ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

  • ランク:不明
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:不明
  • 最大捕捉:不明


アーチャーが使用する結界宝具にして、彼が持つ最強の防具。
その名の通り、真名を解放すると7枚の光のが花弁のように展開する。

アーチャー固有の宝具ではなく、元はギリシャ神話トロイア戦争にてアイアスが使用した盾。一枚一枚が古の城壁と同等の防御力を持ち、英雄ヘクトールの投擲を唯一防いだという逸話から投擲に対しては無敵とされ、『この盾の前には、投擲など1枚羽にも届かず敗退するのが必定。少なくとも使用者であるアーチャーが知る限り、この守りを突破する槍など有り得ない』と作中で語られている。ただしアーチャーの能力の関係上、魔力の消費は剣の2~3倍にもなる。

また、ランサーの「突き穿つ死翔の槍」は完全に防ぎきる事ができず、威力は大きく削いだものの盾は全て破壊されアーチャーは腕をボロボロにされてしまった。

他の宝具にも言える事だが、彼がどこでこの宝具を投影したのかは全くの謎である。

ルートによっては衛宮士郎も投影するが、彼の場合は魔力が足りず、4枚しか展開できない。
また、別のルート(アニメ版UBW、美遊世界)でも投影しているが、ある人物から十分な魔力供給を受けた状態でも5枚が限界である為、魔力だけでなく投影の技量も関係してくると思われる。

FGOにおいて、ギリシャ文明の実態が判明し本物のアイアスもビームシールドである可能性がでてきた。しかしそれだと、アーチャーはある意味偽・螺旋剣同様超兵器を投影していることになるが..

Fate/EXTRAシリーズ

こちらではアーチャーのスキルとして登場。
投影レベル5の時にのみ発動可能で、一手のみだがあらゆる攻撃を防ぐ。

消費MPの多さと条件の関係から数ターン必要且つ、多用できないできないのが難点だが、「刺し穿つ死棘の槍」だろうと「転輪する勝利の剣」だろうと、問答無用で無効化する凄まじいまでの防御性能を誇っており、ファンの間では「全て遠き理想郷(ロー・アイアス)」とまで言われるほど。

余談

ヘクトールが投擲したという不毀の極槍はアルテミスの矢とぶつかり合っても無傷である事が近年の作品で発覚しており、そんな槍を防いだ原典のアイアスの盾の防御力の高さは相当な物である事を窺わせる。(アーチャーがB+ランクの『突き穿つ死翔の槍』完全には防げなかったものの殆ど威力を削ぎ落しており、アイアスが防いだという『不毀の極槍』はAランクである。この事から原典のアイアスの盾は最低でもAランク相当の宝具は防げるという事になる。)

作中に「アーチャーが知る限りこの守りを突破する槍などあり得ない」とあることから、オリジナルの大神宣言すら防げる代物という可能性がある。

関連タグ

Fate/staynight Fate/EXTRA 宝具 
アーチャー(Fate/staynight) 衛宮士郎 無銘

関連記事

親記事

無限の剣製 あんりみてっどぶれいどわーくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「熾天覆う七つの円環」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました