ピクシブ百科事典

ネロ祭

ねろまつり

「ネロ祭」とは、『Fate/Grand Order』内の期間限定イベント。 2018年開催の類似イベント「バトル・イン・ニューヨーク 2018」についても本項で解説する。
目次[非表示]

概要

Fate/GrandOrder』の期間限定イベント。
その名の通りネロが主役のバトルイベントで、毎年9月にマイナーチェンジを繰り返しながら開催されている。
2018年は主催者の座を英雄王に乗っ取られたが、システム面はほぼ同じなので、実質的にはネロ祭の2018年版と呼んでいいだろう。

2015年版

イベント開催期間:2015年9月16日(水)~9月25日(金)
タイトルは「ネロ祭〜勝ち抜け熱闘コロシアム〜」

期間毎に予選・本選・決勝に分かれていて、各クエストで金・銀・銅のメダルを集める。

2016年版

イベント開催期間:2016年9月28日(水) ~10月10日(月)
タイトルはネロ祭再び ~2016 Autumn~ 」

基本仕様は前年と同様だが、今回はボックスガチャを回せる「深紅の花びら」が加わっている。
また、超高難易度の「エキシビションクエスト」も登場。
このクエストはコンティニュー不可で、今回専用の超性能を持ったサーヴァント達を相手にする。

2017年版

イベント開催期間:2017年9月6日(水) ~9月20日(水)
タイトルはネロ祭再び ~2017 Autumn~ 」

前年と同じく、金・銀・銅のメダル+深紅の花びらを収集する形式。ボックスガチャの景品には「オリンピアの体操服」の霊衣開放権もある。なお、前年のイベント礼装は流用出来ないので注意。

また、「エキシビションクエスト」は前年の復刻版に加えて新たなものが追加。
新規版については、サポートも含めて同一サーヴァントの出撃が不可能の制限が追加されている。

2018年版

イベント開催期間:2018年9月19日(水) ~10月5日(金)
タイトルは「バトル・イン・ニューヨーク 2018」

先述の通り、ギルガメッシュに乗っ取られた事で新たな装いのイベントに。通称ギル祭
ボックスガチャの引き換えアイテムは「AUOくじ」に、前年までの金・銀・銅メダルにあたる収集アイテムは、それぞれ「マッスルバーガー」「ストロングドッグ」「ワイルドポテト」になった。
ただしシステム自体は全く同じなので、前年までと同じ感覚で挑める。例によって、前年までのイベント礼装は流用不可能。
ボックスガチャの景品の一つ「金の延べ棒」は、集める事で新規実装のコマンドコードなどと交換可能。

恒例の「エキシビジョンクエスト」も、全て新規の内容に。前年と同様、サポートも含めて同一サーヴァントは出撃できない。

なお、メインクエスト後半では第七特異点の一部と同様、直前の会話の選択肢で戦うボスが変化する。片方を選ぶとアーチャーのギルガメッシュが相手になるが、もう片方を選ぶと…?

イベント礼装

2015年版

名前入手法イベント効果
不夜の薔薇※交換・ドロップ特に無し

2016年版
名前入手法イベント効果
白薔薇の姫※ボックスガチャ装備者の攻撃力+100%
ジョイント・リサイタル交換・ドロップ深紅の花びらのドロップ数+1個
月に吼えるガチャ金メダルのドロップ数+1個
原初のレギオンガチャ銀メダルのドロップ数+1個
誉れは此処にガチャ銅メダルのドロップ数+1個

ジョイント・リサイタル
【宣】月に吼える
FGO概念礼装『原初のレギオン』



2017年版

名前入手法イベント効果
二神三脚ボックスガチャ装備者の攻撃力+100%
チア・フォー・マスター交換・ドロップ深紅の花びらのドロップ数+1個
バトル・オリンピアガチャ金メダルのドロップ数+1個
フード・コロシアムガチャ銀メダルのドロップ数+1個
マッスル・キャバリエガチャ銅メダルのドロップ数+1個

2018年版
名前入手法イベント効果
リターン・マッチボックスガチャ装備者の攻撃力+100%
C・K・T交換・ドロップAUOくじのドロップ数+1個
Gilgamesh in NYガチャマッスルバーガーのドロップ数+1個
摩天楼に輝くガチャストロングドッグのドロップ数+1個
ショウ・タイムガチャワイルドポテトのドロップ数+1個

※が付いた礼装は、現在レアプリズム交換で入手可能。

関連イラスト

2016ネロ祭
Nero Festa 2016


ネロ



関連タグ

Fate/GrandOrder
Fate/GrandOrderのイベント一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロ祭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 933639

コメント