの関連、更に初期段階で当人の出演がアナウンスされていた事から、「リップ役の小倉唯がスライド登板するのでは?」という予想が少なからず存在した…という事が挙げられる。

ジークフリートとの関わり

Apocrypha』に登場したジークフリートは彼女の夫であるシグルドと同一視される存在だが、型月の世界観においては「宝具の原典などで関わりはあるものの、全くの別人」と言う設定に落ち着いているようである。ただ、彼の姿を見るとシグルドを思い出すらしく、愛しさの余り殺したくなるらしい。

因みに『ヴォルスンガ・サガ』、古エッダの『グズルーンの唄』『シグルズの短い歌』等ではアッティラ王(アトリ王)の妹とされる。

『FGO』では絆が深まれば深まるほどプレイヤーを愛してくる。つまり、命の危機が迫ってくる。
なので、その性格や宝具の特性から、FGOプレイヤーからはメンヘランサーと呼ばれることも。

関連イラスト

ブリュンヒルデ
蒼銀ランサー


ブリュンヒルデ
ブリュンヒルデ



関連タグ

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ Fate/GrandOrder

ランサー(Fate) サーヴァント 幸運E ヤンデレ
ワルキューレ 北欧神話

死がふたりを分かつまで:彼女の宝具の名前、もしくは同名の漫画作品。

pixivに投稿された作品 pixivで「ランサー(フラグメンツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1491967

コメント