ピクシブ百科事典

エドモン・ダンテス(Fate)

がんくつおう

エドモン・ダンテス(Fate)とは、『Fate/Grand Order』に登場するアヴェンジャーのサーヴァント。
目次[非表示]

調停はオレから最も遠い言葉だ。
その推測、挑戦と解釈した。

プロフィール

真名巌窟王 エドモン・ダンテス
クラスアヴェンジャー
性別男性
身長185cm
体重75kg
出典デュマ著『モンテ・クリスト伯』?
地域フランス
属性・カテゴリ混沌・悪・人
ILLUST小松崎類
設定担当桜井光
CV島﨑信長

「──待て、しかして希望せよ」

概要

Fate/GrandOrder」に登場するアヴェンジャーサーヴァント。レアリティは☆5。
初登場はコラボイベント「空の境界/the Garden of Order」。この時は黒い影で正体を隠していたが、上級者向け高難易度クエスト「監獄塔に復讐鬼は哭く」で正式登場し、主人公と行動を共にする。

真名

復讐者、として世界最高の知名度を有する人物。
通称「巌窟王」、もしくは「モンテ・クリスト伯爵」として知られる。
悪辣な陰謀が導いた無実の罪によって地獄の如きイフの塔(シャトー・ディフ)に投獄され、しかして鋼の精神によって絶望せず、やがてモンテ・クリスト島の財宝を得てパリへと舞い降り──フランスに君臨する数々の有力者、すなわちかつて自分を陥れた人々を地獄へと引きずり落としたという。

その苛烈な生き様、正体を隠した復讐劇、踏みにじられ奪われた恋人メルセデスへの想いと愛執、そして苦悩と後悔から改心へと至る道程は、フランスのみならず世界中の人々に喝采され「世界で最も高名な復讐者」として記憶された。巌窟王の物語はアレクサンドル・デュマ・ペールによる創作とされるが、イフの塔に収監されたエドモンを導く「ファリア神父」の実在が現代では確認されており……。

真名こそエドモン・ダンテスだが、マルセイユの海の男であった「エドモン・ダンテス」と自分は別人であると彼は認識している。
なぜなら「エドモン・ダンテス」はパリに於ける凄絶な復讐劇の果てに悪性を捨てたが……サーヴァントとして現界した自分は「復讐鬼の偶像」で在り続けている。ならば自分はエドモンではない、と彼は言う。

我が名は巌窟王(モンテ・クリスト)。
愛を知らず、情を知らず、憎悪と復讐のみによって自らを煌々と燃え盛る怨念の黒炎と定め、すべてを灰燼に帰すまで荒ぶるアヴェンジャーに他ならない。
この世界に愛する寵姫エデはおらず、ならばこの身は永劫の復讐鬼で在り続けるまで──。

なお、生前の彼の物語は2017年4月15日(土)に発売予定の専門雑誌「Fate/Grand Order カルデアエース」に付属するドラマCD「英霊伝承異聞 ~巌窟王 エドモン・ダンテス~」で語られる模様。

人物

一人称は“俺”、もしくは“オレ”。
性格は傲岸不遜、常に上から目線ではあるが、マスターの導き手を演じる姿からは世話焼きな一面をのぞかせる。
ファリア神父に対する尊敬は失っておらず、彼と今の己を照らし合わせているようなセリフもある。

クハハハハ!!」と、特徴的な笑い方をする(声も相まって、むしろ悪役が似合う)。

先行して登場した『空の境界』のコラボイベントにて、両儀式から「基本的に人間大好きなんじゃない?」という指摘もある通り、世界を憎みこそすれ、人間の全てを怨んでいる訳ではない模様。むしろ如何なる苦境に在っても、己を貫き行動する人間をこそ、彼は称賛し手を貸そうとする。
安易に彼に憐れみを示して救おうとすることは、虎の尾を踏むに同義である。だがその意思が本心からの救済であると解れば、しかと理解も示す。

笑顔がなかなかに凶悪

コラボイベントにおける一連の黒幕であるが、元凶とは反りが合わないと直感し、早々に見切りをつけて勝手を始める。オガワハイムをかつての監獄島に見立ててダンジョン化、メフィストフェレスを召喚してサーヴァントたちを誘導させ、彼らを罪悪と恩讐の化身に仕立て上げた。主人公たちカルデア側とは三度接触しているが、直接対決とはならず。

その後、体験イベントを兼ねる高難易度クエストでは、監獄島を模した結界に顕現。魂を囚われた主人公の導き手として、主人公に“大罪の具現”となったサーヴァントとの殺し合いを迫る。
途中、二人のルーラーの介入に遭うも、主人公を仮初めのマスターとして監獄島の脱出を目指し、最後に主人公の前に立ち塞がり決戦に敗れることで、自身を導き手として監獄島からの脱出を見送った。
元凶である魔術王とは根っから相性が悪かったらしく、消滅の際に散々に罵倒している。

その本質は「エドモン・ダンテス」から最後に抜け落ち、消え去っていった“復讐”の概念。またそれを中核とした、この世に遍く湧き立つ憤怒と憎悪の体現者。
いずれにせよ、このサーヴァントにとって復讐とは“宿命”そのものであり、真に堕ちず朽ちず折れぬ心を持つ者を勝者と称える。

その後、水着イベントではNPCのうりぼうが巌窟王の宝具発動台詞パロディをやらかしてくるという愉快な会話が楽しめる。
ネロ祭2016では久々に登場、喫煙者であることが判明した。カルデアで出会ったジャンヌ・オルタは、まさに彼が思い描く、「ジャンヌはこういう闇を抱えているはずだ」という想像図そのものでもあったのだが、彼女は召喚される頃には既に主人公たちと和解しており、本物にやり込められている姿を見て、複雑な表情を浮かべている。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BA+CB?A


保有スキル

鋼鉄の決意(EX)この世の地獄とさえ呼ばれた監獄シャトー・ディフ(イフの塔)から脱獄し、復讐の人生を歩んだ鋼の精神と行動力とがスキルとなったもの。痛覚の完全遮断、超高速行動に耐えうる超人的な心身を有している。複合スキルであり、本来は「勇猛」と「冷静沈着」スキルの効果も含まれる。
黄金律(A)人生でどれだけ金銭に恵まれたかという、いわゆる財運。Aクラスなら大富豪として一生金に困らず暮らすことが可能。シャトー・ディフにてファリア神父から伝えられた「隠された財宝」を手に入れ、尽きぬ財と権力を得た岩窟王は、まず金に困ることがない。
窮地の智慧(A)危機的な状況で幸運を呼び込む。ファリア神父から授かった多くの智慧と天性の知恵によるもの。エクストラクラスの特殊性が合わさることで、ランクB相当の「道具作成」スキルが使用可能となる。
復讐者(A)復讐者として、人の恨みと怨念を一身に集める在り方がスキルとなったもの。周囲からの敵意を向けられやすくなるが、向けられた負の感情は直ちにアヴェンジャーの力へと変化する。
忘却補正(B)人は多くを忘れる生き物だが、復讐者は決して忘れない。忘却の彼方より襲い来るアヴェンジャーの攻撃はクリティカル効果を強化させる。
自己回復(魔力)(D)復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。微量ながらもNPが毎ターン回復する。


宝具

巌窟王(モンテ・クリスト・ミトロジー)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:─
  • 最大捕捉:1人


彼は復讐の化身である。基本7クラスの何れにも当てはまらず、エクストラクラスアヴェンジャーとして現界した肉体は、その生きざまを昇華した宝具と化した。
強靭な肉体と魔力による攻撃。自らのステータスやクラスを隠蔽、偽の情報を見せることも可能。
常時発動型の宝具。真名解放の効果も存在し、溜め込んだ怨念が一気に周囲へと撒き散らされ、敵は疑心暗鬼に陥って同士打ちを始めることになるが、本作では使用されない。

オガワハイムや監獄塔で自身の姿を漆黒の霞で覆って情報を隠蔽したのは、この宝具によるものである可能性が高い。
ほか、彼の攻撃方法のほとんどは魔力の放出による暗黒の炎を纏ったビームに傾倒しているが、それもこの宝具の為せる業だろう。

虎よ、煌々と燃え盛れ(アンフェル・シャトー・ディフ)

  • ランク:A
  • 種別:対人・対軍宝具
  • レンジ:1~20
  • 最大捕捉:1~100人
虎よ、煌々と燃え上がれ


我が往くは恩讐の彼方―――

地獄の如きシャトー・ディフで培われた鋼の精神力が宝具と化したもの。肉体はおろか、時間、空間という無形の牢獄さえをも巌窟王は脱する。
超高速思考を行い、それを無理矢理に肉体に反映することで、主観的には「時間停止」を行使しているにも等しい超高速行動を実現するのである。
本作に於いては、高速移動に伴う「分身」による同時複数攻撃といった形となる。

待て、しかして希望せよ(アトンドリ・エスペリエ)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:1人

悪逆と絶望と後悔に満ちた暗黒の中に在って眩く輝く、一条の希望。
人間の知恵は全てこの二つの言葉「待て、しかして希望せよ」に凝縮される。
まさかの回復宝具。自陣のうち一名を、瀕死(戦闘不能状態)からでも完全回復させる上に、全パラメーターを一時的にランクアップさせる。

ゲームでの性能

“ATK:12,641”という自身のHPを上回る数値を誇り、トップクラスの攻撃力を備えた火力型サーヴァント。
ルーラーへのダメージが2倍」/「ルーラーからのダメージを半減」/「ルーラー・バーサーカー以外への攻撃は等倍」というクラス特性上、三騎士・四騎士へは素のダメージしか通せないが、素のATK値でも火力水準を満たすことは可能。

その立ち姿も独特で、戦闘グラフィックではまさかの背面立ち

巌窟王 エドモン・ダンテス


↑こんな感じ。

《Quick:2/Arts:1/Buster:2》と、カードバランスはランサー型。しかし攻撃性能はQuickの性能が高くクリティカルスター稼ぎや初手Arts補正に活かしやすいため、本質的にはアサシンに近い。
スキルは「鋼鉄の決意(EX)」(1ターン無敵貫通&攻撃UP/3ターン弱体耐性UP)、「黄金律(A)」(3ターンNP獲得量増加UP)、「窮地の智慧(A)」(敵チャージ減少/自身の弱体解除&スター獲得)と、自己強化を軸にしたもので占められている。
Artsが1枚のみだが、高性能なQuickと「黄金律(A)」と「自己回復(魔力)(D)」のおかげでNPチャージ自体は苦手ではない。
こういった性能ゆえ、単騎突撃で真価を発揮することも多い。

が、実はそのスター生産力の高さとスター集中度の低さから、パーティへのクリティカル面のサポートも得意である。
クリティカルによる火力増強を有効活用できるアーチャーたち、およびスター集中度が最も高いライダー達のサポート、
通常クラスでスター供給役になりやすいアサシンが苦手なキャスターがいる場合の代役など、クリティカル運用パーティでは場面を選ばず活躍できる素質がある。
サポートをする側に回ると非常に守備範囲が広い、ある意味人間が好きだからこそ憎悪と怒りに飲まれた復讐者らしい特性と言える。

宝具「虎よ、煌々と燃え盛れ」の効果は、【敵全体に強力な攻撃&防御力ダウン(3ターン)&呪い付与(5ターン)】。演出的には超高速移動で敵全体にラッシュをかけた後に影分身とも見紛うオールレンジ攻撃で〆るというもの。
防御ダウンと呪いのダメージはオーバーチャージで効果が上がるため、宝具チェインの順番次第で敵に重篤なバステを押しつけることが出来る。
また宝具攻撃にもQuick属性を持つため、大量のスターを得ることが可能。

エクストラクラスだけあってどんなクラス編成でも通用する攻撃面の汎用性が強みだが、アヴェンジャー最大の得意分野はイベントクエストに多く登場しやすいルーラーに対する鬼札と言える。
そうでなくとも耐久性さえ補ってやれば、スター源兼サブアタッカーとして相応の強さを発揮するので、そこはマスターの戦術が試されるところだろう。
のちに実装された第二の復讐者であるジャンヌ・オルタとは、向こうが火力で優る分、ダンテスの方が耐久性とスター生成力で優り、また運用理論も割と根っこから違っているので、上手く棲み分け出来ている。

弱点はやはり攻撃に傾倒しすぎている分HPがやや低く☆5の中ではやや打たれ弱い点。
これに関しては純粋な殴り合いなら競り勝つことも不可能ではないのでそこまで問題とはならないが、もう一つ弱点がある。
それは、時として致命的となる弱体耐性の低さ。
元々アヴェンジャーは弱体耐性が低めに設定されているうえにクラススキル「復讐者」によって自分以外の控え含むパーティメンバー全員の弱体耐性を下げるというデメリットが含まれているため、スタンや魅了などの搦め手を多用する敵相手では持ち前の火力を発揮させてもらえないまま退場させられてしまう危険性が高い(事実、イベントで最後に立ちはだかった彼にステンノエウリュアレをぶつけて完封したプレイヤーもいる)。
しかも、やや低いHPを補強する手段が一切ないという点も見逃せない。バーサーカーを除く基本クラスとルーラークラスは耐性でダメージを抑えて戦線を立て直すことができるが、こちらは原則等倍で受けることもあり、一度戦線を乱されると彼本人ではまずリカバリーは出来ない。

確かに高性能ではあるのだが、デメリットも時として致命的なものとなる関係上、考えなしに起用すると思わぬ墓穴を掘る結果となる、マスターの采配が問われるサーヴァントと言える。

また再臨用素材も、最初からレア素材を10個ずつ要求される事から再臨のハードルも高いため、ビギナーマスターでは育成にも苦労する。

関連人物

生前

ファリア神父
生前の自分を導いた第二の父とも呼べる存在であり、心からの敬意を向ける相手。
ドラマCDでのCVは堀勝之祐氏。

エデ
復讐の過程で救い出した奴隷の少女。元は高貴な身分だったがエドモンの復讐対象の1人によって失脚させられ全てを失った過去を持つ。エドモンを心から愛し彼の憎悪に塗れた心を癒した相手でもある。
ドラマCDでのCVは千本木彩花氏。

コンチェッタ
伯爵に忠実な男装の麗人。
ドラマCDオリジオナルの登場人物でCVは加隈亜衣氏。

アンジェロ・ブラーガ神父
ファリア神父を陥れた三賢人の1人。聖堂教会・第八秘蹟会に所属する代行者
エドモンはモンテ・クリスト島の財宝を探す彼と対峙することとなる。
ドラマCDでのCVは樫井笙人氏。

タランテラ
聖堂教会・第八秘蹟会に属する代行者。
ファリア神父を陥れた三賢人の1人。アンジェロは彼の配下である。
魔術を異端とする教会に属しながら何故か「数秘法」(ゲマトリア)を用いた雷の魔術を扱う。
その正体とは…?

GrandOrder

魔術王
人理焼却の全ての元凶たるグランド・キャスター。
巌窟王を召喚し、主人公たちを罠に嵌めて抹殺するよう指示するが、巌窟王は彼の空虚な性質を忌み嫌って早々に離反。オガワハイムを自分好みの魔窟に変貌させた。

主人公
抹殺すべき本来の標的。
しかしオガワハイムで縁を結び、監獄塔に封じられて行動を共にする内に、かつての自身と重なるものを見出し、最後には監獄塔からの脱出を手助けする。
カルデアに召喚されてからは、主人公の導き手として行動を共にする。

メルセデス
監獄塔の結界に迷い込んだ軍服姿の美女。
記憶喪失を起こしており、監獄塔に監禁された主人公の身の回りの世話を申し出る。
巌窟王は生前かつての恋人の名を与えるが、途中から彼女の正体には薄々気が付いていた模様。

ジャンヌ・ダルク
自身が忌み嫌う調停者であり、「復讐に足る経験を持ちながらも復讐心を持たない者」として蛇蝎のように嫌っている。
彼女の「復讐に焼かれる魂を救いたい」という真摯な思いを認めてはいるが、相容れることは決してないであろう。
主人公を救出するために監獄塔に乗り込んできたが、巌窟王に邂逅一発「帰れ」と怒鳴られる。
巌窟王曰く「人間城塞」「女と言うには堅すぎる」。

天草四郎時貞
監獄塔にてジャンヌと共闘し巌窟王の行く手を阻む、気に食わない調停者のサーヴァントだが、
「彼以上に強欲な生き物をオレは見た事はない」と彼を評し、彼の行いも「世界で最も高潔な復讐劇」と捉える等、ある意味での敬意を彼に抱いている。

ジャンヌ・オルタ
ジル・ド・レェが聖杯に願った「復讐に燃えるジャンヌ・ダルク」。
のちに反則技を使って霊基を獲得し、自力で顕現してみせる。
ネロ祭再び』では同じアヴェンジャーの彼女を気にかけていた。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンウィリアム・シェイクスヒア
ネロ祭再び』でチームを組んだ文化人キャスターたち。
マイルームでの会話からも親交がある模様。

アンリマユ
原初のアヴェンジャーのひとりとも言える彼を、エドモンは尊重する。

その他

アレクサンドル・デュマ
自身の人生を著作にした文豪キャスター。
彼の人生を作品にした事に対してデュマは『アンタのお陰で、アンタを陥れた悪党どもより遥かに儲けさせて貰ったぜ』と発言しており、悪びれる気持ちはないようだ。
巌窟王自身はデュマについて「性質の悪い小説家め」と毒づいている。

余談

「巌窟王」と聞いて、某アニメにおけるモンテ・クリスト伯爵のCVから「もしやGEORGE降臨か!?」と思ったファンや、それに準じて“渋いオジサマ”を期待したファンも多い〈のちに山の翁役を担当〉。そのため、この若々しいダンテスの姿と声に違和感を持ったマスターも少なくなかった。
しかし奈須きのこ氏がblog「竹箒日記」にて曰く――

  • 「王道からの脱却」
  • 「青年としての巌窟王を目指した」
  • 「あと小松崎さんのサーヴァントが見たかった」
…としており、CVが島﨑信長氏なのはきのこの意向もある模様。
ちなみにイメージを総評して「ただひたすらに格好いいダークヒーロー系」ともしている。
裏事情として、奈須氏は「ダンディな巌窟王はGONZOの巌窟王が最高峰」とも考えていることから、直球でダンディなダンテスをやっても、氏の中で納得できるか不透明だったのかもしれない。

『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.7』にてこの回から始まった箱の中のサーヴァントのイラストを30秒で描いてゲストに当ててもらうコーナーにてゲスト出演した島﨑信長氏(その他のゲストは川澄綾子氏、高橋李依氏)が引いたのがエドモンだった。

関連イラスト

Avenger
虎のように吼えよ


巌窟王
モンテ・クリスト伯



関連タグ

Fate/GrandOrder アヴェンジャー(Fate) サーヴァント
モンテ・クリスト伯 巌窟王 ダークヒーロー 復讐者 伯爵 紳士

これより以下最終章『冠位時間神殿ソロモン』のネタバレ有り。注意
















































































前述の「ネロ祭り」以外にはイベントにもストーリーにも絡んでこなかった彼だが、最終章において衝撃的な再登場を果たした

時間神殿に乗り込んだものの、無尽蔵に湧く魔神柱により窮地に陥るカルデア陣営の前に、ここまで七つの特異点で出会った英霊達が現れ、七箇所それぞれの地点で九柱ずつ制圧し主人公達の道を切り開く。

彼らの援護を受け主人公達が魔術王のいる玉座へ進撃するが、英霊達に抑えられていない魔神柱アンドロマリウス率いる残り九柱が、主人公達の前に立ちはだかる。七つの特異点で出会った英霊達は他の63体の魔神柱を抑える事で手一杯、魔術王の撃破を優先すべき状況で9体もの魔神柱の相手はマスターである主人公に負担が大き過ぎる…。

状況を打ち破る方法を必死に考える主人公達に、暗に「もうこれ以上誰も助けに来ない」と告げるアンドロマリウスの言葉を特徴的な高笑いが遮る。

ハ。ハハハ。
クハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!

笑わせるな、廃棄の末に絶望すら忘れた魔神ども!
貴様らの同類になぞ、その男/娘がなるとでも!

超々高速で接近する霊基反応に動揺するアンドロマリウスに対し、主人公だけはその(笑い)声の主に気付く。
魔術王の気まぐれにより駒として呼ばれながらも己が矜持に反するとしてその企みの尽くを狂わせ、その内の1つである監獄塔シャトー・ディフにおいて、そこへ魂を堕とされた主人公を生前に自らを導いた恩師のように導き、ただ1人の生還者として送り出した盟友。

そうだ! この世の果てとも言うべき末世、
祈るべき神さえいない事象の地平!
確かに此処は、何人も希望を求めぬ流刑の地。
人々より忘れ去られた人理の外だ。だが―――

俺を呼んだな!



俺を呼んだな! ならば俺は虎の如く時空を駆けるのみ!
我が名は復讐者、巌窟王エドモン・ダンテス!
恩讐の彼方より、我が共犯者を笑いにきたぞ!

まさかの再会に喜色を浮かべる主人公。しかも、彼の登場を皮切りに、これまでの七つの特異点では無い場所、いわば本来の流れの外で出会った者達が続々と主人公を助けに現れたのだった。

この際にかつて「別人である」と断言した、復讐を終え悪性を捨てた男「エドモン・ダンテス」の名を、その折に自らの真名とした「巌窟王」の名と共に名乗っている。


余談だが、監獄塔イベント終了後にFGOを始めたプレイヤーからは「誰?」「なんか突然相棒面で出てきておいしい所持って行った」と言われるハメになった。
年明けのイベント復刻第2弾で(空の境界イベントをすっ飛ばして)監獄塔イベントの再開催が行われたが、これは新規のプレイヤーにも巌窟王がなぜあの場に現れたのかを解り易くするためではないかと推測されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「エドモン・ダンテス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28034518

コメント