ピクシブ百科事典

エルザ・西条

えるざさいじょう

エルザ・西条とは、『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

マスター階級第五位
魔術系統元素変換魔術
魔術回路・質C
魔術回路・量B
魔術回路・編成正常


概要

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』劇中で行われた聖杯戦争に参加した女性魔術師
ドイツ人日本人ハーフドイツを拠点とする魔術師の家系に生まれる。国籍は両国に有している。
契約したサーヴァントアーチャー令呪の位置は右胸上部。

やや赤みがかったショートヘアと花型のレースバンドが特徴。一人称は「あたし」。
実年齢は二十代だが、割と童顔の為か実年齢より若く見られがちで、居酒屋でアーチャーと同席していた時も店員から大学生同士のカップルと思われていた。

聖杯に掛ける願いは「全ての母と子に救いがある世界」
この願いは、かつて何らかの理由で自分の幼い息子を亡くした事と、某紛争国で血塗られた大虐殺の光景を目の当たりにした事に起因している。

聖杯戦争後半にアーチャーがセイバーと交戦している間にセイバーのマスターと出会ってしまったことで全ての運命が狂ってしまう事に…

人物

魔術師ではあるが感性は一般人に近く、一般人の感覚にも理解は深い。これは自分の家系が魔術師としては没落が確定しており、両親が彼女を「魔術師」としてでは無く「人間の両親」として愛情を注いで育てた事が理由。

しかし、世界中の紛争地を渡り歩いて来た経験から危険な状況でもそれほど取り乱す様子は無く、また居酒屋での飲食後に戦場へ赴く等、豪胆な一面も持つ。また、聖杯戦争参加者だけあって自分が死ぬ覚悟も他人を殺す覚悟も持ち合わせている。

現代社会における表の身分は報道カメラマンで、前述の紛争地帯への出向もこの身分を用いている。

一児の母だけあって料理も出来る様で、得意料理は日本とドイツ両国の家庭料理。

能力

風の元素変換を得意とするが、衰退しつつあった家系の生まれということもあってか魔術師としての力量は一流には遠く及ばない。

しかし紛争地帯を渡り歩いた経験や一般人に近い感性から、危険な状況でも平常心を保てたり、魔術師であるにも関わらず手榴弾などの火器に対しての偏見が無い、等の精神面的強さを持つ。実際に、聖杯戦争に参戦する前にこれらの武器を調達していた事が劇中で語られている。

人間関係

自分のサーヴァント。共に居酒屋で酒を酌み交わす等、関係は良好。アーチャーの方も彼女が抱える闇を見抜きながらも彼女の決断を尊重するなど互いに信頼し合っていたが、最後は悲しい別れをすることに。

敵対者。セイバーのマスター。
劇中で彼女と対峙した際に、年端もいかない少女である彼女に対し嘗て失った自分の息子を重ね、号泣してしまう。その結果完全に戦意を喪失してしまい、その隙に彼女に魔の手に落ちてしまった。
最終的には、愛歌の精神操作を受けて令呪を強制的に全て使用させられてライダー戦でアーチャーの自爆宝具を全力解放する事になってしまい、これでエルザは聖杯戦争から脱落した。

敵対者。バーサーカーのマスター。
彼から「聖杯戦争を止めたい」という願いを伝えられる。彼女自身もその姿に思う所があり、後にその話をアーチャーにしたことが回り回って聖杯完成を妨害する一因となる。
なお、彼から前述の話をされた後も己の願いを叶える為に彼を殺す覚悟を持ってはいたが、彼の言葉で生まれてしまったほんの少しの心の隙間が、前述の愛歌を息子と誤認する切っ掛けになってしまった。

  • エルザの両親
前述の通り、ドイツを拠点とした魔術師。
一族の没落がほぼ確定しているからかエルザに「人の親」としての愛情を注いできた。
エルザの方もそんな両親を裏切る形で聖杯戦争に参加した事にやや後ろめたさを感じていた。

  • ルカ
実の息子。劇中では既に故人。
何らかの理由で5歳にも満たない幼さでこの世を去った。

聖杯に懸ける願いがエルザと似ている。彼女の願いは『この世全ての子どもたちが愛される世界』。具体的には、生まれて来た子どもたち全てが両親からも周囲の人々からも愛され、そうして育った子どもたちが新たに生まれた命を愛する、という循環が成された世界。

関連タグ

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ 女性 母親 魔術師

pixivに投稿された作品 pixivで「エルザ・西条」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503689

コメント