ピクシブ百科事典

妲己(Fate)

だっき

『Fate/Grand Order』に登場するあるサーヴァントの暫定の真名。
目次[非表示]

この記事はネタバレ要素を含みます、ご注意ください!!





絶滅危惧種・・・なってみます?

プロフィール

真名妲己タマモヴィッチ
クラスアルターエゴアサシン?
身長???
体重???(霊基の質量は10万t)
出典日本三大化生、史実
地域日本中国
誕生日???
イメージカラー???
特技???
好きな物???
苦手な物???
天敵???
イラストワダアルコ
CV斎藤千和


概要

Fate/Grand Order』第2部『Cosmos in the Lostbelt』に登場するサーヴァント。
第三章人智統合真国SINにて、ゴルドルフ・ムジーク及び始皇帝の口から語られた、悪逆の美人秘書・コヤンスカヤの持つそれぞれの正体。

真名

その正体は、日本における玉藻前=白面金毛九尾の狐と同一視されている、殷王朝を滅ぼしたとされる傾国の悪女「妲己」。

そして、彼女と瓜二つなキャス狐がかつて分身として切り離したタマモナインの一人であり、その中でも『人を惑わし害する魔性としての悪性』としての一面が集中した個体であったことも事実上確定となった。

三章の前日譚では『TV(タマモヴィッチ)・コヤンスカヤ』という(響きだけならロシア圏にいそうな)フルネームを名乗っていた事も分かり、玉藻自身がかつて語っていた「敏腕美人秘書タマモヴィッチ」とイコールの存在である事も明言された。


そもそもNFFサービスも『Nine Fox Foundation』の略であり、彼女自身がそのボスであった。なお、名前からして玉藻やタマモキャット以外のナインもNFFサービスに属している可能性もある(玉藻自身も他のナインの実態を把握できていないので、可能性の話ではあるが)。
玉藻はマイルームで「私のうちの誰かが(敵に)関わっているのでは…」と不安がっていたが、その不安は見事に的中してしまった。

元々、初登場時点での情報からこれらの事実を予想していた声は多く、彼女はあえてそのド真ん中をストレートに突っ切って行ったと言える。
加えて彼女の立ち絵はワダアルコ氏であり、2018年3月22~25日開催の『AnimeJapan 2018』FGOブースでは、会場限定で2部序章がフルボイスで流されていた(※メディアも含め録画・録音一切禁止)際、彼女の声優が斎藤千和と判明。
この時点でおおよその正体は確定したと言っても過言ではない。

妲己


正体がバレた3章では、狐の頭の輪郭にも見える大胆な切り抜きで南半球エアーズロックを煽情的に晒したチャイナ服のような優雅な装いに扇子を携え、尻尾も耳も隠さなくなった。

人物

異星の神陣営のアルターエゴの1騎で、単独顕現のスキルと異星の神の許可により異聞帯を自由自在に飛び回り悪行の限りを尽くす殺人鬼
殺人及び殺人教唆を趣味とし、人間の悪意や悲劇を見る事を何よりも好む悪意まみれの性格をしており、関わった殆どの人物に嫌悪感や警戒心を抱かれている。
立場上は協力関係にあるクリプターの味方でもなく、隙あらば彼らにとっても迷惑な行動を取ろうとする事も少なくない。

『弱者から搾取する事で世の苦しみを忘れて生を謳歌する』、そんな社会構造を作っておきながらだと綺麗事を宣う人間の所業を心底軽蔑し、人間同士を潰し合いで自業自得の破滅に陥れることにこだわり続けている。

故に自ら手を汚して標的を殺すなど人間と同レベルの愚行と考えており、実力行使は極力やろうとしない。
と嘯いているものの、殺さない程度の加虐や、魔獣等をけしかけての間接的な虐殺行為に対しては暇がなく、時には多少仕事を疎かにしてでも行おうとする等、その害意を満たそうとする気概はもはや中毒といっても良いレベルである。

玉藻達に慣れているファンからはその残虐性が異常に映るかもしれないが、実際は逆であり、伝承からしても妲己の方が九尾本来の在り方で、それぞれ「善性」と「純粋さ」の象徴であった玉藻とキャットの方がイレギュラーと言える。

NFFサービスの稼業自体も、自分以外の全てを『売り飛ばす商品』か『吹っ掛けるカモ』としてコケにするだけの、人間の所業を皮肉ったごっこ遊びでしかないのである。
一方、玉藻の良妻属性、キャットのメイド属性同様、今のビジネスウーマンとしての在り方自体は強く気に入っている様で、契約上での嘘だけは(人間の様に)つかないとも語っている。

各章での行動

人智統合真国SIN

コヤンスカヤとして暗躍をしていたが、始皇帝に何度もわざと名前を間違えられ、最後はその正体をとっくに見透かされていた事が告げられる。
国民を虐殺して回っていた魔獣を放った事や、ただのサーヴァントとは思えないような要素の数々も既にバレており、衛士長の手によって捕獲され、死なない程度の拷問にかけられるという処置が行われた。

この想定外のピンチを脱するべくカルデア一行と仕方なく一時共闘することになり、虞美人の危険性を察知してサポートを行う程の掌返しを見せた(当然ながら、主人公達は最後まで信用せずに警戒していたが)。

その際、解毒薬を渡す事を"取引"した事で素直に渡すハメになったが、持っていたのは自分が毒を飲んでしまった保険用の1個だけ。主人公とゴルドルフがこれを巡って争えば彼女にとってはご満悦だったのかもしれないが、結果平和的な解決に収まった事で不満を漏らした。

阿房宮では国民の有様を「キャットタワーのネコ」「家畜」と蔑んでおり、中国異聞帯の異常性についてはかなり難色を示していた。人間という種を嫌う彼女だが、家畜として扱われていることについては別の意味で論外だとか。
最終的に徹底して異聞帯の拡張を拒む虞美人に痺れを切らし、空想樹を強引に出現させて共闘を破棄。しかしそれにより更に奮起するという始皇帝の前向きぶりに、遂に音を上げて退散した。

主人公の分の解毒剤は、死んだ後墓前に供える形で取引を済ませようとしていたが、無事生き延びた為、仕方なくシャドウ・ボーダーへ潜入してこっそり置いていく形となった。だが何故彼女が再度侵入できたのかという新たな謎が残った。
(というのも、これに関しては新所長がカルデア来訪前に彼女から渡された口紅をマーカーにされていた)
直後にシャドウ・ボーダーはノウム・カルデアでメンテナンスが行われるため、入念に調べられることは言うまでもない。

能力

二つのクラススキルによって異界を含むあらゆる所に飛び回って暗躍できる上、危機を感じた場合すぐに逃走することが可能。
その他魔獣を調教する術に長けており、ある程度雑なものでも高度な集団戦術を習得させるレベルで、それらを自身の毛に息を吹きかける事で召喚するといった仙術にも通じている。

ただし本人は術よりも道具を使った方が楽だと称しており、事実近代兵器から即席のブービートラップといった、幅広い道具を扱っての作戦行動に長けている(特に前者は、山肌を高速で滑り降りるコンテナにライフルの銃弾を命中させる腕前である)。

一方、驕りと不可分たる悪意の権化であるが故に、相手の力量や可能性を低く見誤りしっぺ返しを食らう事もしばしば。
はっきりとした敗北の描写があるため、単純な戦闘力は一線級のサーヴァントとまではいかないようで、この姿のままで拘束されると(仙術による特別な拘束ということもあったのだろうが)、ピンチに陥っても本来の力を出しての反撃が出来なくなってしまう模様。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
異星の神????????????


スキル

単独顕現(?)あるクラスのクラススキル。召喚などを必要とせず、単独で現世に現れることができるスキル。時間逆行などによるタイムパラドックスによる消滅や即死攻撃の類を全て無効化する。
気配遮断(?)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。


関連人物

  • 異星の神

主君。なのだが、ラスプーチンや道満と異なり妲己は仕事を真面目にやっていないような描写がたまに見られる。
妲己はこの存在の許可に関係なく異聞帯を飛び回ることが可能なのが殺人鬼っぷりに拍車をかけている。

異星の神陣営のアルターエゴの1騎である神父
妲己とは逆に私情を持ち込まず冷徹に仕事をこなす中間管理職。
完全にナメ切っている。

異星の神陣営のアルターエゴの1騎である陰陽師
人の不幸は蜜の味を地で引く外道どうしだがまだ道満の方が真面目であり、悪行を仕事と両立する道満仕事そっちのけで悪行を優先する中毒者である妲己では悪意という部分では(暫定では)大きく異なる。
インドに移住しているそのさまに呆れている。

お互い正体を知っていた人外。しかし虞美人は他者の中でも陰険な妲己をとりわけ嫌悪しており、出禁を命じられるも無視した。

力を封じた状態とはいえ傀儡で妲己に初めて絶叫レベルの大ダメージを与えた者。彼女が見かけ通りの存在でない事を見抜いており、下手に殺してしまうともっとマズイことになるという判断から封印という手段をとられ、完全に封印できるまでの間、適度に力を奪う程度の拷問にかけられた。
彼女の殺人鬼っぷりを知っており、たとえ自分の異聞帯を出ても他の地域で人間に対する狼藉を働くことまで見抜かれていた。

捕縛時に攻撃してきた小動物。正体発覚前にされた所業から「シスベシ」と殺意を向けている。

タマモナインとしての本体(?)。
ただし彼女のスタンスは「苦手なもの:他の自分」であり、妲己の事も「贅沢狐」と忌み嫌っている。

自身と同じタマモナインで、ある意味対極に位置する存在。
妲己の事は「タマモ属の株を下げる」として迷惑がっている。

余談

ちなみに始皇帝に間違われた呼称は以下の通り。
「コミンスキャー」「コミンスキー」「コナンスキャー」「コリャンチワワ」「タユンスカポン」「コヤス某」

4番目以降からが特に酷く、5番目に至っては原型すら留めていない。そして6番目に関しては彼女を捕獲したのちの出来事であり、カルデア陣営と取引しようとする際に言っていた名前なので、どうやらわざと間違えたというよりは、コヤンスカヤという偽名など最初から覚える気がなかったのではなかろうか。

更なる謎

一方で、彼女はただのサーヴァント(そして分身)ではない事を匂わせる伏線も張られている。

  • 『単独顕現』が可能(玉藻には不可能。単独顕現ができるクラスは…)
  • 神父曰く、彼女の一連の行動は「人類を(殺すのが大好きだから)愛している」という最低な「人類愛」に基づいていると称されている(ちなみに、玉藻の大元であるアマテラスもまた自身のことを「人類悪」と称している)。
  • カイニスから“『愛玩』のケモノ”と呼ばれていた
  • ヒナコからは「国を滅ぼすことしか出来ない女」と罵られる
  • 始皇帝からは霊基の質量がケタ違いと言われる(10万トンという怪獣クラスの霊基であり、始皇帝もドン引きしていた)
  • 霊基の事を指摘された一瞬だけ、理性ある者とは思えぬ形相になっている。
  • そして始皇帝から無力化されても消滅(死亡)せず、次の章には何事もなかったかのようにピンピンした姿でいる(ガチで痛かったらしいが、普通のサーヴァントならとっくに消滅している。この事から、この姿でも耐久面も規格外である事が伺える)。
  • 単独顕現持ちでどこかで見たことがある姿をした最低最悪の外道という共通点の塊が本当にビーストだった。

…以上の事から、彼女には隠された真の姿がある事を匂わせている…!!

関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt
アルターエゴ(Fate) アサシン(Fate)
コヤンスカヤ タマモナイン キャスター(Fate/EXTRA) アサ狐
殺人鬼 外道 悪趣味 悪女  エージェント

キルバーンオル・ゴール……実質こいつらの女版である。
エボルトベルク・カッツェロイド・イングラム……バックがいるということ以外は完全なる同類

関連記事

親記事

アルターエゴ(Fate) あるたーえご

子記事

  • アサ狐 なぞのふぉっくすえっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妲己(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1023225

コメント