ピクシブ百科事典

アンリマユ

あんりまゆ

アンリマユとは、Fateシリーズに登場するアヴェンジャーのクラスのサーヴァントである。
目次[非表示]

さあ、聖杯戦争を続けよう
―――今度こそ、君の望みを見つける為に

プロフィール

真名アンリマユ
クラスアヴェンジャー
性別男性※
身長167cm※
体重58kg※
出典ゾロアスター教
地域古代ペルシア
属性混沌・悪
Illustネコタワワ(FGO)
CV寺島拓篤

※被る殻により変化すると思われる

概要

アンリマユとは、『Fateシリーズ』に登場する英霊。
もっとも彼は拝火教における悪神ではなく、とある集落で世界中の人間の善意を証明するためにその名を押し付けられ、「この世の全ての悪の原因である悪魔」として周囲から扱われたダレカである。

一般的には『Fate/hollow ataraxia』における「彼」を指す。

真名

とある村において、何の罪も犯さず、さりとて大きな功績も持たなかった平凡な青年。
彼は村におきた一つの教え、何処にでもあるような取り決めから人身御供に選ばれ、結果として英霊の座に登録された。
教えとは、悪を定める教えである。
その村では、日々の苦しさ、貧しさに耐えるために教えを必要とした。
『私たちの生活がいっこうに楽にならないのは、原因となる悪がいるからだ』
青年は「村人たちの善を脅かす悪」「物事がうまくいかない元凶」「無条件で貶めてよい何か」―――必要悪として選ばれ、山の頂に幽閉され、この世の地獄に落とされた。
人体を用いて悪魔を再現しようとするかのような行い――客観的に見れば拷問そのもの――を受けた青年は当然のように死亡したが、理不尽に対する憎しみは岩牢に焼きつき、彼は名もない亡霊になった。
時が流れ、山頂に住まう魔が伝承となっても、彼は呪い続ける。
憎み続けた村人、かつて愛していた世界、村そのものが消え去った後でさえも。
人間の営み、人間の醜さ、人間の喜び。
「この世全ての悪」――――ヒトの生の輝きに眼球を焼かれながら。

略歴

第三次聖杯戦争

アインツベルン家がルール違反によって召喚したサーヴァント。
本来、英霊はセイバーやアーチャーなど7種のクラスの中から選ばなければならないのだが、ユーブスタクハイト・フォン・アインツベルンおよび同家は魔術戦を不得手としていたため、それを補う切り札としてルール外のクラスである「アヴェンジャー」の彼を呼び出した。伝承には「殺すことに特化した悪魔」と記されているのだが、実態は宝具も特異な能力も持たず、魔術も神秘も知らない一般人であったため、僅か四日で敗北する。
最初に敗北し魂が聖杯に入ったため、願望機である大聖杯と彼は高度に癒合。彼の持つ呪いの力、そのあり方が周囲の人々の「この世全ての悪であれ」という願いそのものであったため、聖杯の願いをかなえる基準が、とんでもなく悪意に満ちた方向へ傾倒する。これにより聖杯は本当の「この世全ての悪(アンリマユ)」を生み出す母胎へと変貌する。
さらに聖杯が汚染されたことで「願望機としての機能」「英霊召喚システム」にも変化が生じ、前者はどんな願いでも人を殺すという形でしか叶えられない欠陥品に、後者は本来召喚される事のない反英雄、果ては怨霊の類も召喚されるようになった。

第四次聖杯戦争

聖職者だが本質が悪である言峰綺礼と、平和のためなら自分が「この世全ての悪」になることも辞さないと宣言した暗殺者、衛宮切嗣に興味を持ち、決戦の最中であった衛宮切嗣言峰綺礼を泥に飲み込むことで聖杯の中へ招きいれる。
聖杯の元となった切嗣の妻アイリスフィール・フォン・アインツベルンの願いから、まず最初に彼女の殻をかぶって切嗣の前に現れ、聖杯を使って願いを叶えるように促す。切嗣の願いは世界から争いを無くすこと事であったが、アンリマユは争いが起きなくなるまで人口を減らし、人類が最終的に切嗣の家族だけになれば争いが起きない世界になると示した。その際、自身もアイリスフィールの姿で切嗣の妻として現世に呼び出すことを懇願するも、拒絶され聖杯を破壊される。
しかし、それはアンリマユ本体が眠る大聖杯ではなく、その蛇口に過ぎない小聖杯であったため、溢れた中身の泥が周囲を侵食し、後々まで大きな爪痕を残す大火災を引き起こすこととなる。(この時切嗣と同時に綺礼を取り込んでいたため、彼の願いである自分の生きる目的を知りたいという願いを、「いずれ生まれ出るであろう「この世全ての悪」の誕生を見届け、それを祝福することにある」という形でを叶えたともされる。)

聖なる者


アイリスフィールの殻を被っているため姿や言動は本人とほぼ同じだが、黒桜セイバーオルタのように衣装が赤と黒のものに変色している。

第五次聖杯戦争

大聖杯の中に留まりながら聖杯に満ちる「力」を養分に現界しようとしており、第五次聖杯戦争では”器”に応じて「」「肉塊」そして「60億の人間を呪う宝具を持ったサーヴァント」として、それぞれ現れようとする。
アンリマユは本人も認める通り最弱のサーヴァントではあるが、大聖杯の中へ回収・滞留してしまえば「悪であれ」という願いそのものであるために上記の大災害を引き起こす存在と化してしまう。その規模はあの英雄王曰く、人類悪の一つとして数えられる模様。この事実は2014年版TVアニメ版UBWで明らかとなった。

繰り返される四日間

バゼット・フラガ・マクレミッツと契約した第八のサーヴァント。Fateシリーズ初となる規格外のクラス・アヴェンジャー(復讐者)。
平野耕太だったらもみじおろしされそうな模様の、全身くまなく刺青の施された少年めいた姿の英霊。
バゼットや反英霊から見れば輪郭もハッキリした全身に怪しげな刺青を彫った青年だが、他の人物からは"人っぽい"形をした丸い何かにしか見えない。

瀕死のバゼットが願った「死にたくない」という願いを叶えるため、彼女と契約。身体を仮死状態にして生かし続け、繰り返しの四日間の聖杯戦争を行うことで彼女の精神を保護していた。夜の聖杯戦争がバゼットの願いなら、昼間の平穏は"彼"が夢見たものだった。

人物

虚無。
ヒトとしての名前は呪術的に剥離され世界のどこにも残っておらず、人格は生前受けた拷問によって消滅している。
契約相手や被る殻によって善人にも悪人にもなる。ただ、本来の好奇心や夢などの根底的な衝動などは有しているため、完全に殻と同一人物にはなりきれない。

『hollow ataraxia』での彼は、己の欲望には忠実に、他人の欲望には徹底抗戦という、自己快楽を最優先に考える性格。そして、ひたすら受動的で面倒くさがり。
口調はおどけたりおちゃらけたりしており、おかしいことは笑い、悲しいことも笑う破綻者。
人の悪性を高らかに謳い上げながら、しかして人の善性を認め、これを賛美する。人間にダメ出しを続けながらも、尻を叩いて良き方向への道を示すヘンな悪魔。怨天大聖アンリマユ。

基本的に全ての人間を殺害対象として捉えるが、本人には人に対する復讐心はカケラも無い。彼にとっての殺人はもはや本能であり、生態そのもの。人を殺しはしたいが、別に殺しを楽しいとも思わない。

なお、女性に対する人並の欲情はある模様。それも「殻」ゆえかもしれないが。

能力

以下の、能力及び宝具は『hollow ataraxia』によるもの。

本人曰く、「この世界すべてを探してみても俺より弱い英霊は存在しない」最弱の英霊。しかし「英霊クラスの超人であろうと、人間である限り俺には勝てない」とも豪語する(しかし、速さで「犬」と「蜘蛛」には敵わないとも述べている)。

これは明言されていないが霊長の絶対殺害権を有するため。「犬」と「蜘蛛」は死徒二十七祖の一位プライミッツマーダー、五位ORTの暗喩であると推測される。尤も片や霊長の絶対殺害権を持つガイアの怪物、片や水星のアルティメット・ワンと言う、最強の怪物たちではあるが。

武装は「右歯噛咬(ザリチェ)」と「左歯噛咬(タルウィ)」という奇形の短剣。現界する際の元となった人物の特徴が色濃く出たもの。この剣にはソードブレイカーとしての側面もあり、相手の剣を絡め取ることが出来る。
ただ、流石に由緒正しき星の聖剣には対抗出来なかった。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
バゼット??????
藤丸立香EEADE+C


保有スキル

復讐者(A)被ダメージによるNP上昇率が高くなる。恨み・怨念が貯まりやすい。
忘却補正(A)クリティカル攻撃ダメージ値が他サーヴァントより高い(相手が忘れきった時に襲いかかるものとして)。
自己回復(魔力)(E)復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。魔力を微量ながら毎ターン回復する。
右歯噛咬(C)ザリチェ。悪神の名を冠した武器。相手の攻撃を受け止め、絡め取る。敵単体のクリティカル率を下げる。
左歯噛咬(C)タルウィ。悪神の名を冠した武器。受け止めた相手の武器を破壊する。敵単体のチャージを減らし、攻撃力を下げる。
死滅願望(A)死をいとわない生存活動。戦闘時、肉体の限界を無視して稼働し、際限なく速度を増していく。無論、その果てにあるものは自滅だが、最期の数秒のみ、アンリマユは一流のサーヴァントに肉薄できる。
四夜の終末(EX)終わりを告げる『円環世界の壁』。相手全員に強力なデバフをしかけ、自パーティも状態をデフォルトに戻す(バフ、NP量を0にする)。「Grand Order」では存在しないと説明されたが…?


宝具

偽り写し記す万象(ヴェルグ・アヴェスター)

  • ランク:D
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:無制限
  • 最大補足:1人


どんな相手に対しても自分が受けた傷を共有させる事が可能な呪い。
詳細は個別記事参照。

無限の残骸(アンリミテッド・レイズ・デッド)

繰り返される四日間の中で、四日目の夜を経過またはそれまでにアヴェンジャーかバゼットのいずれかが死亡した場合に現れる知性を持たない怪物。
アヴェンジャーの変異体であり、彼を妨害し、彼の根底的な望みである「繰り返される四日間」を延々と続けさせようとする無意識の分身。

無限の剣製と似た名称であるが、宝具ではなく上記のようにアヴェンジャーの形態の一種である。

他作品での活躍

トラぶる花札道中記EX

バゼットとコンビの「封印執行・鉄腕ブリーカー」に登場。
またしてもバイト先をクビになったマスターを聖杯温泉に誘う。終盤、温泉で待ち構えていた人物に対し(ふざけた口調で)「娘さんをボクにください」と発言するなど衝撃の展開も。

Fate/GrandOrder

期間限定イベント『Fate/Accel Zero Order』開催時と同時にサイレント実装。無告知なのはもちろん、後の絆レベルの上限解放やスキル解放もひっそりと行われており、徹底して隠しキャラ扱いされている。
レアリティはなんと☆0。フレンドポイントガチャで極稀に召喚可能な超レアサーヴァントとなっている。その排出率の厳しさから「フレポ界の☆5」と一部のユーザーから呼ばれている。

そしてコラボイベントのストーリー部分では、“聖杯の泥”とは別に存在した元凶にして真の黒幕
人理修復達成後に、霊長の抑止力のアサシンに存在を勘付かれ、その正体を現す。そもそも抑止力のアサシンの方の本命はアンリの方で、紆余曲折あったが最終的に両者による死闘が実現する。
しかし、後日実装された追加シナリオでまだ消滅していないことが発覚。
主人公の勘で、大空洞に潜んでいることを見抜かれ、敵対することになる。その後、天の衣の登場により、汚染された聖杯の欠片から四体の分身体(アイリ四天王)が誕生したこと、彼女らが特異点である1995年の冬木市を蹂躙しようとする目論みが明かされる。
暴走を制止せんとしたアンリマユは彼女たちにボコられたらしく、不承ながら、アイリ四天王の排除を主人公に依頼してくるのだった。


それから一年以上たった2017年のクリスマスに、冥界の第二の門番として七章で登場したはずのアヴェンジャーを差し置いてまさかの出演
いきなりどこぞで見覚えのあるノリの軽いマックロクロスケの登場に、多くのマスターが「お前かよっ!?(汗)」と叫びたくなったのは言うまでもない。
自ら「サンタ」を名乗ってマスターとアルテラサンタの前に立ちはだかった。
全然サンタっぽくないと指摘された際には、第三霊基状態へと変身している。……まぁ、クリスマスのイルミネーションっぽいちゃ、ぽいけどよぉ!!(汗)
敗北後は勝手にアルテラの騎乗獣である羊のツェルコの毛の中から、概念礼装「瓦礫の聖堂」と「天の逆月」を失敬して退却した。
この二つが意味する者、それは古参Fateファンならばおのずと察することが出来るはず……。竹箒日記でもその辺りについて言及がなされた。(→リンク先)

カード性能

コスト4、最大レベル65と、性能面では☆2相当で、原作通りの「超レアなのに低性能なサーヴァント」となっている。カードバランスは≪Quick×2、Arts×2、Buster×1≫のライダー・アーチャー型。

スキルも、3ターンの間敵単体のクリティカル発生率をダウンさせる「右歯噛咬(C)」、敵単体のチャージを減らしつつ攻撃力を3ターンの間ダウンさせる「左歯噛咬(C)」そして自身に毎ターン徐々にクイック性能がアップする効果を付与する代わりに5ターン後に戦闘不能になってしまう「死滅願望(A)」、と曲者だらけで活用には一苦労する。
クラススキル「復讐者(A)」のデメリットで、味方全体の弱体耐性が下がってしまい、相手からの状態異常に掛かりやすくなってしまう点も痛い。一応「右歯噛咬(C)」と「左歯噛咬(C)」は確実に成功するというメリットがあるため、バステとしてはそれなりに優秀である。

お世辞にも強いとは言えず、基本的に活用に苦労する割りに発揮する性能はイマイチである。
しかし、ユーザー達はその原作の弱さを忠実に再現した性能をむしろ大絶賛しており、例え戦闘に使えずとも、彼を召喚しようと多くの人がフレポガチャを回している。

ちなみに、聖杯転臨を行うと枠上部に聖杯が表示されるのだが、彼だけは汚染された黒い聖杯が表示される特殊仕様になっている。
彼の子供達と言える黒化英霊達には無いので流石オリジナルと言った所だろうか。

そんな最弱英霊と自称する彼だが、3月20日にてまさかのスキル解放クエストが実装した。当然サイレントで。そしてその挑戦条件はまさかの霊基再臨3段階目、且つ絆レベル10である事。

強化内容は死滅願望(A)が四夜の終末(EX)へ変化し、スキル効果も「6ターン持続する1回分のガッツ(回復量50%)」と「スキルの再使用時間-1」という物だが、このガッツ、他のガッツと共存できる。耐久力が大幅に上昇し、更にスキル自体も強力な強化スキルとなり、即死デメリットは余程狙われてる状況じゃない限り無視できるようになった。

ただし、「GO」では存在しないとマテリアルが明記された四夜の終末を実装するあたり、果たして何の思惑があるのだろうか?また、四夜の終末の効果自体もマテリアルの記述とは違う物になっている。

人間関係

hollow ataraxia


バゼット・フラガ・マクレミッツ
繰り返される四日間でのマスター。

カレン・オルテンシア
相性の悪い相手。そのためか昼で素が出るのは彼女と教会にいる時ぐらい。

衛宮士郎
曰く「化け物」。アンリマユが「我慢できる者」に対し、士郎は「我慢できない者」。

Zero


アイリスフィール・フォン・アインツベルン
第四次聖杯戦争における殻。

弟子ゼロ号
アインツベルン相談室にてアイリの殻を被って教え導いた相手。

Grand Order


天草四郎時貞
平行世界の第三次聖杯戦争で呼び出されたルーラーのサーヴァント。
彼が自身によって汚染された聖杯を使おうとした時に、藤丸立香に協力をする。

巌窟王
同じ復讐者としてジェラシーを禁じ得ない。
手から黒い炎とか、マントとか、基本マッパである先輩に申し訳ないと思わないのだろうか。
それはそれとして空飛びすぎ。
ちなみに巌窟王からは敬意を抱かれている。

ゴルゴーン
知ってたよ、あのお姉さんこっちの素質があるって。具体的に言うと2005年から知ってた

ジャンヌ・オルタ
彼女は、アンリマユのことを把握しているがうわっ...弱くないとコメントをしていた。

ハイド
巌窟王と同じくアンリマユを尊敬している。

関連イラスト

まとめ19
アヴェンジャー


Fateまとめ15枚[3]
最弱アヴェンジャー



関連タグ

Fate/staynight Fate/hollowataraxia Fate/Zero Fate/GrandOrder 
サーヴァント アヴェンジャー(Fate)
ゾロアスター教 刺青 悪魔 生贄
黒化英霊 Fate黒化:アンリマユはこれらのオリジナルと呼べる存在である
アンカレ

ビースト(Fate)・・・人類悪と呼ばれる存在のクラス。聖杯に取り込まれたアンリマユも人類悪と呼ばれていたのでこのクラスと関連性があると推測されている。
ただし最弱サーヴァントとしてのアンリマユは絆礼装のテキストにて人類悪とは異なる「必要悪」と呼ばれていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンリマユ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5912555

コメント