ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私はカーマ、愛の神です。でも、私に恋愛相談とかはしないほうがいいと思いますよ?」

プロフィール

真名カーマ
身長156cm
体重46kg
性別女性(憑依したカーマは男性)
属性混沌・悪
出典インド神話
地域インド
好きなもの誰かの邪魔をすること、煩悩、堕落、ダメ人間
嫌いなもの第三の目(シヴァの、あるいはそれに類するもの)、パールヴァティー、シヴァ、キラキラした人間
ILLUSTRedrop
CV下屋則子

表記の身長・体重は基本状態のもの。
霊基段階(あるいは相対する者の好み)に応じて、年齢感と共にある程度変動する。

概要

Fate/Grand Order』に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆5。
イベント『徳川廻天迷宮 大奥』にて登場。
本来は男性神であるカーマだが、気質が似通った聖杯関係者「間桐桜」を依り代とした神霊系疑似サーヴァントとなったため女性化している。これは先に現界していたパールヴァティーに影響され、パールヴァティーと憑依・融合するに当たって切り離されていた間桐桜の悪の側面と融合したため。

本来はアーチャーの適正を持つためか、アサシンながら攻撃手段は弓である。
ちなみにアサシンとなった理由は不明だが、諸氏の考察では「最高神であるシヴァに(意図していないにしろ)不意打ちを与えた」「同一視されるマーラの語源が『殺すもの』」からではないかと言われている。

最初は幼い少女の姿だが、再臨第3段階目で若返る諸葛孔明とは逆に霊基再臨することで成長していく。
最初は『Fate/Zero』での幼少期の桜に近い幼い少女、第2段階は「マキリの杯(黒桜)」状態の桜に近い10代ほどの姿。第3段階ではセクシーで大人びた女性の姿になり露出度も一気に上がる。また、手足に宇宙のような紋様と青い炎を纏うようになる。

カーマちゃん
センシティブな作品センシティブな作品



宝具や攻撃演出も大幅に変わるのが特徴。しかもマイルーム会話では再臨第1段階・第2・第3と3パターンが用意されている圧巻のボリュームである。

真名

センシティブな作品


インド神話における愛と堕落の神・カーマ(カーマデーヴァ)。
カーマという語はサンスクリット語で、肉体的な快楽、悦楽、官能、愛欲を意味する。

神話において何度めかの神々の危機が訪れ、それを解決できるのがシヴァとパールヴァティーのなした子だけであること神々は知り、愛を司るカーマに「修行中で禁欲中のシヴァを欲情させてほしい」と依頼した。
かくしてカーマはシヴァの修行する外界に降り立ち、シヴァに愛欲の矢を突き立てることに成功する。だがカーマの権能はシヴァに僅かな動揺を与えただけであり、怒ったシヴァは修行を邪魔したカーマを第3の目で焼き殺してしまった。
哀れ、カーマは神としての肉体を失い、「アナンガ(身体無き者)」と呼ばれる存在へと貶されてしまったのである。

ちなみに問題の神々の危機は、シヴァが別の機会にパールヴァティーと愛を育み、子をなしてその子が解決した。
つまりカーマは完全な殺られ損だったのである。

人物

何事に対しても無気力無軌道無関心な、超ネガティブダウナー系。
他者へ示す態度は嫌気と卑屈ばかり、期待も執着も一切感じ取れず、口を開けば(自身も含めた)あらゆるものへの皮肉と嫌味が滑り出るなど、非常に自虐的で拗ねた性格をしている。

自身を「パールヴァティーの闇の面」と称しており、その捻くれぶりは当初のジャンヌ・オルタに近く、同時にツンデレっぽいところもある。一方で「まあいいですけど」と他人の意向を否定することもしない。つまり無関心ゆえの消極的な性格。

逸話にもあるように「」を司る神であるが、上記のようにとばっちりで焼き殺された上、「愛を与える神が愛されることは無い」「世界に紛争があるのは愛が足りないからだ」など見返りのない奉仕や悪役としての役割を強制され続けた影響で、「愛」に対してトラウマのような感情を抱くと同時に自己を見失っている。

そのため「愛」関連の仕事は断固拒否するスタンスを取っているが、その神性の性質柄、同時に醜くて、複雑で、ドロドロとした自分以外のすべてを愛することができてしまう非常に面倒くさい性格でもある。

そのため有事に際しては八つ当たりじみて加虐的なところがあり、人の嫌がる顔や怖がる顔などを好む。だが何よりも好むのは人が堕落する瞬間であり、ダメ人間を製造するのを趣味としている。
また精神年齢も肉体年齢に大きく引っ張られているため、最初の幼い少女の姿では趣味趣向も幼くなる。

マスターに対しては愛の神として愛欲に溺れるように誘う一方、その拗ねた性格から卑屈で自虐的で攻撃的な態度を示す。
もしマスターが彼女の示す愛欲に溺れぬまま、逆に愛を示せたのなら、彼女は自分の愛を取り戻せるのかもしれない。

能力

ステータス

未再臨の状態では持ち前の弓矢を使い、第2再臨以降では巨大な金剛杵をビットのように操って攻撃する。また第3再臨以降では『身体無き者』としての性質が強く表れ、自身を焼いたシヴァの炎の残り火を操る。
ちなみにアサシンクラスではあるが、暗殺者の逸話など皆無であるためクラススキルは「気配遮断」ではなく「騎乗」となっており、どちらかといえばセイバーに近い。

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DB+BA+BEX

スキル

クラススキル

対魔力(A)魔術への耐性。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術で傷付ける事は不可能なレベル。
騎乗(A)乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。Aランクなら竜種以外の幻想種までなら乗りこなすことが出来る。
単独顕現(C)特殊スキル。単独行動のウルトラ上位版。また、存在が確定しているため、即死耐性、時間操作系の攻撃に対して耐性を持つ。ただしこのスキルは人類にとっての天敵その一員の疑惑がある者が所持するもので、カーマ自身はどうなのかは不明。
愛神の神格(B)女神の神核の改変スキル。女神の方では「自身の弱体耐性をアップ」だが、こちらは「自身に魅了無効状態を付与」と特化型になっている。

スキル
女神の恩恵(B)詳細不明。
身体無き者(EX)カーマの別名の一つ、『アナンガ(身体無き者)』を示すスキル。
マーラ・パーピーヤス(EX)カーマのもう一つの顔、煩悩の化身である魔王としての性質を一時的に示すスキル。魔王マーラの正式名称。「パーピーヤス」は「より悪いもの」という意味。

宝具

愛もてかれるは恋無きなり(カーマ・サンモーハナ)

センシティブな作品


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2〜10
  • 最大補足:1人
命令とあらば、打ちますよ。でも、どんな風になっちゃっても知りませんから

愛の神カーマが所有している、サンモーハナと呼ばれる花の矢。
刺さったものに恋慕の情を呼び起こす効果がある、所謂インド版キューピッドの矢である。

第2霊基まではこの宝具を使用。
演出は対象を中心に弓を構えたカーマが無数に分身し、ぐるりと取り囲んだ後にサンモーハナの一斉掃射を浴びせる。
ちなみに再臨第1段階では蓮の花、再臨第2段階では黒い蓮の花が背後に現れる。

恋もて焦がすは愛ゆえなり(サンサーラ・カーマ)

センシティブな作品


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2〜10
  • 最大補足:1人
愛の矢という花が、今虚ろの天に咲き乱れる。それは、焼かれた私の痛みの果て。身なき神の在る処。私の中でどうか無限に微睡んで

『身体無き者』『惑わす者』としての性質が強く表れている状態の場合。
喪われた肉体そのものが愛の矢であると解釈される宝具。
サンサーラはサンスクリット語で『輪廻』の意味を持ち、カーマの別名である『サンサーラグル』に由来する。

再臨第3段階の宝具。演出ががらりと変わる。
自身を焼く炎を天に放ち、天で無数に分かたれた炎が四方八方から対象を貫く。
気がつけば対象の周囲は星の輝く宇宙となり、その宇宙はカーマそのものであるという演出。

ゲーム上の性能

一言で言えば、高難易度向け対ボスアタッカー。自己強化による純粋な高火力は、特効を度外視すればアサシントップクラス。
ジャックほどではないにしてもNP効率がよく、何よりキャスター以外で最大50%チャージスキルを持つ☆5の一人なので、宝具の連射性能も高い。

加えて宝具のクイックバフが3ターン持続するので、速射に成功すれば攻撃力が増していく。スキルによる攻撃バフや宝具チャージ引き上げによるクイックバフ強化も高相性。
さらにスキル効果によって、今までバーサーカーでしか速攻できなかったアルターエゴに対し3ターンだけ有利を取れるという個性を持った。ただし普段はアルターエゴの攻撃に対して脆弱という欠点がとっても重いので、一部クエを混成パで戦う際に適正ありという程度だろうか。

カーマ実装後において、初のアルターエゴのボスとの戦いとなったLostbelt No.4においてはアルターエゴを相手に猛威を振るう光景が見られた。


デバフ性能では宝具による単体への無条件魅了付与&敵全体への魅了耐性ダウンスキル持ち。足止めを食らわせまくるパーティーで立ち回りやすい。
またデバフ耐性スキルを3つも所持しているため、デバフを受ける分に対して強いというのも良い。

弱点は防御手段が無期限とはいえガッツとHP回復しかないのと、宝具チャージ上昇スキルのデメリット『最大HP永続減少』によって耐久性の足を引っ張ってしまうこと。
ちなみにこのデメリットが発動した際、削れたHPのゲージが上限降下の為に回復してないのに増えて見えるというがっかりエフェクトがかかるようになっている。

しかし最速でスキルを回せば6ターン毎に最大4000HPと50NPの回復ができるため、永続ガッツや宝具の高確率魅了と相まって見た目以上にはしぶとくなれる。スキルが育ちきった彼女は、ボス相手であればまさしく耐久力と攻撃力を兼ね揃えた心強い味方となる。

関連人物

シヴァ
大嫌いな主神。上記のとばっちりで自身の体を焼きつくし、愛に対するトラウマを植え付けられるハメに。
その憎悪は凄まじく、どの再臨状態でも嫌いなものとしてシヴァとパールヴァティーを上げるほど

パールヴァティー
大嫌いな女神。上記の事件に深く関わっている他、自身の依り代に間桐桜の闇の部分が選ばれたのも彼女の影響によるものらしく(そのため大奥では時折彼女を『光の自分』と呼ぶ場面がある)、大奥に侵入したカルデア一行の中でも特に殺意を向けている。

諸説によれば、シヴァに愛欲の権能を使うように依頼したのは彼女だとも言われている。

アシュヴァッターマン
大嫌いなシヴァの半化身であることを敏感に感じ取っており、「近寄らせないでほしい」と頼み込んでくる。
シヴァの化身であることを抜きにしても、精神干渉を受け付けないアシュヴァッターマンはカーマにとっては相性最悪の相手。

殺生院キアラ
カーマについて何か心当たりがあると同時に「気持ちよくない」と酷評している。
犬猿の仲であり、カルデアでは顔を合わせても基本的にお互い見ていぬふりをすることを暗黙の了解としている。

BB
根本を同じものだとする同位体。ただし虚ろな自身と違って、奇跡のような愛を獲得したものとして嫌っている。

織田信長
カーマの側面であるマーラの異名「第六天魔王」を名乗っているうるさいの。カーマとは縁もゆかりもないため不思議がっているが、ファンなのかなと少し照れている。
ちなみに、ノッブを焼き殺したことで有名な明智光秀は、カーマにとっては概念的な天敵になり得る存在でもある。

間桐桜
依り代の少女。再臨が進むごとに姿がHeaven's Feelの時のものに近づいている。カーマ自身は自分の依り代に選ばれるほどの彼女の闇と不幸に同情している。

ダ・ヴィンチちゃんバニヤン哪吒
Fate世界でも元々は男性だったが、様々な事情により女性の体で登場しているサーヴァントたち。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

Fate/Grand Order アサシン(Fate)
サクラ顔 ゲスロリ 巨乳化 エロ衣装 堕落 卑屈 不幸 ツンデレ


























センシティブな作品


私という人類悪を止めに来たんじゃないですか?」

関連記事

親記事

アサシン(Fate) あさしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カーマ(Fate)」のイラストを見る

カーマ(Fate)のBOOTHアイテム

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21761170

コメント