ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私はカーマ、愛の神です。でも、私に恋愛相談とかはしないほうがいいと思いますよ?

プロフィール

真名カーマ(カーマ/マーラ)
身長156cm
体重46kg
性別女性
属性混沌・悪・天
出典インド神話/『徳川廻天迷宮大奥
地域インド/日本
好きなもの誰かの邪魔をすること、煩悩堕落、ダメ人間、甘いもの
嫌いなもの第三の目(シヴァの、あるいはそれに類するもの)、パールヴァティー、シヴァ、キラキラした人間
一人称私(わたし)
二人称貴方/貴女
三人称彼/彼女
マスター呼称(真剣な時、本気な時)マスター/(上から目線、見下している時)マスターさん
設定担当水瀬葉月・奈須きのこ
ILLUSTRedrop
CV下屋則子


表記の性別・身長・体重は基本状態のもの。(BBと同じ身長、体重、バトルグラフィックの大きさであることから第2再臨だと考えられる。)
霊基段階あるいは「愛神の神核」により相対する者の好みに応じて、年齢感と共にある程度変動する。

概要

Fate/Grand Order』に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆5。
イベント『徳川廻天迷宮大奥』にて登場。
聖杯戦争の関係者「間桐桜」を依代とした神霊系疑似サーヴァント
本来の「カーマ」という神性は男性神であるが疑似サーヴァントとしての「カーマ」は女性神。
先に現界していたパールヴァティーとの縁から影響を受けたとされ、パールヴァティーが憑依・融合するに当たって切り離されていた依代の悪の側面(鬱屈した自意識・性格・趣味嗜好)に、気質の似通ったカーマ/マーラの一側面(人間を堕落させる方向性)が惹かれ、一体化し女神として誕生した経緯を持つ。

ビーストⅢ/Lであるが、そのビジュアルコンセプトは『女の地獄』『膨大なひとりの少女(あるいは膨大な少女性)』となっている。

本来はアーチャーの適正を持つためか、アサシンながら攻撃手段は弓である。
ちなみにアサシンとなった理由は不明だが、諸氏の考察では「最高神であるシヴァに(意図していないにしろ)不意打ちを与えた」「同一視されるマーラの語源が『殺すもの』」からではないかと言われている。

Kama
センシティブな作品センシティブな作品


第一霊基は幼い少女の姿だが、再臨で若返る諸葛孔明とは逆に霊基再臨することで成長していく。
最初は『Fate/Zero』での幼少期の桜に近い幼い少女、第2霊基は「マキリの杯(黒桜)」状態の桜に近い10代ほどの姿。第3霊基ではセクシーで大人びた女性の姿になり露出度も一気に上がる。また、手足に宇宙のようなエフェクトと青い炎を纏うようになる。

宝具や攻撃演出も大幅に変わるのが特徴。しかもマイルーム会話では第1・第2・第3霊基と3パターンが用意されている圧巻のボリュームである。

真名

センシティブな作品


インド神話における愛の神・カーマ
「カーマ」という語はサンスクリット語で、愛、欲望、性愛、憧れ、情熱を意味する。
バラモン教の時代から存在する概念であり
ヒンドゥー教カーマ・デーヴァはこれを神格化したもの。

神話において何度めかの神々の危機が訪れ、ターラカという魔神が神々を苦しめていた。それを解決できるのがシヴァとパールヴァティーのなした子だけであることを神々は知り、愛を司るカーマに「修行中で禁欲中のシヴァを欲情させてほしい」と依頼した。

かくしてカーマはシヴァの修行する外界に降り立ち、シヴァに愛欲の矢を突き立てることに成功する。だがカーマの権能はシヴァに僅かな動揺を与えただけであり、怒ったシヴァは修行を邪魔したカーマを第3の目で焼き殺してしまった。
哀れ、カーマは神としての肉体を失い、「アナンガ(身体無き者)」と呼ばれる存在へと貶されてしまったのである。

ちなみに問題の神々の危機は、シヴァが別の機会にパールヴァティーと愛を育み、子をなしてその子が解決した。
つまりカーマは完全な殺られ損だったのである。

カーマは別の神性のマーラと同一視されている。どちらも「修行者の邪魔をする者」カーマ/マーラとして概念的に一括りに語られることがある。
マーラの語源は「殺すもの」とされており、「魔」「魔羅」「魔王」などと訳される。
煩悩の化身であり、仏教においては六欲天の第六天、他化自在天に住まう「第六天魔王波旬」である。

マーラは釈迦が菩提樹の下で悟りを開こうとした際、様々な邪魔を行ってそれを阻止しようとした。
美しい三人の娘を送り込む(自身が変じたとも)、
火の円盤を投げつける、岩石や武器を降らせる、
怪物達に襲わせる、豪雨や嵐……
しかし釈迦は投げられた円盤や武器を花に変じてしまい、悟りの阻止はできなかった。

此度の顕界に際してはこの2つの神性が混ざりあったほんの一端の側面が依代の少女の悪の側面を土台に結びつきカーマ/マーラという疑似サーヴァントの女神という形でおさまっている。
これにより引き継いだ記憶も2つの神性が混ざりあったものでかつ一部分であるため大元となっている神の記録に関して知識としては知っているが実感がないものがある。
そのため彼女は伝承にあるカーマ・デーヴァに対しては「元々のカーマ」と呼び客観的に捉えている。

シヴァを邪魔するカーマ、釈迦を邪魔するマーラとして示されるように、「修行者を邪魔するもの」としての位置づけである。
カーマ/マーラは愛という概念の良否を同時に表わしている神だとも言えるのかもしれない。

人物

神霊系疑似サーヴァントとして、その人格は依代の少女ものとカーマ/マーラのものが混じり合って第三の人格を形成している。
性格、判断基準、趣味嗜好など精神的な部分は依代の少女(主にネガティブな面)としてのものとなっている。甘い物が好物であったり、他者に対して嗜虐的浮かれやすい性格なのはそのため。
他の神霊系疑似サーヴァントと同じく記憶、経歴は神霊としてのものとなっているが、メドゥーサが微妙に気になって「ライダー」と呼んだり、"恋人""先輩"を結び付けないなど無意識部に依代側の記憶が影響している。

形成された人格は何事に対しても無気力無軌道無関心な、超ネガティブダウナー系。
他者へ示す態度は嫌気と卑屈ばかり、期待も執着も一切感じ取れず、口を開けば(自身も含めた)あらゆるものへの皮肉と嫌味が滑り出るなど、非常に自虐的で拗ねた性格をしている。

サーヴァント化の経緯から自身を「パールヴァティーの闇の面」と称しており、その捻くれぶりは当初のジャンヌ・オルタに近く、同時にツンデレっぽいところもある。
だが、それらの性格はその経歴からグレてしまったせいで形成されたものであり、根は真面目で努力家な優等生タイプ。普段でこそ悪態と無関心を装っているが、一度やる気スイッチが入れば徹底的に事に当たり、努力を惜しまず物事を完璧にこなそうとするところがある。
ちなみに依代から血筋である「遠坂うっかりエフェクト」をも受け継いでしまっているため、完ぺきにこなしているつもりでも、うっかり失敗してしまうこともよくある様子。なお、それが彼女を憎めない悪役へと昇華させている。

 逸話にもあるように「」を司る神であるが、上記のようにとばっちりで焼き殺された上、「愛を与える神が愛されることは無い」「世界に紛争があるのは愛が足りないからだ」など見返りのない奉仕や悪役としての役割を強制され続けた影響で、「愛」に対してトラウマのような感情を抱くと同時に自己を見失っている。
そのため「愛」関連の仕事は断固拒否するスタンスを取っているが、その神性故に、同時に「醜くて、複雑で、ドロドロとした自分」以外のすべてを愛することができてしまう非常に面倒くさい性格でもある。

 他者に対しては加虐的なところがあり誰かが不幸になっていく様子を見ることが大好きでじわじわと痛めつける嗜虐方法も大好き。
他人の恋愛を滅茶苦茶にしたり、煩悩やダメ人間が大好きで真面目そうな人や優秀な人を堕落させる事を趣味としている。
しかし面倒くさがり屋で悲観主義なのでやることなすことがどことなく鈍くさい。
他に好物としてカルデアキッチンの甘味には目がないようで、よく通っているらしい。

カルデアではTPOに合わせて普段は幼女の姿をとり、ちびっこサーヴァントたちと行動を共にしている模様。またたまに少女の姿で行動していることもあるが、ちびっこサーヴァントたちからは両者が同一サーヴァントだとは認識されず、姉妹だと思われている。

 マスターに対しては愛の神として愛欲に溺れるように誘う一方、拗れた性格から悲観的・否定的な態度を示す。
どんな説得にも熱弁にも「はいはい、そうですか。楽しそうで良かったですね。私は最悪ですけど」と流し、他人を認めようとしない、受け入れもしない。基本的には説得は不可能なボスヒロイン。
 
マスターなんて彼女にとってみれば玩具に過ぎない。
なのにどうしても目で追ってしまって、勝手に意識が割かれてしまうのは
パールヴァティーが『神としての私』の根幹に関わる女神だとすると
マスターは『ここにいるサーヴァントとしての私』の根幹に関わる人間であり
永遠に消えない痛みのように忘れられないし無視も出来ない存在であるからだと彼女は考えている。

 カーマは基本は軽蔑、呆れ、退屈それらが全て入り交じった冷めた目でマスターを見つめているが
それらは感心や期待の裏返しである。
このマスターはどんなダメ人間なのか、
どこまで滑稽で憐れな様を見せて自分を楽しませてくれるのか。
どこまで私(自分)を嫌わずにいてくれるのか。
そんな希望を彼女は無自覚に抱いている。

実際のところ、彼女は心がとても弱く悲観的・否定的なのは「自分を愛して欲しい」という気持ちの裏返しであり、押しにとても弱く迫られると赤面してしまう。
そんな性格なので気を許した相手にはとことん尽くして期待をかけ続ける重い女神であるという。

 もしマスターが辛抱強くこの女神の悪趣味さと鈍くささに付き合い、彼女の示す愛欲に溺れぬまま、逆に愛を示せたのなら、彼女は自分の愛を取り戻し、いずれ悪の中に埋もれたわずかな善性──「依代の少女」の中で眠っている、恥ずかしがり屋だが一生懸命な少女の心に触れられるかもしれない。

能力

第1霊基の状態では持ち前の弓矢を使い、第2霊基以降ではヴァジュラ(独鉢杵)をビットのように操って攻撃する。また第3再臨以降では『身体無き者』としての性質が強く表れ、自身を焼いたシヴァの炎の残り火を操る。
ちなみにアサシンクラスではあるが、暗殺者の逸話など皆無であるためクラススキルは「気配遮断」ではなく「騎乗」となっており、どちらかといえばセイバーに近い。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DB+BA+BEX


スキル

クラススキル

対魔力(A)Aランク以下の魔術を無効化する。 現代の魔術師では、魔術で彼女に傷をつけることはできない。
騎乗(A)幻獣・神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を自在に操ることができる。 カーマの乗騎はオウムであるとされる。
単独顕現(C)特殊スキル。単独行動のウルトラ上位版。堕落の愛はどこにでも顕れる可能性がある、のだ。 サーヴァントとしてのカーマは基本的にやる気がないので奥底に封印されている状態であるが、『即死耐性』『精神異常耐性』などの効果はそれなりになる。
愛神の神核(B)生まれながらに完成した愛の神であることを表すスキル。『女神の神核』の愛の神版。 精神と肉体の絶対性を維持する効果を有する。精神系の干渉をほとんど緩和し、肉体の成長もなく、どれだけカロリーを摂取しても体型が変化しない。 ……一方で、愛の神としての『愛するという行為に必要な姿に変じることができる』という特性もこのスキルには含まれており、結局のところ『変わりたくない場合は変わらないし、変わりたい場合には変えられる』という肉体的・外見的な自由度を象徴するものでもある。世の女性垂涎のスキル。 ただし現状では依り代の枠を飛び越えて姿を変化させることはできない。性別くらいならば、あるいは……? 神性スキルを含む複合スキルでもある。 依り代を用いた疑似サーヴァントであるためランクはBとなっている。この能力はマーラが釈迦を邪魔する際に自身の姿を変化させた逸話に由来していると考えられる。

スキル
女神の恩恵(B)女神(悪)からの贈り物。 任意の味方サーヴァントからHPを奪い取り、回復する。サッキュサキュ。
身体無き者(EX)カーマの別名の一つ、『アナンガ(身体無き者)』を示すスキル。神話においてシヴァの第三の目に宿る『宇宙を破壊する権能』を直接に受けて灰=無=身体無き者となってしまったカーマは、逆説的に「破壊されるべき宇宙」という概念に繋がってしまった。これにより、カーマは『被害者』として、あらゆるものに『痛みを訴える』ものとなった。何しろ宇宙なのだ、彼女の苦悶の叫び、怒り、妬み、不満はこの世すべての物質に届いてしまう。この『愛と苦しみが混じった神核』が『依代の少女』の運命性と一致し、より強固な霊基を獲得する事となった
マーラ・パーピーヤス(EX)カーマのもう一つの顔、煩悩の化身である魔王としての性質を一時的に示すスキル。

宝具

愛もてかれるは恋無きなり(カーマ・サンモーハナ)

センシティブな作品


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2〜10
  • 最大補足:1人
命令とあらば、打ちますよ。でも、どんな風になっちゃっても知りませんから

愛の神カーマが所有している、サンモーハナと呼ばれる花の矢。
刺さったものに恋慕の情を呼び起こす効果がある、所謂インド版キューピッドの矢である。

第1、第2霊基はこの宝具を使用。
演出は対象を中心に弓を構えたカーマが無数に分身し、ぐるりと取り囲んだ後にサンモーハナの一斉掃射を浴びせる。

恋もて焦がすは愛ゆえなり(サンサーラ・カーマ)

センシティブな作品


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2〜10
  • 最大補足:1人
愛の矢という花が、今虚ろの天に咲き乱れる。それは、焼かれた私の痛みの果て。身なき神の在る処。私の中でどうか無限に微睡んで

『身体無き者』『惑わす者』としての性質が強く表れている状態の場合。
喪われた肉体そのものが愛の矢であると解釈される宝具。
サンサーラはサンスクリット語で『輪廻』の意味を持ち、カーマの別名である『サンサーラグル』に由来する。

第3霊基の宝具。演出ががらりと変わる。
自身を焼く炎を天に放ち、天で無数に分かたれた炎が四方八方から対象を貫く。
気がつけば対象の周囲は星の輝く宇宙となり、その宇宙はカーマそのものであるという演出。

ゲーム上の性能

一言で言えば、高難易度向け対ボスアタッカー。自己強化による純粋な高火力は、特効を度外視すればアサシントップクラス。
ジャックほどではないにしてもNP効率がよく、何よりキャスター以外で最大50%チャージスキルを持つ☆5の一人なので、宝具の連射性能も高い。

加えて宝具のクイックバフが3ターン持続するので、速射に成功すれば攻撃力が増していく。スキルによる攻撃バフや宝具チャージ引き上げによるクイックバフ強化も高相性。
さらにスキル効果によって、今までバーサーカーでしか速攻できなかったアルターエゴに対し3ターンだけ有利を取れるという個性を持った。ただし普段はアルターエゴの攻撃に対して脆弱という欠点がとっても重いので、一部クエを混成パで戦う際に適正ありという程度だろうか。

カーマ実装後において、初のアルターエゴのボスとの戦いとなったLostbelt No.4においてはアルターエゴを相手に猛威を振るう光景が見られた。


デバフ性能では宝具による単体への無条件魅了付与&敵全体への魅了耐性ダウンスキル持ち。足止めを食らわせまくるパーティーで立ち回りやすい。
またデバフ耐性スキルを3つも所持しているため、デバフを受ける分に対して強いというのも良い。

弱点は防御手段が無期限とはいえガッツとHP回復しかないのと、宝具チャージ上昇スキルのデメリット『最大HP永続減少』によって耐久性の足を引っ張ってしまうこと。
ちなみにこのデメリットが発動した際、削れたHPのゲージが上限降下の為に回復してないのに増えて見えるというがっかりエフェクトがかかるようになっている。
このデメリットの対策として弱体状態解除の指令紋章白き器の令印」を使用するプレイヤーが多い。
また「女神の恩恵(B)」を回復のみの目的で使用するならば味方にオーバーチャージを1段階上げる効果を付与して自身を回復させる手もある。

しかし最速でスキルを回せば6ターン毎に最大4000HPと50NPの回復ができるため、永続ガッツや宝具の高確率魅了と相まって見た目以上にはしぶとくなれる。スキルが育ちきった彼女は、ボス相手であればまさしく耐久力と攻撃力を兼ね揃えた心強い味方となる。

関連人物

シヴァ
大嫌いな主神。上記のとばっちりで自身の体を焼きつくし、愛に対するトラウマを植え付けられるハメに。
その憎悪は凄まじく、どの霊基段階でも嫌いなものとしてシヴァとパールヴァティーを上げるほど

パールヴァティー
大嫌いな女神。諸説によれば、シヴァに愛欲の権能を使うように依頼したのは彼女だとも言われている。
上記の事件に深く関わっている他、自身の依り代に間桐桜の闇の部分が選ばれたのも彼女の影響によるものらしく(そのため大奥では時折彼女を『光の自分』と呼ぶ場面がある)、大奥に侵入したカルデア一行の中でも特に殺意を向けている。
共にカルデアに協力する立場になっても嫌悪感は変わらないが、遠まわしに嫌がらせをする程度と多少はマイルドな対応になっている。

殺生院キアラ
カーマについて何か心当たりがあると同時に「気持ちよくない」と酷評している。
犬猿の仲であり、カルデアでは顔を合わせても基本的にお互い見ていぬふりをすることを暗黙の了解としている。
...のだが、2020年の夏イベントにて水着サーヴァントとして実装された際に幼い少女の姿を見せた事に対しカーマは快く思っていない模様。
マイルームにて彼女に「あなたの専売特許を台無しにしてごめんなさいね?」と煽られる。 

アシュヴァッターマン
憎いシヴァの半化身であることを敏感に感じ取っており、「近寄らせないでほしい」と頼み込んでくる。

インドラ
愛神カーマにシヴァに愛の矢を放つ事を依頼した神であり恨み対象。
彼女の第2臨以降に使う武器で独鉢杵を選んだ理由は省エネと彼に対するあてつけらしい。

ラティ(性愛) ヴァサンタ(春)
元々のカーマの配偶者と友人。
存在として多面性のある神の一側面が疑似サーヴァントとして顕れた今生のカーマは知識としては知っているが実感はなく、彼女らにどのような感情を抱いていたのかわからない。
疑似サーヴァントとしてのカーマは愛されていた元々の愛神カーマに苛立ちを感じている。
ちなみに下記のプラデュムナに転生した折、ラティの化身(アヴァターラ)が母親になったという。

プラデュムナ
本来の愛神カーマの転生体。クリシュナの子としての。カーマの可能性の一つ。
知識としては知っているが自分はシヴァに灼かれた結果、『身体無き者』として『シヴァの宇宙』の概念と繋がってしまったであり
「私を灰にするこの無間の痛みこそがプラデュムナとは違うモノである」と定義し無関係であると否定した。

ラーマ
自身の転生体「プラデュムナ」の父「クリシュナ」が教え導いたという英雄。「神の愛」とか説かれた。
上記のプラデュムナとは無関係であるので意識はしない。

織田信長
カーマの別側面であるマーラの異名「第六天魔王」を名乗っているうるさいの。カーマとは縁もゆかりもないため不思議がっているが、ファンなのかなと少し照れている。

BB
同じ少女を原点とし根本的に同一であるが生まれた世界、育った過程が異なる存在。カーマの可能性の1つ。
BB()はありふれた、けれど奇跡のような愛を獲得しそれ以外を敵に回したもの。
カーマ()は愛に失望し、それに頼るすべての人間が嫌いになったもの。
また、同じ人物が同じ場所に存在する事はお互いにとってバグのようなものだとカーマは捉えており、好んで近づきたいとは思わない。

メドゥーサ
 カーマという神性とは関係ないのに気になる人。
「メドゥーサ」ではなく思わず「ライダー」と呼びたくなってしまう。
 メドゥーサはカーマと依代の少女を重ねて見ており、疑似サーヴァントとして誕生した彼女の幸せを願っている。

間桐桜
 カーマ曰く、「依代の子
 再臨が進むごとに姿がHeaven's Feelの時のものに近づいている。カーマ自身は自分の依り代に選ばれるほどの彼女の闇と不幸な境涯に同情している。
 また、主な依り代となったのはあくまで彼女の悪の側面であり、この世全ての悪によりこれが増幅し暴走した存在である黒桜とは別であることに注意。

ケツァル・コアトル
伝承では男性神だが事情があり女性神として現界しているサーヴァント。

シュヴァリエ・デオン
スキルによって性別を変化出来るサーヴァント。こちらは性別が不明扱いとなっている。

余談

カーマはクラススキル「愛神の神核」によって体型(年齢感、性別を含む)を自由に変化させることが出来る設定を持つ。
これにより

  • 「神秘の国のONILAND!! 」(子供限定)
  • 「ホワイトデーイベント:アイアイエーの春風 」、「雀のお宿の活動日誌(男湯掃除)」(男性限定)
  • エリザベートなどの女性限定バフ
  • 水着イリヤの子供限定バフ(第一霊基の子供時のみ)
などのイベント・限定支援スキルにおいて広範囲で対象となる事が出来る。
一方でサーヴァントの限定支援スキルは見た目が優先されるためか、メイヴなどの男性限定バフは対象外となる。

バレンタインでは類似したスキルを持つシュヴァリエ・デオン(性別:不明)とは異なり女性キャラとしてチョコを渡すのみであった。
なお、3パターンのバッドエンド付きである。さすが桜顔ラスボス系。やることが違う。
ついでにお返しすると言われた時、乙女さながらに動揺する。やはり愛玩系(ポンコツ)。格好付かない。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
メイドカーマちゃん



関連タグ

Fate/GrandOrder アサシン(Fate)
サクラ顔 ゲスロリ 巨乳化 エロ衣装 堕落 卑屈 不幸 ツンデレ
ブッダ:手塚治虫の漫画。こちらでもカーマもといマーラが女性として登場する。

























センシティブな作品


私という人類悪を止めに来たんじゃないですか?」

関連記事

親記事

アサシン(Fate) あさしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カーマ(Fate)」のイラストを見る

カーマ(Fate)のBOOTHアイテム

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96403029

コメント