ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

恐れずに進め。

少年はいつだって、荒野を目指すものだからな。


プロフィール

真名無銘
クラスアーチャー
性別男性
身長187cm
体重78kg
出典
地域
スリーサイズB97 / W81 / H96
誕生日消失
属性中立・中庸
イメージカラー
特技ガラクタいじり、家事全般
好きなもの家事全般(本人は否定)
嫌いなもの未熟な自分
天敵メルトリリス(EXTRA)、アルトリア(EXTELLA)
設定担当奈須きのこ
ILLUSTワダアルコ
CV諏訪部順一

※ プロフィールの出典地域は本百科の推測なので注意。


概要

一般的には刀剣や書画などで製作者の名が刻まれていないもの、もしくは元々銘が刻まれていたが摺り上げにより銘が消えてしまったものを指す言葉である。創作作品では「名工が密かに作り、自分の名前を刻めなかった」「製作者が歴史から抹消された」などの理由で無銘とされることがある。


本項では『Fate/EXTRA』に登場するアーチャークラスサーヴァントの真名について解説する。


主人公のパートナーとなるサーヴァントの一人。

赤い外套を纏い、褐色の肌をした「弓兵」クラスのサーヴァント。


同じゲームに別のアーチャーが登場するため、こちらはそのカラーリングから「紅茶」と呼び区別するファンもいる。また赤セイバーキャス狐から「アチャ男(さん)」と呼ばれる事もある。


真名

無名


真名は『無銘』。名前のない英雄。架空の英霊。フェイカー。

かつて正義の体現者として人生を費やした、錬鉄の魔術師の末路。生前、奇跡の代償として「死後の自分」をムーンセルに売り渡し、以後ムーンセルに使役されている。「正義の味方」という概念が人のカタチで起動した存在。人々に認められなかった名も無き正義の味方の代表者。

故に真名も元となったあの少年の名前では無く、ただ「無銘」となっている。


この英霊の元になった人物、そういった過去を歩んだ人物は確かに存在するが、彼が英雄として祀られた時点でその名前は人々の記憶、歴史から忘れ去られている。それ故なのか、彼の『無限の剣製』の時の詠唱では、"剣"を『つるぎ』ではなく『けん』と詠んでいる。


人物

基本的に『Fate/stay night』のアーチャーと性格はあまり変わらない。

小言や皮肉を言いニヒルな態度ながらも、奮闘する主人公を温かく見守り支える「守りし者」。

後述の経緯からか『stay night』時よりも態度は若干気さくで柔らかい。


一人称も英霊としては「私(わたし)」、個人としては「オレ」と頻繁に使い分ける。

前作からのキャラモチーフということもあり、続投キャラとの絡みや関係性にニヤリと出来る。


Fate/stay nightとの関係

『stay night』のアーチャーと『EXTRA』のアーチャーが同一人物かは度々議論になっている。

原因のひとつが、公式サイドで発言が二転三転していることがあげられる。以下、例のごく一部。


『Fate/EXTRA』ビジュアルファンブック「一応彼は『stay night』のエミヤと同一人物ではあるんですが、真名はゲーム中でもあえて伏せています」
『Fate/EXTRA material』用語集「同一存在だが、同一人物ではない」

これらはいずれも作者である奈須きのこの発言・奈須きのこが参加した設定資料集の記載であり、現在の最新のものは『Fate/EXTRA material』用語集にあたる。


劇中での言及通り「『EXTRA』のアーチャーは大衆が望む「正義の味方」という概念が人のカタチで起動したものであり、もはや個人ではない」ということ、それぞれの過去に矛盾が生じること、英霊になるに至っての契約の相手も異なっている、『CCC』において年代の違いが明らかになるなどの本編内の描写から「平行世界の同一人物」という意味ではないかといった考えのユーザーも多く『どの程度のニュアンスで同一人物か』は人により解釈の違いが存在するため注意が必要。


一説には『EXTRA』のアーチャーが『SN』時とやや性格が違う理由としては、『SN』の時と違って自分殺しの願望が無いことが挙げられる(そもそも『SN』時は精神的には不安定で『EXTRA』時の方が素に近い)。一方、彼が『SN』における記憶を保持しているとも取れる点はあるので、もしそうだとすればそれも原因のひとつと思われる(ランサー戦の掛け合いや、バーサーカーと対峙した際の『巨人殺しには慣れている』というセリフや多数の為に少数を切り捨てた男の話など)。


が、そのひとつである金髪凛との因縁は『CCC』で他の理由付けがされているなど、細部が異なり厳密に言うと『stay night』の時の記憶を保持しているのではなく、作者曰く「『stay night』であったような因縁が『EXTRA』世界でもあったのだろう」ということが竹箒日記にて語られている。


また『SN』で彼が語った生前と『EXTRA』で彼が語る生前に若干の違いがある(こちらについては上記の通り公式側が二転三転しているため、偶々の可能性も高い)。一応、『SN』とは違う道を辿った彼、や、彼の末路のうち他の末路と似ている一つ、と考えれば多少強引だが納得出来る。


最近では、最新作である『Fate/Grand Order』における彼の描写について奈須きのこ本人が「アルトリアといると『stay night』に、『EXTRA』勢と一緒に出ると無銘に、という書き分けがなされている」と竹箒日記で明言しており、余計に存在の定義があやふやになった感が……


能力

スキルは若干異なるが、基本的には『stay night』のアーチャーと同じ能力。

弓の腕前は勿論のこと、弓兵でありながら一対の夫婦剣を用いた白兵戦も得手とする。


「無銘」となった事で筋力と幸運が上昇しており、更に魔術との併用で千里眼がC+にまで強化できるため、『stay night』のアーチャーより白兵戦と遠距離戦における戦闘能力が向上している。また投影の能力自体も上昇し、それにより宝具『熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)』の能力が格段に強化されており、『約束された勝利の剣』と同等の対軍宝具『転輪する勝利の剣』すら完全に防ぎきる。さらにはランサーの『刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)』でさえ無効化する。その性能は最早別物と呼んでいいレベル。加えて『CCC』では固有結界内限定(『EXTELLA』では結界無しで使用している)とはいえ彼の騎士王の聖剣を投影する『永久に遥か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)』を披露。多大なMPを消費する代わりに凄まじい威力を発揮可能となる。


結果的には投影魔術の向上によって、それに連なる全ての宝具が強化されたことにより、手数(神造兵装の複製)・武器の攻撃力・防具の防御力の大幅向上に、スキルとステータス強化による白兵戦能力上昇、同じく強化されたステータスとスキルによって本来の弓兵としての能力も上がったため、総合的に見ればエミヤの時よりも桁違いの戦闘力を得ることとなっている。


なお、生前においては銃も所持しており、必要に応じて使用していたらしいが銃弾には魔力を乗せづらく、サーヴァント相手ではせいぜい目くらましにしかならないという理由から作中で使う事はない。一方で、異なる歴史を辿った可能性の一つは二丁拳銃を武器にしていたりする。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
岸波白野CCCBD?

保有スキル

対魔力(D)アーチャーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。Dランクでは、一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。魔力避けのアミュレット程度の耐性。
単独行動(C)アーチャーのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。Cランクであれば、マスターを失っても一日間は現界が可能となる。
心眼(偽)(B)修行・鍛錬によって培った洞察力がスキル化したもの。窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す『戦闘論理』。※
千里眼(C+)視力の良さを示したスキル。遠方の標的の捕捉、動体視力を上昇させる効果を持つ。プラスが付いているのは『魔術』による瞬間的な向上を含めたものである。
魔術(C−)オーソドックスな魔術を習得済み。無銘の場合は、道具の本質を一時的に増幅する「強化」と、物質の構造を把握し、一時的に複製する「投影」を得意とする。

※ 用語集では「心眼(偽)」とあるが、説明文や内容などから恐らく「心眼(真)」の誤植。しかしマテリアルでも「心眼(偽)」と記載されている。誤植なのか、説明文のほうを間違えているのか……


宝具

無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)

  • ランク:E−〜A++
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:30~60
  • 最大捕捉:???

unlimited blade works


「I am the born of my sword.」

「―― So as I pray, 『Unlimited blade works』!!」


錬鉄の固有結界。本作にて初めて種別とレンジが判明した。

一定時間、現実を心象世界に書き換え、今まで術者が視認した武器、その場で使われた武器を瞬時に複製し、ストックする。ただし、複製した武器はランクが一つ下がる。


詳細は該当記事を参照。


永久に遥か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)

  • ランク:不明
  • 種別:不明
  • レンジ:不明
  • 最大補足:不明

 お 役 御 免 セ イ バ ー 


「この光は永久に届かぬ王の剣。『永久に遥か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)』!!」


かのアーサー王の所持していた聖剣エクスカリバーの複製品。『無限の剣製』の中でのみ使用できる投影宝具(固有結界を使わずとも投影自体は可能だと思われ、実際『EXTELLA』シリーズでは普通に投影して使用している)。上述の通り本編時より錬鉄可能条件の向上により神造兵装をギリギリ可能な劣化品として投影している。それでも彼が「禁じ手の中の禁じ手」と言うだけあって、他の投影品とは一線を画す莫大な消費MPと、それに見合った桁外れの威力を誇っている。

stay night』を知る者には、剣を構える様に手を添える騎士王の姿を幻視できよう。


各作品での活躍

Fate/EXTRA

主人公のパートナーサーヴァントの一人として登場。彼を選んだ場合のゲーム難度は普通……とされているのだが、突出した所の無い器用貧乏なステータスと独自ゲージ「投影精度」を1から上げつつ管理しなければならない面倒さから「後半はキャス狐の方が楽」という意見が多い。

ただし、宝具使用下でのスキル連発による火力はパートナーサーヴァントの中でも随一を誇る。


Fate/EXTRA CCC

月の裏側へ落ちた際、拘束具として「ハードでクールなジャケット」に衣装変更となった。

最初はかなり難色を示すもストーリーが進むにつれ割とノリノリになる様子が見られる。


主人公の性別で女性を選択すると若干ストーリーの内容が変わり特殊イベントが発生する。

また、隠しボスとして登場する某主従のサーヴァントと声の違いも必見・必聴。


Fate/EXTRA Last Encore

第一話において聖杯戦争予選の会場に彼と思わしき人物が現れたが、まるで朽ち果てる寸前の石像のような姿で顔に至っては目の辺りが欠けたようになっている状態であった。瀕死寸前の岸浪ハクノを追い詰めるも、現れたセイバーによって一刀のもとに切り伏せられ消滅した。その際、どこか安堵したような笑みを浮かべていた。シャドウサーヴァントのようなものだったのか。


Fate/EXTELLA

ネロ陣営の副官として登場している。今回の事件について何か事情を知っている様子だったが、実は彼は少し先の未来の剪定事象から来た漂流者でありアルキメデス目的アルテラ正体を知っており、彼を止めようとする主人公達の行く末を見守っていた。なおその剪定事象のルビはエクストラとなっている。しかし『Fate/EXTRA』本編とは同一というわけではなさそうである。作者曰く『EXTELLA』世界の無銘は「女主人公が勝利した世界」からの来たものとのこと。


Fate/EXTELLA LINK

デザインが大幅に変更されており、従来とは一線を画す長髪、クー・フーリンやメドゥーサと同様のサイバーチックな衣装になっている。


他作品での活躍

フェイト/エクストラ劇場

居なくなったマスターを捜しに保健室へと向かい、お約束の様に記憶喪失となる。

「タイトルが知っているものの違う」「型月でヒロインがボスキャラなのは今更」「アレとは何度もやりあった」などと、お前やっぱりアイツだろうと言わんばかりのメタっぷりを披露。


とびたて!超時空トラぶる花札大作戦

マスターのわがままから温泉を探していたところ、いつものメンツと共に冬木へと飛ばされる。

「設定:別人」を軽く無視した言動で一行を冬木観光に案内するなど、割とフリーダム。しかし気ままな女性陣にはやっぱり振り回されがち。なお、冒頭のとある台詞は中の人の妙演が光る必聴もの。ちなみに、同一視されている人物は本来、幼児の集団失踪やビル爆破を知らない筈だが、知っているそぶりを見せている。また、ジル・ド・レェ戦での会話での彼の知り合いと言うアンドロメダを襲った怪物と縁のある英霊というのはおそらくこの人(該当人物とは『Fate/EXTELLA』シリーズで対面する事になる他、別側面の宝具名がアンドロメダを襲った怪物の名前になっている)。


関連人物

EXTRAシリーズ全般

岸波白野

契約した未熟者のマスター。

皮肉的な態度を取りつつも支え、共に戦う。

主人公が女性だと、プライベート空間ではラブコメのような展開となる


赤セイバーキャス狐

同じく本作におけるメインサーヴァント達。

本編中での絡みは無いが、番外編ではお約束なメンツ。

基本自由人すぎる二人の言動に頭を痛めつつ振り回される。仕切り・ツッコミ担当。


Fate/EXTRA

遠坂凛

敵対するマスターのひとり。

生前、似たような面影の少女と会ったことがあるらしい。


間桐桜

運営NPCである上級AI。思うところがあるらしく「桜君」と呼び、優しい態度で接する。

しかしブロッサム先生では後頭部を44マグナムで撃たれるなど、割と散々な扱い。


緑衣のアーチャー

2回戦の対戦相手である世話焼きアーチャー仲間。生前の境遇や末路、方向性など共通点は多いものの相容れることは無かった。だが、ドラマCDのブロッサム先生によると食堂でトラップ談議を白熱させるなど悪友みたいな関係らしい。なおトラップにおいては緑の方は敵を殲滅するためのトラップを主とするのに対し、赤の方は敵を追い返すためのトラップを好むとのこと。


別のマスター

派生作品にあたる『Fate/EXTRA』ビジュアルファンブック中の小説では、本編中に登場する「親友」のサーヴァントとしても登場していることが確認できる(この時の主人公のサーヴァントは赤セイバー)。ドラマCD版でもとあるモブマスターのサーヴァントであることが仄めかされている。


Fate/EXTRA CCC

BB

マスターを月の裏側へ落とした張本人。桜の面影を多く残す彼女と戦うのは内心かなり抵抗感を感じ、主人公には敵と言いつつも色々思い悩んでいた。そして彼女が救われた際には安堵した。


メルトリリス

女難の相の鬼門たる存在。

主人公が女性の場合、熱烈なアプローチを受け、あげくマスターに令呪で爆発を命じられかける。


Fate/EXTELLA

アルテラ

元いた世界では倒してしまった存在。その経緯を辿ったからか残り2体のアンチセル達への対処を間違え世界が破滅した模様。別の結末が無かったのかとアンチセル達のことを考えている。


アルトリア・ペンドラゴン

いつか何処かの世界で出逢った騎士王。

どこぞの英雄王と違って「人のまま王になった」その姿に並々ならぬ憧れと敬意を抱く。

そして『LINK』での掛け合いでは、彼女から同じ陣営で戦える事を喜ばれていた。


Fate/EXTELLA LINK

ギルガメッシュ

別の世界では殺しあった仲で、この世界でも「贋作者」と呼ばれている。無銘の側も『王の財宝』を使いこなせないなら宝の持ち腐れ、内容は常々確認しているとの趣旨の皮肉を飛ばしている。


関連イラスト

弓主アンソロとか【エイプリルフール】FGO×CCCおめでとう

ガイアが俺にもっと溺れろと囁いている長髪無銘


関連タグ

Fate/EXTRAシリーズ サーヴァント アーチャー(Fate)

正義の味方 傭兵

あのバカは荒野を目指す:上述のセリフと類似したタイトルの漫画。若き日の自分の過ちを正しに過去へ現れるという無銘の元ネタを思わせる作品。原作者は藤子・F・不二雄先生である。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1576917

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました