ピクシブ百科事典

セイバー(Fate/EXTRA)

あかせいばー

『Fate/EXTRA』シリーズにおけるプレイヤー側サーヴァントの一人。通称「赤セイバー」。
目次[非表示]

拳を握れ、顔を上げよ! 命運は尽きぬ!
なぜなら、そなたの運命はいま始まるのだから!

プロフィール

真名ネロ・クラウディウス
身長150cm
体重42kg
スリーサイズB83/W56/H82
出典史実
地域古代ローマ
属性混沌・善・人
イメージカラー薔薇の赤
特技何でも出来るぞ!、帝国の拡大である!(EXTELLA)
好きなもの自分、奏者
苦手な物節制、反逆、没落
天敵セネカ(教師)、アグリッピナ(母親)、アルキメデス
設定担当奈須きのこ
CV丹下桜


概要

Fate/EXTRAシリーズ』に登場するセイバー主人公サーヴァントの1人。
赤く豪奢な舞台衣装に身を包んだ小柄な少女。
尊大かつ自信満々な性格で、自身を「万能の天才」「至高の芸術」と称しはばからない。
難易度は一番簡単な「イージー」。

呼称は赤を基調としたこのセイバーは「赤セイバー」や「赤王」で通っている。公式でシナリオライターの奈須きのこ他からもこのように呼ばれており、pixiv上でも「赤セイバー」でタグ付けされる。初期の頃は「セイバーエクストラ」とも呼ばれていたが、現在はほぼ使われていない。

続編である『Fate/EXTRA-CCC』では、初期衣装「束縛の花嫁衣装」を着たセイバーが「セイバー・ブライド」名でフィギュア等の商品が出ている。メインビジュアルでもあるため認知度が高く、これはタグとしても機能している。同新作発表会においては中の人が「嫁セイバー」と名づけたため、以後「嫁王」と呼ばれることも。

stay night』に登場した青いセイバーと外見は似ているが全くの別人。スケスケのスカート巨乳で判別されたし。メタ視点で見ればそっくりだが、両者と面識のあるガウェイン卿が無反応だった点を鑑みると瓜二つという訳ではないらしい。きのこ曰く「うどんと蕎麦くらい違う」との事。

実際に、後年に共演した『Fate/GrandOrder』や『Fate/EXTELLA』などで見比べてみると、彼女の髪型の方はインテークでありアホ毛がやや長めなど、衣装以外でも双方で異なる部分が分かりやすい。

人物

一人称は「余」で、マスターを「奏者(そうしゃ、マスター)」と呼ぶ。ミューズさえ羨む余を奏でる者、という意味らしい。
自信過剰で美と芸術にうるさく装飾華美を愛する性格。皇帝なので敬えと上から目線だが、明るく闊達でマスターを子犬のように慕うので、中の人や原作者からも「かまってワンコ系」と言われている。饒舌で気に入らない人間には挑発的、少々自嘲癖あり。

ワガママな暴君キャラで勘違いされやすいが、彼女は他者の在り方を「それはそれで良し」と認め拒絶する事はまず無い。ストーリー序盤での主人公に対する酷評も、彼女自身の素直な評価であり拒絶や見下す意図は皆無である。
自分を「完璧な存在」と評する彼女の絶対的価値観は「(その在り方が)美しいかどうか」という極めて主観的なもの。召喚の間での主人公が灯した火種を美しいと感じたからこそ、セイバーは主人公の手を取ったのだ。
つまりムーンセルが主人公にセイバーを当てがったのではなく、セイバーが主人公の呼びかけに応じ舞い降りたのである。

自身を安売りしない彼女がサーヴァントという使い魔の立場に納得しているのは、それが「自身を最強かつ優秀な存在である事を証明するもの」だから。ぶっちゃけ自身の最強を証明できればマスターはカエルでも構わないらしいが、本編では彼女好みの美しい魂の持ち主と巡り合えたため結果オーライ。

ちなみに両刀で「美少年は良いが美少女はもっと良い」と語る。人間が好きで、童女も美青年も美老年も褒める。美形ではない主人公を在り方が美しいと気に入っているので、お眼鏡にかないさえすれば何でもいいのだと思われる。

なお、彼女の服装は作中では「男装」として認識されている。が、周りからも「どこが?」とツッコまれる事は多い。一応性別を隠す目的などはなくセイバーの完全な趣味だとか。スケスケのスカートや半ケツな部分は芸術性の発露とのこと。『Fate/EXTELLA』の形態変化時のコスチュームの方がよほど男装らしい

真名

Scarlet


帝政ローマでキリスト教徒の虐殺を行ったとされる有名な暴君。ローマ帝国の第五代皇帝。
正式な真名は「ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス」。
生前は元老院に対する姿勢から、死後は宗教弾圧から暴君と呼ばれた。

貴族より市民を愛し第一としていた為政者だったが、彼女の発揮した『愛』は市民の求める『愛』とは違ったため、通じ合えなかったのが心残りだった。
最期は帝位を追われ自決したが、自分の人生を思う存分楽しんだと、謀略と苦悩に塗れた自身の人生は後悔していない。

能力

センシティブな作品


芸術家を自称するセイバー自ら鍛えた真紅の剣、隕鉄の鞴「原初の火(アエストゥス・エストゥス)」(剣に彫られた銘は「regnum caelorum et gehenna(レグヌム・カエロルム・エト・ゲヘンナ:天国と地獄の意でどちらもキリスト教の語)」)を用いた正面からの戦闘を得意とする。

自身の能力を上げての物理攻撃に長け、高いHPと耐久力に加え蘇生スキルも持っている上に、宝具の使用にも複雑な下準備を必要としないため、初心者でも扱い易い。ただし、魔力が低いため、スキル攻撃は防御しないとキツイので要注意。
ゲーム内では最優のクラス「セイバー」の名に恥じない高性能を誇り、彼女を選んだ時の難易度が一番簡単になっている。

なお、本来彼女の適正は指揮官系サーヴァントでありセイバーの適正は持っていない(彼女の生前の武勲に剣技によるものは無い)。しかし「万能の天才である自分には最優のセイバーがふさわしい」という理由から、スキル「皇帝特権」により無理やりセイバー適性を獲得している。

ただ、コミカライズ版によると剣技の才能自体は生前から持ち合わせてはいた模様(事実「皇帝特権」でも当人に資質のない技術は会得しづらいとされている)。
また『EXTRA』本編の発言からライダーアサシンとして召喚される可能性も示唆されている(ちなみにライダークラスに関しては「戦車は得意だが、アレはお尻が痛くなるから嫌だ」との事)。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
EXTRA主人公DDABAB
FGO主人公DDABAB

筋力・耐久は低めで魔力が平均以上という、ゲーム本編とはほとんど真逆の印象を与えるステータスである。

保有スキル

皇帝特権(EX)本来持ちえないスキルでも本人が主張すれば短期間獲得できるというチート能力。皇帝特権は騎乗・剣術・芸術・カリスマ・軍略等のスキルを獲得可能で、ランクA以上にもなれば肉体面にかかる負荷(神性)ですら獲得できる。ゲーム中ではパッシブスキルの「黄金律」と「剣術」(CCCのみ)を獲得している。
頭痛持ち(B)生前の出自から受け継いだ呪い。精神スキルの成功率が著しく低下し、芸術の才能を十全に発揮できない。
対魔力(C)元々対魔力が皆無な為、クラススキルの恩恵を受けても対魔力のランクはCで、セイバーのクラスにあるまじき低さと言われている。
騎乗(B)乗り物を乗りこなす能力。Bランクで魔獣・聖獣ランク以外を乗りこなすことが出来る。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。ネロは本来ライダーが適正クラスであるため高ランクの騎乗スキルを持つ。
三度、落陽を迎えても(A)インウィクトゥス・スピリートゥス。彼女が自決する際の逸話がスキルと化したもの。ネロは自決の際に喉を短刀で3度突くものの死にきれず、結局は奴隷に介錯を頼んだとされている。また、自決から3日後、一人の兵士がネロの亡骸におそるおそる外套をかけると、「遅かったな。だが、大儀である」と、最後の言葉を遺したとも言われている。なおこの逸話の大元、スエトニウスでは百人隊長が訪れたのは自決を図った直後である。効力としては「戦闘続行」に近い。
富の杯(B)『FGO』にて「頭痛持ち(B)」が変化したスキル。詳細は不明。


戦闘スキル

花散る天幕(ロサ・イクティス)敵に向かって突進し、すれ違い様に斬りつけ、筋力ダメージを与える。
喝采は剣戟の如く(グラディサヌス・ブラウンセルン)斬り下ろし、斬り上げ、斬り下ろしの三連撃。敵に筋力ダメージ。
喝采は万雷の如く(パリテーヌ・ブラウセルン)敵に筋力ダメージ。喝采は剣戟の如くの強化版。『Fate/EXTRA』のみ使用。
燃え盛る聖者の泉(トレ・フォンターレ・アーデント)3ターンの間、ATTACKの攻撃力が上昇。
傷を拭う聖者の泉(トレ・フォンターレ・テンプティス)3ターンの間、BREAKにHP吸収効果を付与。
時を縫う聖者の泉(トレ・フォンターネ・テンプティス)3ターンの間、GUARDに対ATTACKスタン効果を付与。
星馳せる終幕の薔薇(ファクス・カエレスティス)CCCで追加。剣で弧を描いた後、炎を纏った剣で突きと炎の攻撃を放つ。相手に筋力ダメージ+燃焼の状態異常を付与。


宝具

招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)

赤セイバー


  • ランク:B
  • 種別:対陣宝具
  • レンジ:30、60、90
  • 最大捕捉:100人、500人、1000人

生前ローマに建設した劇場を魔力によって形成、再現した空間。自己の願望を達成させる絶対皇帝圏を展開する、世界を上書きする固有結界と似て非なる大魔術。

さらに、この空間内では最強剣技「童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)」が使用可能。
GrandOrder』では「童女謳う華の帝政」名義で登場し、『EXTELLA』では、劇場展開後に「童女謳う華の帝政」を繰り出すといったように関連は深い。

詳しくは該当記事を参照。

外部作品

コハエース

作者の趣味からほぼレギュラーに。基本的に青いのと醜いポジション争いをしているが、最近ではその息子やらるろうに娘やらが増えて危機感を感じつつある。ちなみにEXTRA本編を差し置いて記念すべきアニメデビューを飾ったのもこの作品。いいのか皇帝陛下。

路地裏さつき

2013年エイプリールフール企画のノベルゲーム。
主人公の弓塚さつき達に立ちふさがる12人のゴールドヒロイン「アイドル皇帝赤セイバー」として登場。対応する干支は。なぜ虎に抜擢されたのかは不明だが、おそらくこれが元ネタと思われる。

脚本はコハエース作者の経験値。イラストは『EXTRA』コミカライズ担当のろび~な某青狸のガキ大将以上の歌声で一行を苦しめたが、セイバー系ヒロイン撲滅を目指すヒロインXの聖剣の前に敗れた。

倒れる間際、自分が倒れてもまた新たなセイバーが現れるという某大魔王風の予言を残した。この予言は後にその通りになり、現在もどんどん増えている。

赤生@ちゃんねる

赤生@ちゃんねる


2014年エイプリールフール企画のニコニコ生放送。
朝・昼・晩の三回に分けて放送され、キャス狐の艦隊を大破させかけたり、中の人を呼んだり、裏番組の会社の先輩をディスったりと好き放題していた。ちなみに本番組によると、たまに金ピカを物理で殴ってエリクサーをドロップしているらしい。赤王ちゃま、恐ろしい子・・・っ!!

Tmitter2015

2015年エイプリールフール企画のTwitterネタ。
芸能事務所「インペリアルローマ・プロダクション」の社長にして看板アイドル。日中は主に社内大運動会に勤しんでいたが、終盤の広報担当による脱税騒動では丹下スマイルを活かした堂々の謝罪(?)会見を行った。

Fate/GrandOrder

第二章クリア後にストーリー召喚へ追加される。レアリティは☆4(SR)。
メインシナリオでは、第1部第二章「永続狂気帝国セプテム」にて生前の姿で登場する。
まだ己の人生を完了してはいない「生者」なため、『EXTRA』本編時ほど達観してはいない。そのため、半ば感情的な判断から無用な戦いを招いてしまう場面もあった。
なお、本作に登場する歴代ローマ皇帝には、プロフィールに悉く「ネロも好き」と書いてあり、彼女の愛されっぷりが窺える。

本作主人公に対しては、絆レベルに準じて信頼関係を築く『EXTRA』に近い反応をする。ただしマスターに対する感情は友情の割合が大きいようで、「奏者」とは呼ばない。すなわち、恋愛関係とはまた違う対等のパートナーとしての彼女を見ることができる。奈須きのこ曰く「このネロはデフォルトで、『EXTRA』からのイメージをそのまま引き継いでいます」とのこと。

ネロ様~嫁王様~
センシティブな作品


2016年2月の「バレンタインイベント」では「セイバー・ブライド」が実装。クラスは同じくセイバーでレアリティは☆5。
さらに2017年8月の「デッドヒート・サマーレース!」にて新たな水着姿での実装も実現した。クラスはなんとキャスター、こちらも☆5と今期に実装された水着サーヴァントでは最高ランク。

ゲーム上の性能

カードバランスは「Quick×1、Arts×2、Buster×2」と正統派セイバー。
しかし、元々がセイバー適性ではない変則サーヴァントからか、AttackとHPは他セイバーに比べると心許ない。

そんな彼女の強みはトリッキーなスキルにある。「頭痛持ち」による精神弱体耐性UPとHP回復、「皇帝特権」で攻撃力or防御力UPをランダムで付与&HP回復と、足りない部分を自らのスキルで補っているまさに皇帝スタイル。

さらに2016年1月20日の更新で3つ目の絆クエストが実装され、新たな保有スキルとして「三度、落陽を迎えても」(自身に5ターンの間3回分のガッツを付与)を習得できるようなった。ターン制限付きとはいえ、3回も戦闘不能から復帰可能という破格の性能を誇り、これによって元々のしぶとさがより強固なものとなり、『EXTRA』さながらの不沈サーヴァントぶりを再現可能となった。

さらに2019年2月20日「深海電脳楽土 SE.RA.PH -Second Ballet-」開催と同時に実装された強化クエストをクリアすれば、「頭痛持ち」が「富の杯」へ変化。【20~30%のNP増加とフィールドが水辺か都市の場合に自身のArtsカード性能アップ】の効果が追加された。

宝具は「童女謳う華の帝政」。種別はArtsで、効果は【敵全体に防御力無視攻撃&防御力ダウン(1ターン)】。
正確には「招き蕩う黄金劇場」との複合で、黄金劇場を展開したのちに「華の帝政」で敵陣を一閃の下に斬り伏せるという『EXTRA』演出の再現となっている。2つ目の絆クエストをクリアすると、性能が「C-」から「C」に向上する。

スキル「皇帝特権」のランダムバフが入ればそれなりの火力を叩き出す事が可能な上に、「富の杯」により単騎でも開幕宝具が狙いやすいため、周回クエストでは中々優秀。またArts攻撃のため、他サーヴァントとの組み合わせ次第では、宝具によるNP回収も出来る。ライバルの様な関係にあるキャス狐のスキルと相性が良いのはなんの因果だろうか。

また、HP回復量を強化させる概念礼装メイド・イン・ハロウィン』と高相性で、スキルLvが最大ならば未凸でも8000強、最大開放ならば9000以上というボスキャラの如き回復量を発揮するため、土俵際からでも一気に安全圏まで戻せる。
ゆえに、単騎での背水の陣こそ彼女の独壇場となる。……肝心の礼装がまたしてもキャス狐関連とは。
なおArts関連の礼装にキャス狐が絡む率は高く、Arts主力のネロとはここまでくると腐れ縁である。

さらに2016年9月の期間限定イベント『ネロ祭再び~2016 Autumn~』に伴い、戦闘モーションが刷新。ネロらしい華麗かつダイナミックな剣捌きを見せてくれる。宝具も更に凝った演出へと昇華した。

余だよ☆


翌年の『ネロ祭再び ~2017 Autumn~』では、霊衣開放にて体操服姿を見れる。

関連人物

EXTRAシリーズ

EXTRA主人公
愛しの奏者(マスター)。元から両刀なので性別は気にしない。彼/彼女に褒めてもらう事が至上の幸せ。
『CCC』では全プレイヤーが思わず悶絶した「告白剣」にて奏者への愛を爆発させた。

キャス狐
マスターを巡り争い合う女狐。いけ好かないと言いつつも仲良く喧嘩し合う仲。

アーチャー
いつの間にかどこにでもいる世話焼き魔。『EXTELLA』では自陣営の副将であり参謀役。

赤ランサー
ドル友。互いに美声と歌声を褒め称え合う。
ドラマCD『ルナティックステーション』では禁断のコラボまで披露した。

アルテラ
『EXTELLA』にて敵対するサーヴァント。
その在り方を美しいと気に入るも同時に間違っていると指摘。好敵手と認め、剣を交える。
なお、ネロの持つ原初の火は「星の涙」という別名があり、何かしらの関係があると思われる。

Grand Order

カリギュラ
伯父である第三代ローマ皇帝。彼からは異常とも言える愛情を向けられている。

ロムルス
尊敬する偉大なる神祖。孫のように可愛がられている。

ブーディカ
生前における宿敵。ブリタニアの勝利の女王。ただ、直接対決をした経験はない。
第二章では再び現れたサーヴァントの彼女と共闘する。

藤丸立香
1部2章で一時的に臣下に加わり、その後カルデアで共に戦うことになった人類最後のマスター。
彼/彼女とは、「フランクな関係の戦友」といった感じで、未来での運命をぼんやり感知しているのか「奏者」という呼び方はしていない。
どこまでも凡庸だが、だからこそ一瞬に全力を賭す懸命さと純粋さを好しとしている。
ちなみに後日、彼/彼女向けに違う自分が召喚されている。

その他

青セイバー
見た目はどうあれ、設定的にはそれほど似てない騎士王。実はそこまで仲は悪くない。
……というか、アーサー王伝説には「ネロ帝時代のローマ帝国こそアーサー王の求めた治世だった」という俗説が存在するうえ、私的な性格を抜きにすれば、どちらも「国家」を第一に根差して“利他的な理由で戦える”王者気質が共通しているため、精神面で相通じるところがあると思われる。
コハエース』ではブリテンVSローマの仁義なき激闘を繰り広げる。

沙条愛歌
ネロの好みにドストライクな妹系デンジャラスゾンビ
『超時空!トラぶる花札大作戦』EXTRAルートにて彼女をお持ち帰りしようとする。
なお当の彼女自身からは「私以上の変態」とドン引きされている。

関連イラスト

fateいろいろ
ネロ様


センシティブな作品センシティブな作品


ネロ
炎の麗人



関連項目

Fateシリーズ Fate/EXTRAシリーズ セイバー(Fate) サーヴァント
セイバー・ブライド セイバー・ヴイナス
皇帝 暴君 芸術家 露出狂 音痴 両刀 金髪碧眼

Wセイバー ドル友コンビ 三大騎士クラス セプテム組
男主剣/剣女主

関連記事

親記事

セイバー(Fate) せいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイバー(Fate/EXTRA)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21376534

コメント