ピクシブ百科事典

ビーストⅢ

びーすとすりー

Fateシリーズに登場する特殊クラス『ビースト』のひとつ
目次[非表示]

概要

七つの人類悪の一つ、『愛欲(快楽)』の理をもつビースト。
ⅢはR・Lと対の概念が存在し、結果1つのナンバリングで2体ものビーストが顕現する。

Fate/GrandOrder』の世界線においては、

センシティブな作品



センシティブな作品


の二名がビーストⅢとして選出された。

2体のビーストはそれぞれ正反対の性質を持ち、それと不可分な人格面の相性も最悪な天敵だが、快楽によって人類を破滅させる事は共通している。

対との関係

上記にもある通り、ビーストIIIはLとRで対の関係になっている。
キアラがカーマについて何らかの心当たりがあると発言しつつそのやり口を酷評しているのも、

片や、「愛の快楽」の独占を渇望し、全人類の私物化を企む「自愛」のブラックホール
片や、全人類の渇望を献身で飽和させ、「愛の堕落」を企む「他愛」のホワイトホール

と、同じ愛欲の獣でありながら両者の愛のベクトルが相反する対極関係にある為。
『他者の愛(トラウマ)』を浅ましく貪る菩薩を魔王は軽蔑し、
『他者の愛(ごちそう)』をクズへ貶める魔王を菩薩は侮蔑する。

それは目的や方法だけに留まらず、状況や最期等、ありとあらゆる部分が徹底して対となっている。

キアラカーマ
自愛自分だけが愛おしい自分だけが愛せない
外見年増扱いされる若く見える
存在の拡張"一個の存在"として際限なく肥大する"無限の存在"として際限なく増殖する
仕切り直し"桜"に主人公を逃がされる"キアラ"に主人公を逃がされる
敗れた対象少女の恋に敗れる老婆の親心に敗れる
末路その場から身動きがとれずに海の底へ沈んでいく自由になりすぎたせいで空の果てへ放逐される
カルデアへの協力自ら力を貸すことを決めた誘われて乗り気になった
バトル特殊バフを多数使用。弱体化がかなり面倒なうえ弱体化したとしても強敵特殊デバフを多数使用。弱体化は比較的簡単なうえ弱体化した場合非常に弱い

センシティブな作品



関連タグ

サーヴァント ビースト(Fate)
深海電脳楽土_SE.RA.PH 徳川廻天迷宮大奥

関連記事

親記事

ビースト(Fate) びーすともしくはじんるいあく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストⅢ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 577392

コメント