ピクシブ百科事典

エミヤ・オルタ

えみやおるた

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

「おまえがマスターか。ひどい面構えだ。まあいい。おかしなナリをしているがこれでもアーチャーだ。せいぜいうまく使え」

プロフィール

真名エミヤ
性別男性
身長187cm
体重78kg
出典Fate/GrandOrder
地域日本
属性混沌・悪
好きなものもう忘れた
苦手なもの増えすぎてわからない
天敵ある魔性の聖女
ILLUST佐々木少年
CV諏訪部順一


概要

メインシナリオ第1.5部「悪性隔絶魔境新宿」にて登場するアーチャーサーヴァント
新宿のアーチャーが召喚した英霊の1人であり、近代装備に精通した異例とも言える存在である。

人物

皮肉屋で冷徹、自らを「傭兵」と呼び、報酬次第で仕事を請け負うリアリスト。
黒化英霊の例に漏れず、オリジナルにあった親しみやすい甘さ等はすべて排除されており、銃を使う戦闘スタイルからどことなくある暗殺者を想起させる。

理想もない、思想もない、それ故に効率の良い。
機械と同じさ、などと嘯く無銘の反英雄。
根本の部分で腐り果てているため、目的遂行のためには情け容赦ない殺戮を繰り広げる。

効率主義を一とし、目的達成のためなら手段は選ばず、味方に被害が出ようとあっさりと捨て駒として切り捨てる非情かつ冷酷な面を持つ。
ただ根は“英霊エミヤ”であるため、霊長の抑止力(アラヤ)の意向に沿って任務を全うし、有益と見れば共闘する意思も見せる柔軟さもある。そして非情ではあるが完全な悪党ではない。

そのためファンからは「正義の味方」が反転して「悪の敵」になったと言われることも(公式ではない点は注意)。

真名

名前の通り、エミヤがオルタ化した存在であり、武器も愛用の双剣さらに魔改造したと思しき二丁拳銃を操る(当初見た時「エミヤが飛び道具を使った」と驚いた人もいたのだが戦法も反転したと思われる)。
なお、この銃は銃剣の様に刃のついた構造になっている為、お馴染みの双剣スタイルに近い戦闘方法も可能。
これに関して、作中ではジャンヌ・オルタから「悪趣味」と言われている。

無論、一人の人間の人生がこうまで変貌するには理由がある。
剣の如き強靭な男の魂を失墜させたのは、聖母の如き慈愛を持つ一人の女だったと言われている。
男はこの魔性を追い詰めた代償として、その過程で多くの信者たちを手にかけ、彼らの命に殉じるように魔道に落ちた。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CBDBE?


スキル

対魔力(D)詠唱が一工程(シングルアクション)の魔術を無効にできる。
単独行動(A)マスターからの魔力供給を断っても自立できる能力。宝具の使用などの膨大な魔力を必要とする場合はマスターのバックアップが必要。
防弾加工(A)最新の英霊による「矢除けの加護」とでも言うべきスキル。防弾、と銘打っているが厳密には高速で飛来する投擲物であれば、大抵のものを弾き返すことが可能。
投影魔術(C)エミヤと同じく、投影魔術C(条件付きでA+)。ただし、ゲーム内で使用できるスキルランクのみ違いがある。
嗤う鉄心(A)反転の際に付与された、精神汚染スキル。精神汚染と異なり、固定された概念を押しつけられる、一種の洗脳に近い。与えられた思考は人理守護を優先事項とし、それ以外の全てを見捨てる守護者本来の在り方をよしとするもの。Aランクの付与がなければ、この男は反転した状態での力を充分に発揮できない。


宝具

無限の剣製(アンリミテッド・ロスト・ワークス)

[Fate/Grand Order] エミヤ オルタ


「I am the bone of my sword… So as i pray… 『UNLIMITED LOST WORKS』……!」

  • ランク:E~A
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:30~60
  • 最大捕捉:?
本来は世界を引っ繰り返す固有結界そのものを、相手の体内へ潜り込ませる性質を持つ魔弾を発射する。
命中した相手の中で固有結界は暴走し、体内から無数の剣を突き出しながら、彼の心象世界が一瞬だけ外界へ顕現する(この現象は、の固有結界の暴走と酷似している)。
その性質は、とある魔術師殺しの礼装に近いと言えるかもしれない。(見た目が似てるだけで、後述のように隕石などの回路もなにもない無機物にも通用するなど、実際の効果は別物だが。)
ちなみに、「無限の剣製」とされているものの、「限」の文字に削りとったかのような傷が重なっており、「無の剣製」とも読めるような表現になっている。
本編では小惑星を丸ごと粉々に砕くなど凄まじい威力を発揮した。
※実装当初は今までのUBWに倣いランクがE~A++だったが、何故かUBW共々ランクがE~Aに変更された。


関連人物

新宿のアーチャー:召喚者。皮肉を言いつつも彼に従う素振りを見せるが……?

エミヤ:反転前のオリジナル。彼自身は疎ましく思っている。

無銘:「正義の味方」という概念と一体化し、クールでワイルドになった反転前のオリジナル。CCCコラボイベントではエミヤ・オルタが特攻サーヴァントに選ばれたが、果たして…

クー・フーリン・オルタ犬猿の相手黒化英霊。犬猿の仲はオルタであってもやっぱり変わらなかった。しかし、プリズマ☆イリヤでは両方ともバゼットの説明のための出オチ要員にされてしまった。もっとも、基本武装からしてこちらではなく、エミヤの方がそのまま黒化したものであろうが。

殺生院キアラ:在り方が社会に伝播し害悪になるのなら何度でも殺す。

ジャガーマン:(依代になった人物とその息子に対して)取り返しのつかないことをやってしまった。

その他

Epic of Remnant』の発表当初からその真名解明について大きく話題をさらったキャラクター。
当初から銃身の大極図から「以前から存在が仄めかされていたエミヤのオルタ版か?」と言われていたものの、あまりに当人からかけ離れたラテン系染みた顔立ちと黒人系・アフリカ系的な褐色肌とタラコ唇から「ボブ」だのボブミヤという割と酷い仮称を頂戴していた。
結果的に予測は的中したものの、現在でもだいたい「ボブ」で定着しつつある。なんでさ
しかし、イラスト担当の佐々木少年氏がTwitterにて、「公式から情報開示OKの期日になった」ので投稿したオルタのイラストは、ゲーム内の立ち絵とは違い、老け込んだエミヤと言ってもおかしくない程に似ていた。

新宿ピックアップ2で修正される前は人物説明の「失墜」が「墜落」と誤植されていた。なんでさ(2回目)。…とはいえ、下記で語る事を考えると間違いとは言い切れないが。

Fate/EXTRA-CCC』とのコラボイベント「BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!」では、特攻サーヴァントになっている。
キャット『デトロイトのエミヤ、略してデミヤよ
エミヤ・オルタ「・・・#!!

関連イラスト

エミヤオルタ
オルタ


Lost Man
エミヤオルタ



【FGO】オルタナティブ


エミヤ・オルタ実装以前に投稿された、エミヤの黒化について考察した漫画。
その内容に「預言者」のタグが進呈された。

関連項目

Fate/GrandOrder サーヴァント アーチャー(Fate)
黒化英霊 銃剣 傭兵 

エンリコ・プッチ…見た目が似ている。



















この先ネタバレあり












彼はエミヤのオルタではあるものの、実はエミヤとはたどった経緯が違う存在である。エミヤからしてみれば殺したくなるくらいおぞましく思える存在(なのだろうと、オルタ本人は考えていた)。

なぜなら彼は生前の時点で既に、とある出来事が原因で魂を腐らせてしまった。結果、目的のために殺戮を繰り返すだけの執行者になり果ててしまった、可能性の末路。
死後に守護者となってから終わりのない殺戮を経験し魂を摩耗させたエミヤとは、成立した世界線からして異なる存在である。

エミヤが社会が生み出した名もなき正義の味方の一人ならば、彼は人理守護のためならばそれ以外のすべてを捨てることを良しとする、無心の人理守護の執行者といえる。

根本から腐り切ってしまったために道徳や親愛といったものを蔑んでおり、過去を失い記憶も消失していき生きる屍となったを己を嗤い続けている。
その姿を見てイシュタル(の中の普段は鳴りを潜めてる依代の少女)は、「だから言ったのに…全体の後始末なんて押し付けられたら、最期には必ず燃え尽きるんだって。でもそれが、あの英霊が目指した理想の姿なんでしょうね」とこぼしている。

霊基が破綻しており、エミヤの主夫属性を象徴する十八番だった料理も、味覚を喪失して作れなくなっている。
オマケに記憶力さえ低下しており、日記を書いて記録しておかないと1日分の出来事さえ憶えていられないほど重篤な記憶障害を患っている。

再臨を進めると記憶の消失が更に進んでいくが、絆を深めると精神が腐り果て全てを忘れてしまっていても彼はかつて衛宮士郎であったことがうかがえるセリフがある。

彼を引き当てたプレイヤーの一部では、霊基再臨するほど身体が崩壊していく姿とマテリアルやマイルームボイスの痛ましさから「初めて霊基再臨したくないと思った」という声が上がっている。
彼がこうなってしまった背景には、とあるカルト教団の女性幹部らしき人物の関与が仄めかされている。


とある世界ある国で起きた新興宗教。
その中には心に傷を負った、あるいは世間から除け者にされた才人が集まった。
世界をひっくり返す程の可能性を持ちながら、その組織には悪の理念など存在せず一人として悪人はいなかった。――――――――――その教主である女を除いては。

その女の持つ危険性に気がついた男は、自分の信念を曲げてでもその女を排除することを決めた。

男はその女を追い詰める過程で多くの信者を手に掛けた。
しかし、最後の最後でその女はビルから飛び降りて自ら命を断った。
結果として悪逆の報いを受けさせることが叶うことはなく、『無辜の人々を虐殺しただけの殺人鬼』と化してしまった男は自らが手に掛けた命の後を追うように失墜していった。

一人も、例外なく、活かしてはおけない。
二度と、同じケースを起こさせない。
あらゆる悪の痕跡を消す。
後に続く悲劇の可能性を潰す。
オレはそうやって生まれたものだ。
その為に、その為にーー

『その為に多くの命を踏みにじった。であれば今回も例外は許されません。』
『どうぞ思うままに、無銘の執行者。』
『最後の責務、存分に果たされますようーー』

捻れ狂い腐り落ちる



ロストマン


残存のセラフィックス職員を銃殺し、抑止力の使命を果たそうとするエミヤ・オルタ。その時、彼にとって非常に懐かしい霊基パターンが出現した。それは、過去に彼が気付いた危険が事実になった瞬間であるーー

かくしてカルデアのマスターは天体室にたどり着き、BBも倒された。そして、突如に訪れる暗闇の中、銃声とともに現れたのは、変わり果てた、名前を喪った、エミヤ・オルタだった死体(デッドマン)ーー

天体室の真実ーー128人のマスター候補(だった死体)を利用し、サーヴァントを繰り返して召喚し、聖杯戦争を繰り返す、システム・アニムスフィア。其れを暴く途中、彼の身体も徐々に蝕まれる。

ロストマンとの戦闘は所々特殊な仕様であった。まず、彼のクラスはアイコンが人類が滅ぼす悪の影に塗りつぶされ、アルターエゴ(そして恐らくムーンキャンサー)以外のダメージを等倍にする特異体質になった。また、ブレイクと共に、無敵貫通+宝具威力アップの不破の鉄心を常時バフとして発動し、さらに毎ターンアンプル使用を発動。アンプル使用はチャージ増加の代わりに彼のHPを2000減らす効果を持っている。このアンプル、漢字表記では髄液なので材料はお察しください。
ちなみにゲージは5になっているが、このアンプル使用のせいで彼の宝具発動タイミングがズレる事が起こる。

そして、もしプレーヤーはアンプルではなく自らのサーヴァントの手で彼を倒せば、一枚絵と共に、ストーリーはクライマックスに向かう。


結末

以後CCCコラボのクライマックスに関するネタバレを含みます。











最終盤、メルトリリスによるヴァージンレイザー・パラディオンにて致命傷を負ったビーストⅢこと殺生院キアラだったが、
消耗しきり動けないメルトリリスを無名の魔神柱で捕縛し霊基を乗っ取ることで再起を図るという足掻きを見せる。

もはやこれまでかと思われたその瞬間、戦いの直前にキアラの発していた、

「自分たちの利益にならないからと排斥する―――そのようなケダモノ達が人間だとでも?それでは無銘の英雄たちが、あまりにも報われません」

という自身を排斥した人々――――彼が本当に守ろうとしていた者たちを嘲るという行為が死に体となっていたはずの男を立ち上がらせた。

「いや、今度こそ次はない。このクレバスが貴様の墓場だ、ビーストⅢ」

残っていた髄液全てを用いて死に体だった肉体を強引に駆動。
銃撃でメルトリリスへの捕縛を退け、セーブワイヤーによってトリスタンに彼女を救出させ、自身は打つ手を失い沈んでいく怨敵の最期を見届けた。

電子の海で



「いや、いやです、こんなのいや!やり直し!やり直しを求めます!だって、だって―――だって本当に、私」
「まだ満足してない(あともう少しだった)のにぃぃいいいいい!」

「―――悪くない。最高の断末魔だ、殺生院」

pixivに投稿された作品 pixivで「エミヤ・オルタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3712004

コメント