ピクシブ百科事典

妖精騎士トリスタン

ようせいきしとりすたん

Fate/Grandorderに登場するアーチャーのサーヴァントである。
目次[非表示]

プロフィール

襲名トリスタン
真名???
身長170cm
体重54kg
属性混沌・悪・地
出典イギリス妖精史、及び異聞帯ブリテン
地域妖精國・ダーリントン付近
特技???
好きな物ヒールのある靴
苦手な物ごちゃごちゃうるさい雑魚・主人公
イラスト望月けい
CV和氣あず未


概要

Fate/GrandOrder』に登場するアーチャークラスのサーヴァント。2部後期OPに登場した三人娘の内、赤毛の少女の正体が彼女となる。

第2部第6章『妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ』開始に合わせて実装された。
トリスタンの名を冠しているが、無論、並行世界における性別の反転でもなく、ましてやトリスタン本人ではない。彼女はトリスタンの名を与えられた別人である。

容姿

妖精騎士トリスタン


全体的にどことなく某吸血嬢を思わせる赤髪のロングヘアが特徴。
肉付きの良い同僚とは異なり、こちらはスラリとした脚線美が自慢。それでいて出るところはちゃんと出ている超わがまま仕様。 ブーツの先をよく見ると鹿の蹄を思わせる造形になっているが…。

性格

妖精殺しだゾ☆
ざーこざーこ♥


赤髪やフェイルノート(トリスタンのものより小型で禍々しいデザイン)を使うという点ではトリスタンにそっくりだと言えるが、退屈を何よりも嫌い、気に入らない者は身内の妖精であれ、フェイルノートでズタズタに切り裂いて殺す加虐心あふれる性格。それを示すように暴力的な口調と女性的な口調が目まぐるしく入れ替わる。

忠義に厚い性格などオリジナルの面影がある同僚とは対称的で、他の二人はオリジナルに対して何かしらの反応を返す一方、彼女のみ関心・反応が全くと言っていいほどない。

この気性の荒さから『妖精殺し』『血の踵』の異名を取るが、『母親』に当たるモルガンやこの異聞帯担当のベリル・ガットなど、好意を示した相手にはとことん甘えるようである。

なお、ベリルからは何故か「レディ・スピネル」と呼ばれ、彼女もベリルのことを「レッドベリル」と呼び、以心伝心のようなやり取りも見せた一方、時々ベリルは彼女に意味深な沈黙を返すことがある為のように噛み合っているようで噛み合っていない模様。

なお、この呼び名は宝石の一種「スピネル」に由来する。この宝石は希少であるにも関わらず、ルビーに似た紛らわしい外見をしている為、人気がないというあんまりな逸話がある。(ちなみにベリルも緑柱石に由来している。)
......が、同時に、イギリスの王冠の一つ、大英帝国王冠の正面に据えられた宝石「黒太子のルビー」の正体という一面もある。

能力

トリスタン同様にフェイルノート(オリジナルとは形状が異なる)から放つ音波や弦で敵を切り裂く戦法を使用するが、赤黒い棘を発射するなどオリジナルにない能力も持つ。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香ACABDE


華奢な外見でありながら、何故か同僚よりも筋力が高い。

保有スキル

対魔力(EX)高ランクの魔術への耐性のみならず、決して自分のあり方を曲げないワガママさを表すスキル。
騎乗(A)何かに乗る逸話も全く存在しないが、自らの脚で大地を駆る存在であるが故にこのスキルを保有する。
陣地作成(A)モルガンによって魔術師として育てられた彼女は陣地作成スキルを有する。
祝福された後継(EX)モルガンの娘と認められた彼女には『支配の王権』が備わっており、マナの支配権を有する。
グレイマルキン(A)イングランド伝承の魔猫の名を冠するスキル。彼女自身が本来持つスキルだそうだが…。


宝具

痛幻の哭奏(フェッチ・フェイルノート)


  • ランク:E
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:無限
  • 最大捕捉:1人

対象がいかなる場所にいようと相手の体の一部から「相手の分身」を作り上げて呪い殺す技。汎人類史でいうと妄想心音に近い宝具であると言える。
宝具名に「フェイルノート」と付くが、作中でのモーションは敵の動きを縛り、丑の刻参りよろしく呪いのようなものを与え、体の内側から無数の棘を生やして攻撃するものとなっている…フェイルノートどこいった。

因みに「フェッチ」とはスコットランドドッペルゲンガーを指す。一方で、妖精の行ういたずらの一つ「チェンジリング」(取り替え子)の伝承において、子供と引き換えに現場に残される魔法を掛けられた木片を指すこともある。

2部6章においてベリルから教わり気に入ったので宝具に採用された経緯から、宝具でもある魔術と言える。

関連人物

属性がやや被っている相手で、特に己の業と向き合う前の彼女とよく似ている。
彼女の別側面の多さには引いている。

目障りと思いつつそのファッションセンスは参考にしている。

聖杯を自分のハイヒールにしようと考えたが、各々のエピソードによるろくでもない使われ方を知って止める事にした。

何故か一緒に靴を作っている模様。
ちなみに彼女も間違った聖杯の使い方をした一人で、下手すると前述の3人より無茶苦茶な事をしている。

同僚。悪趣味な視点から割と好ましく思っているが、同時に実力も認めている模様。なお、彼女に対して、思い切り正体である妖精の名前で呼んでいるため、安直に解放すると危険である。

加虐的な性格、ヒール、芸術家肌、トリスタンと関係があるなど共通点が多い相手。
ただし「母親」に対する態度は真逆である。

同僚や母が召喚即恋人扱いや伴侶扱いしてくる中、彼女は嫌いなものを聞かれた際にハッキリと主人公を嫌う発言をしている。
気分次第で相手を殺す彼女はかなり危険、なのだが誕生日にはプレゼントをちゃんと渡してくる。
更に絆礼装のテキストはそれなりに付き合いが良い様に思える書かれ方となっている。

彼女を後継者としている異聞帯の女王。立場としてはかなり優遇しているが、その割に愛情などはなかなか見えてこない。その真意は…?


関連タグ

Fate/GrandOrder 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ アーチャー(Fate)
メスガキ:第1印象がこれだったというユーザーが多い。だが、実際には胸も身長も初代ライダーさんに迫るほどあり、さらにそこにヒールがプラスされるため、「ガキ」と呼べるかどうかは怪しいところ。子供限定のバフが入らないからガキじゃないという根拠まで発生している。同時に紹介された妖精騎士ガウェインがあまりにもうぉ…でっか…であったため、比較で一見小さく見えてしまったのが原因。


真名はこちら

関連記事

親記事

アーチャー(Fate) あーちゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖精騎士トリスタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11443387

コメント