ピクシブ百科事典

ナイジェル・セイワード

ないじぇるせいわーど

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツに登場するランサーのマスター。
目次[非表示]

「確かに。だがどうにも─────」
「我がランサーが貴様の願いのために消費されるというのは、気分が悪い」

プロフィール

マスター階梯第二位
魔術系統錬金術をベースとした独自魔術
魔術回路・質B
魔術回路・量B
魔術回路・編成正常(起源の現出に伴い多少の変調あり)
CV橋詰知久


概要

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』劇中で行われた聖杯戦争に参加した魔術師。
ランサーのマスター。令呪は眼球に刻まれている。
「心理の支配者」の異名と典位を持つ、英国出身の一流の魔術師。封印指定が下る一歩手前の状態であり、時計塔から手出しされることなく自分の研究を完成させるため、時間稼ぎとして聖杯戦争に参加した。

人物

黒服とサングラスが特徴的な若い男性。
「執着」を起源に持ち、喜びも悲しみも無くただひたすらに根源を求め続ける性格で、人間味が非常に薄い。
サーヴァントに対する感情も特別な思い入れ等まったくなく、ランサーから見ても「人間と見なして良いか迷う」と評するほど。
そんな中、セイバーの願いであるブリテン救済のために人理定礎の破壊を行おうとするのこと愛歌を知り、初めて抱いた怒りという感情に自分で奇妙さを覚えながらも彼女の目的を阻むために立ち塞がる。

能力

感情を操作する霊薬の創造を得意とし、その面に関しては英国でも最上級と自負している。
自分の起源を術式に組み込んでいるため、そのことが効果の高さと独自性に繋がっているが、術式があまりにも独特で継承がほぼ不可能とみなされたため、封印指定秒読みとなっている。
その効果は常軌を逸しており、高い対魔力を持つ自身のサーヴァントに対してすら効果を発揮し、最終的には心を壊してしまうほど。

関連人物

ランサー
自分のサーヴァント。本人の性格もあり、道具に対するそれに近い対応。…

関連タグ

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ 封印指定

関連記事

親記事

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ ふぇいとぷろとたいぷそうぎんのふらぐめんつ

兄弟記事

コメント