ピクシブ百科事典

随喜自在第三外法快楽天

ずいきじざいだいさんがいほうかいらくてん

「Fate/EXTRA CCC」最大のネタバレ
目次[非表示]

Fate/EXTRA CCCにおける随喜自在第三外法快楽天


殺生院キアラパッションリップメルトリリスBB(Fate)間桐桜を取り込み、ムーンセルを掌握しアンデルセンの宝具で魔人化、真性悪魔の域に達した状態。
詳細は聖女の深層を参照。








以下、『Fate/Grand Order』コラボイベント「深海電脳楽土_SE.RA.PH」に関するネタバレを含みます。



































Fate/Grand Orderにおける随喜自在第三外法快楽天



「2017年、2月。
他のスタッフがそうであるように、私にも変調が訪れた。」

「他人を信じられない。自分だけが愛おしい。
良識も道徳も、腐った食べ物のように気持ち悪い。」

「それは私のこれまでの人生を否定する感情だった。
なぜこんな事になったのか、泣きたくなる。」

「……教会の外では今夜も祭りが行われている。
焚き火と銃声。狂ったように笑う男たち。生贄。」

「その光景を私は感慨もなく見下ろしている。
自分の精神が冷たいものに変わっていくのを直視している。」

それでも私には責任感がまだ残っていた。
何故なら。人々の精神を治療するために、私は招かれたのだから。」

「たとえ最後の人間になっても、
スタッフたちに殺される事になったとしても、」

「私は最後まで、暴走しつつある集団心理をほぐし。
理性的な習慣を維持させなくては───」




「FGO」世界において、人理継続保証機関カルデアの関連施設である海上油田基地セラフィックスに勤務する善良なセラピストであった殺生院キアラも紆余曲折を経て、随喜自在第三外法快楽天を名乗る。

こちらの世界でも14歳まではFate/EXTRACCCC世界同様に病に苦しみながら誰からも助けられなかった不遇の生活を送っていた。
だがなんとこちらでは自分で治療法を見つけ出すのではなく、山の外から現れた医者に治療され回復。山に囚われることなく幸せな学生生活を送る。

この経緯の違いによりCCC世界とは価値観が大きく異なっているようで、持ち前の聖母性から様々な人々を救う。しかしその無償の行為により既得利益団体から攻撃を受けて社会から悪者にされ居場所を失うが、気にすることなく辿り着いたセラフィックスで多くの患者に向き合い精神に苦しむ人々の力になっていた。


しかし魔術王を名乗るものとの決戦直後の2017年1月。キアラは時間神殿から逃げ延びた魔神柱ゼパルに取り憑かれてしまう。
怪我の治療と新たな命題のためにセラフィックスを潜伏先として支配する手先にされたキアラはゼパルにより善性を封印され、加えて並行世界の記録でキアラの起こした事件を知ったことで月の霊子虚構世界SERAPHで魔性菩薩となったキアラを同期させられる。

こうして強引に現された内面の醜悪さは、ゼパルの想像を遥かに超えたものであった。
電脳化から更にSE.RA.PHへと変化したセラフィックスでゼパルに絶対服従の僕として行動し職員たちを依存させつつ、彼に肉の快楽を教え込み堕落させ、いつしか逆に管理する立場となっていった。
そうして並行世界を閲覧出来るようになったキアラは最も優れた自分であるCCC世界の虚数事象の中の自分と融合を果たし、魔神柱を自在に操る魔人と化した。

時間神殿で何度も英霊達に殺され続けると言う状況をゼパルから聞いたキアラは、その無数の苦痛と快楽を自らも味わいたいとして自らビーストになることを決める。
気まぐれに一人一人職員たちを脱落させながらゼパルが望んでいなかった地獄へとセラフィックスを変化させ、更には職員に自ら秘匿施設である天体室を開放するように仕向けてサーヴァントを多数召喚し聖杯戦争を起こし、彼らを養分として吸収しだす。
その管理役として月の自分が取り込んだBB、手駒としてメルトリリスとパッションリップをサルベージして配置。無数の聖杯戦争の末、キアラはビースト幼体になり、更にSE.RA.PH自体を自分の次の身体として変化させていった。

この頃にはゼパルの権限は爪の先ほどしかなくなり(しかもその僅かな権限もキアラによって意図して与えられていただけのもの)憑依したゼパルが自分を拒絶できなくなる様にしながら、その矜持を徹底的に蹂躙しつくし、挙句の果てに残された意識を塵の様に捨ててしまった。
更に直後の会話でゼパルと言う名前さえも直ぐに忘れ去っていた。まさに外道(もっともその後主人公たちとの会話では普通にゼパルの名前を出しているので会話していたBBへの嫌味とも取れるが)。

その最終計画は自分自身を特異点と化し、完全にキアラとなったSERAPHを地球の中心核へと到達させることで地球の頭脳体へと昇格、地球の性感帯となって地球全ての人間の命を使い絶頂を迎えることである。
『愛を快楽に』し、人を愛し、人を悦ばせようとした殺生院キアラが第三魔法に至った時に彼女は人ならざるものに変生した。

以上の本性により決定された彼女のクラスは『快楽』の獣ビーストⅢ、その半身であるビーストⅢ/R(ラプチャー)。
其は個人が到達した、人類を最も端的(最短)に救う大災害。快楽天なぞ偽りの名。
七つの人類悪“愛欲”の理を持つ獣である。


プロフィール

クラスビーストⅢ
真名殺生院キアラ
性別女性
時代21世紀
地域SE.RA.PH
属性?・悪


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
なしCEXBEXAEX


能力


『CCC』では神話礼装という大幅なブースト、キアラに取り込まれた者からの抵抗によってなんとか倒すことができたのだが、『Grand Order』ではムーンセルの力が無いとはいえ、セラフィックスそのものをSE.RA.PH及び自らの肉体とし、ビーストの一体に数えられるその凶悪さをいかんなく発揮。一戦目ではダメージを与えることすらできず(最終ターンに限り、マルタや新宿のアヴェンジャーなどが持つバフ引っぺがし効果を含むスキルによって、全体から見れば僅かではあるがダメージを通すことは可能)、彼女に対するカウンターであったBB達が徹底的なまでの対策をすることによって、二戦目からようやくまともな戦闘にこぎつけることが可能となる(ちなみに彼女がやろうとしている事は、電脳化している今の状況を利用して『地球の中心に潜行し、地球の頭脳体、ひいては地球全体を自身の性感帯として快楽を得る』というCCC経験プレイヤーが「またそれかよお前……」とゲンナリする程の変態行動である)。
同イベントの序盤からKPなる使用用途不明のポイントの収集があったが、ビーストIII/Rとの戦闘にあたり解禁。KP(キアラパニッシュ)のアイテムが用意され、それを購入していくことで大量にあるビーストIII/Rの権能を引き剥がしていく方式である。
余談だが、コンティニュー不可状態を解除するKPの名称は、月において彼女のサーヴァントであった童話作家の著作「人魚姫の原文」である。

保有スキル


獣の権能(A)対人類、とも呼ばれるスキル。ビースト時はAだがアルターエゴに変化するとDランクに落ちるという。
ロゴスイーター(EX)快楽天としての特性。万色悠滞から派生した特殊スキル。どのような規模・どのような構造の知性体であれ、知性(快楽)を有するもの全てに強力なダメージ特攻を持っている。これもアルターエゴになると大幅にランクダウンするという。その特性もCランクまで落ちればさわりのようなものに。まさに前戯に等しい。
ネガ・セイヴァー(A)救世主(セイヴァー)の資格を持ちながら、自身の世界のみを救世しようとした獣の末路。セイヴァー、ルーラークラスが持つ全スキルを無効化、魔力ランクA以下の対象への魅了確率300%、キアラの手によるバフ効果200%アップ
カルマファージ(EX)キアラが自らの体をSE.RA.PH化した際、その五感……性感帯……をスキルとして切り分け、他者に分け与えたもの。BBが人間への愛情を余分なものとして切り離し、アルターエゴを作った手法を真似たと思われる。KPと略され、それぞれボディ・サイト・マウス・スパイス・オルガン、と名付けられた。これらを与えられたセンチネルはキアラの権能を使わされているため、たいへん強力なサーヴァントとなるが、センチネル側からこの権能を切り離すことができず、一度SG全てを晒した戦いで敗れなければ切り離せない。

ヘブンズホール

人類悪◆変生


五感全てに作用しどれか一つでもキアラを美しいと感じた相手を魅了するスキル『五蘊黒縄』を封じられたキアラが変じた状態の名称。マテリアルではこの姿でビーストとして登録されるためこれがビーストとしてのキアラの真の姿と思われる。
その姿は異質で、角の部分は名も無き魔神柱で代用され、下腹部から胸部近くまでの位置に眼が数個存在している。
彼女が乗っている巨大な両腕の形をしたものも、中身は魔神柱の集合体である。

なおヘブンズホールとは第三魔法と呼ばれる魔法の亜種である“天の孔”であり、
社会が存在する上でなくてはならない機構として人間の悪性情報―――『この世全ての欲』を受け止め、広がり続ける、ブラックホールあるいは廃棄孔である。
彼女の宝具『快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)』の解説ではビーストⅢは現実に出来た『孔』そのものとされているが、その孔とはこの天の孔と思われる。



なお、CCCともFGOとも違う並行世界において、世界では心に傷を負った者、異才故に世間に混じれず孤独だった者などを中心としたカルト集団の教祖として君臨し、その世界で唯一キアラという存在が抱える危険性を知り抹殺しようとしたある無銘の英雄に追い詰められる過程で多数の無辜の人間を死なせた上に最後は彼の前で彼のつまらなさに失望しながら自殺したらしく精神的に破滅させている。
並行世界を閲覧したことで事の顛末をある程度把握していたFGO世界のキアラはその無銘の英雄を煽り、彼を追い詰めた人間たちもケダモノと嘲笑うが…





アルターエゴ


色々あって主人公たちにその目的を阻まれ敗れたビーストⅢ(キアラ)本体は消滅したが、力の一部をアルターエゴとして残し、カルデアに召喚可能とした。

ビーストとしての権能は基本的に弱体化、あるいは自己封印しているが、本人の性根は多少丸くなったとはいえ微塵も変わっていない。
とはいえ契約が終わるまで禁欲生活をすることを誓っており、目に付く者すべてを餌食にしようという考えはなくなっているため(基本的には)安全。
しかしマスターへの態度は欲望に負けて自分に溺れることを楽しみにしつつ自分の誘惑に負けないように応援してくるという仏敵マーラのような厄介さである。

CCCでのサーヴァントであったアンデルセンとはイベント内では絡みがないが、マイルームではアンデルセンに対して「存じません」と言いつつCCCで彼から言われた罵詈雑言を並び立てて「同じパーティに入れないでくださいね。後生ですよ?」と言ったりととても意識している。
好きな物を聞くと「童話ですが、私ももう大人ですのでいつまでも好きな訳ではありません」と答え、嫌いな物を聞くと「口が悪く偏屈で悲観主義。やることなすこと刺々しい。素直ではない男性が大変気に入りません」と答える。

プロフィール

真名殺生院キアラ
性別女性
クラスアルターエゴ
身長166cm
体重53kg
属性混沌・悪
出典Fate/EXTRA-CCC
地域SE.RA.PH
ILLUSTワダアルコ
CV田中理恵


能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DA+B+EXEEX


スキル

千里眼(獣)(D)視力の良さ、より遠くを見通すスキル。Aランクに達すると相手の心理や思考、未来や過去さえ知ることが出来る。千里眼としてのランクは低く、遠くを見通せるものではない。ただし、目の前の人間の欲望や真理を見抜き、暴きたてる。……それだけなら賢人としてのスキルなのだが、相手の獣性・真理を暴いた事でキアラ自身が高ぶり、随喜を得てしまう。獲物を前にして舌なめずりをする毒蛇のように。
五停心観(A)ごじょうしんかん。殺生院キアラが開発した医療ソフト。メンタルケアを目的として作られた電脳術式で、精神の淀み・乱れを測定し、これを物理的に摘出する事で精神を安定させる。もともとは患者の精神マップを作り、これを理解するために作られた。
女神変生(EX)変化スキルの最高位。女神に変生(へんしょう)する。CCC世界のキアラは月のSE.RA.PHを利用してこのスキルを獲得し、文字通り「神」となって全人類をただ己の快楽のために消耗しようと画策した。使用者に多重のバフ効果をもたらすが、同時にデメリットを負うことになる。キアラの場合は体力に大きなマイナス補正が入る。
獣の権能(D)ビーストクラスのスキル。対人類、とも呼ばれるスキル。ビースト時はAだがアルターエゴに変化するとDランクに落ちるという。
単独顕現((E)単体で現世に現れるスキル。並行世界や時間逆行等の攻撃にも耐性持つ、いわば運命即死耐性。これが虚数事象の記録にも対応している為、キアラ事件は無かった事になってもキアラ本人の記録は消えない。
ロゴスイーター(C)快楽天としての特性。「万色悠滞」から派生した特殊スキル。どのような規模・どのような構造の知性体であれ、知性(快楽)を有するもの全てに強力なダメージ特攻を持っている。これもアルターエゴになると大幅にランクダウンするという。その特性もCランクまで落ちればさわりのようなものに。まさに前戯に等しい。
ネガ・セイヴァー(A)救世主(セイヴァー)の資格を持ちながら、自身の世界のみを救世しようとした獣の末路。セイヴァールーラークラスが持つ全スキルを無効化、魔力ランクA以下の対象への魅了確率300%、キアラの手によるバフ効果200%アップ。


宝具

快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)

  • ランク:EX
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:
  • 最大補足:七騎

詳細は同項目参照。

性能関連

2017年5月1日から開催の『BBちゃんの逆襲』イベント期間限定で5月10日に実装。レアリティは☆5。イベントシナリオの最期にてアルターエゴ化を仄めかすセリフはあったが僅か4日で回収され、実装となった。
実装に際しては正式な事前告知なしでのゲリラ実装であったこと、これまでのキアラの所業・そのキャラクター、クラスがアルターエゴだが中身はビーストであること等の様々な事情が絡み、ユーザー間で「引けても嬉しくない☆5は初めてだ」などの発言も飛び出す賛否両論となった。そして同時にピックアップされたのは因縁深いエミヤ・オルタである。

アルターエゴ」は「ライダー」「キャスター」「アサシン」に攻撃有利、「セイバー」「アーチャー」「ランサー」に攻撃不利で、防御は有利不利を持たない。
エクストラクラスの「ルーラー」「アヴェンジャー」及び同時実装の「ムーンキャンサー」とは相性なし、「バーサーカー」「シールダー」とは他クラスと同様。
攻撃面での有利クラスは多いが倍率はバーサーカーと同程度の模様であり、他クラスと比較すると全体的にやや控え目な与ダメージとなる。
ただ、クラススキルの多くがビーストの固有スキルでありアルターエゴの皮を被ったビーストといっても過言ではない。
クラススキル『ネガ・セイヴァー(A)』によってルーラーに対し特攻を持つため、アヴェンジャー、バーサーカー以外に有効打を狙う事が可能となっている。
防御面ではバーサーカー以外からは全て等倍で半減なしだが、クラススキル『ロゴスイーター(C)』の『「人型」の敵からの攻撃に対する防御力をアップ』を持つため、対サーヴァント戦で有利か。
上記の点を考慮すると「攻撃有利範囲が狭まった代わりに、スター集中度と防御面の不安を解消したバーサーカー」と考えてよいだろう。
コマンドは《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバータイプ。
なお、クリティカル威力アップを複数持っている割に星出し性能は控えめであり、防御・回復能力はそこそこあるがあと一歩足らないという性能から、星出しとバフ役としてとあるキャスターとの相性がかなり良い。仲いいなおm(掌底)
ちなみに、攻撃モーションでは光弾や名もなき魔神柱を使っているのに対して、ExtraAttackでは詠天流・四念回峰行を繰り出し自ら敵を殴りに行く(通常モーションでも掌底打ちを繰り出すが)。スキル使用モーションはダキニ天法だと思われる。


余談

何気に彼女は(メルトリリスの行動によって無かった事にされたとはいえ)ゲーティアですら成し得なかった主人公の殺害に成功している。

pixivに投稿された作品 pixivで「随喜自在第三外法快楽天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1521134

コメント