ピクシブ百科事典

ラーマ(Fate)

らーま

『Fate/Grand Order』に登場するセイバーのサーヴァント。
目次[非表示]

「シータに会いたい。会って話をしたい。余はそれだけでいい。ただ、それだけで……」

プロフィール

真名ラーマ
クラスセイバー
性別男性
身長168cm
体重65kg
出典ラーマーヤナ
地域インド
属性秩序・善・天
設定担当東出祐一郎
ILLUST輪くすさが
CV沢城みゆき


概要

Fate/GrandOrder』に登場するセイバーサーヴァント。レアリティは☆4。

メインシナリオでは、第五章「北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム」にて登場。メイヴに従うクー・フーリン・オルタ宝具心臓を潰され、瀕死重傷を負っていた所をジェロニモに助けられ、保護される。
その後は主人公たちとナイチンゲールと合流し、心臓の傷の治癒のために妻であるシータを探し求めるのだが…。

真名

一目だけでも


インドにおける二大叙事詩の一つ、『ラーマーヤナ』の主人公「ラーマ」。
大神を騙して獲得した力により、神々すら使役するラーヴァナは唯一人間にのみ倒す資格があると謳われる魔王であった。神々の訴えを聞き届けたヴィシュヌは全てを忘れたただの人間、コサラ国の皇子として転生した。それこそがラーマである。

生まれつき聡明であったラーマだが、親族の陰謀により王位後継者の地位を剥奪され、国を追われることになってしまう。共に旅立った愛する后シータを魔王ラーヴァナの手により奪われてしまったラーマは、敢然と戦いを決意した。
聖人から様々な武器を授けられているラーマは、高名なハヌマーンを始めとする猿の軍勢と共に十四年もの間、魔王ラーヴァナと彼が率いる軍を相手に戦い続けたのである。

そんなラーマも唯一、致命的な失策を犯したことがある。
猿同士の戦いに介入し、味方の猿スグリーバを救うために敵対していた猿バーリを卑怯にも騙し討ちにしたのだ。それを許せぬ、とバーリの妻はラーマにある呪いを掛けた。

その呪いは“貴方はたとえ后を取り戻すことができても、共に喜びを分かち合えることはない”というもの。

この呪いは英霊の座に至った後も彼を縛り付け、サーヴァントとして召喚される場合もシータとは「ラーマという英霊枠を共有する」という制約を受け、ラーマかシータのどちらかがラーマとして召喚される。また原則として「ラーマとシータは同時に召喚できない」という制約も有るため、彼らが再会することはありえない。

人物

基本的にやや尊大な振る舞いをする。そのせいで生意気な小僧、という印象を受けるかもしれない。
知識は老年並みなのに精神がそれに追いつかない、というサーヴァント独特の事情が彼にそのような態度を取らせてしまうのだろう。部下や動物たちには優しいが、魔王のような暴君として名を馳せたサーヴァントに対しては、やや態度が頑なになるという正義漢としての側面もある。

シータとの再会が全ての願いであり、召喚に応じる理由も「もしかしたら…」という一縷の望みを繰り返しているに過ぎない。少年の姿で現界している理由も、『この世のどんなしがらみにも囚われず、全身全霊で妻を愛せた若造の時分以外に、己が全盛期などあるものか』というもの。

「幕間の物語」では、王国を追われたこと自体はさほど苦ではなかったとしており、それもまたシータが傍らにいたからこそと述べている。だからこそ魔王にシータが誘拐されてからを真の苦行と捉え、「通常の聖杯戦争で呼ばれていたら“シータとの別れをやり直したい”と願ったに違いない」と述懐している。
王として召喚されれば、これらの無念も年季を積んで諦観出来ただろうとするが、やはりそれは彼の本意図するところではない様子。

王ではなく男として、愛する一人の女へ――――。
ただ一筋に妻を想い合うがゆえ、その愛と無念が彼を英雄として突き動かし続ける。


能力

セイバーのクラスの名に恥じない高いステータスを誇り、それも全ステータスがB以上と結構高水準。
を率いて戦った伝説からか、若さ故にか、敏捷が若干高め。下記にもあるが、宝具が本来、「矢」であるものを強引に改造したものであるため、アーチャーとしての適性もあると思われる。
そしてセイバークラスでの現界でありながら、スキルと宝具によって剣以外の武器をも自在に操るという反則級の特性を持つ。

ステータス


マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香ABA+BBA

保有スキル

武の祝福(A)剣術のみならず武芸全てに秀でていることを示すスキル。これによりセイバーでありながら宝具に近い威力を持つ槍、弓等を持ち込むことが出来る。
カリスマ(B)軍団の指揮能力、カリスマ性の高さを示す能力。団体戦闘に置いて自軍の能力を向上させる稀有な才能。Bランクであれば国を率いるに十分な度量である。
離別の呪い(A)バーリの妻に掛けられた呪いがスキルとなったもの。これにより彼は半身とも言える妻シータと永遠に会うことができない。
対魔力(A)クラススキル。聖仙に受けた教えにより、あらゆる魔術を跳ね返す。一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。Aランクでは、Aランク以下の魔術を完全に無効化する。事実上、現代の魔術師では、魔術で傷をつけることは出来ない。
騎乗(A+)クラススキル。乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。A+のランクでは竜種を除くすべての乗り物を乗りこなすことが出来る。
神性(A)神霊適性を持つかどうか。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされる。神としての記憶を全て捨てているとはいえ、最高神の一人「ヴィシュヌ」の化身であるラーマはAという高いランクを有する。


宝具

羅刹を穿つ不滅(ブラフマーストラ)

羅刹を穿つ不滅


  • ランク:A+ 
  • 種別:対魔宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大捕捉:1人

羅刹王すら屈した不滅の刃、その身で受けてみよ!

魔王ラーヴァナを倒すために、生まれたときから身につけていた「不滅の刃」。
魔性の存在を相手に絶大な威力を誇る。なお本来は矢であり、弓に番えて射つものであるがセイバーになりたかったラーマが無理矢理剣に改造した。
ただし、投擲武器としての性能は捨てておらず、この剣もブン投げる
「結局投げるんじゃねえか」と指摘してはいけない。

宝具演出で円盤状の光になるため、プレイヤーの間では気円斬と呼ばれている。
なお、何故円盤になるのかと言えば、転生元であるヴィシュヌの象徴的な武器であるチャクラムに由来しているのかもしれない。
また、カルナも同名の宝具を所持しているが、同一の武器ではない。
「ブラフマーストラ」はブラフマー神の力を宿した武器という意味で、ブラフマーの力を宿した武器は全てブラフマーストラであり、実際ラーマーヤナでもマハーバーラタでも、敵味方ともに結構な頻度でブラフマーストラを使っている。

ゲーム内では、種類はBusterで【敵単体に超強力な〔魔性〕特攻攻撃〈オーバーチャージで特攻威力アップ〉】の効果を持つ。
単体宝具なので基本威力が高く、特攻の倍率も高め。
特攻対象である魔性には、ソウルイーターやバイコーンといった五章初出のボスクラスエネミーが多い。サーヴァントでは酒呑童子茨木童子源頼光が該当している。

偉大なる者の腕(ヴィシュヌ・パージュー)

  • ランク:A 
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~50(武器により変化)
  • 最大捕捉:500人

あらゆる神魔に対抗するため、聖人ヴィシュヴァーミトラにより授けられた数々の武器。
投擲武器のチャクラ、投槍シューラヴァタ、棍棒であるモーダギーとシカリー、シヴァ神の持つ三叉槍ピナーカなど圧倒的な数を誇る。何このラーマーヤナ版王の財宝
神性が高ければ高いほどにヴィシュヌ神に近いものとみなされ、持ち込む数が増える。ランクAのラーマはセイバーにもかかわらず、アーチャーやランサーとしても活躍できる。
……流石インドはやること成せること馬鹿でかい。

ゲーム上での性能

HPにやや傾いた、耐久型。ATKはギリギリ10,000に届かないが(筋力Aェ…)、☆3フォウくん数枚注ぎ込めば余裕で突破できるため、そこまで攻撃力には困窮しない。
カード配分は《Quick:1/Arts:2/Buster:2》とセイバーの定形。
NP効率も並程度で、クセの少ない性能をしている。

スキルは、スター集中率UP&クリティカル威力UPの「武の祝福(A)」、味方全体の攻撃力UPの「カリスマ(B)」、自身のHPを回復しつつ1回分のガッツ状態(HP0から復活)を3ターン付与する「離別の呪い(A)」と、綺麗にまとまっている。
「カリスマ」で味方をサポートしつつ、「武の祝福」で自身の攻撃性も底上げするというわかりやすい戦闘スタイル。特に「武の祝福」は効果こそ1ターンのみだがクリティカル威力が100%up 更にCTも最短で4ターンと非常に優秀なスキル。「離別の呪い」のHP回復とガッツも保険として考えるとそれなりに優秀。

宝具は上述の通り。
チャージ100%時点で倍率1.5という強力な攻撃補正がかかるため、〔魔性特攻〕にハマった瞬間に相手の胴を輪切りに出来る。オーバーチャージで倍率も加算され、さらに威力補正の屋上屋を重ねることも可能。
該当サーヴァントはイベントにしか現れないため、基本的にボス型エネミーとの戦闘で真価を発揮する。特にバイコーンとはクラス相性もあって、自慢の角どころか馬体そのものを真っ二つにしてしまえる。
単体宝具なので〔魔性特攻〕が入らなくともそこそこの威力は出る上に、自前で攻撃バフがかけれるので、ランサーやバーサーカーを落とすぐらいは容易だろう。

弱点は魔人アーチャー……またお前か
「神性」「騎乗」「セイバー」の三重特攻が効いてしまうため、蜂の巣にされる。
またアーチャーで男性特攻を持つオリオンエウリュアレ、隠し属性の天地特攻を持つテスラも苦手。

最大限に性能を生かすには、やはり「武の祝福」を活かすスター生産の手段を持つことがポイントになる。
宝具解放にこだわりがないなら、「2030年の欠片」等のスター発生系概念礼装、宝具も狙っていくなら初期NP獲得系がベターだろう。
主力に据えるならスター生産力に秀でたサーヴァントが有効。また面白い運用としてシェイクスピアナイチンゲールマーリンなど、Buster性能UPのスキルを持つサーヴァントと組ませて攻撃性を高めるのも良い。

関連人物

サーヴァント

シータ
最愛の妻。生前、そうでもしなければ民が納得しなかったとはいえ彼女を追放したことを酷く悔いており、彼はその後生涯独身を貫いた。そしてサーヴァント化してなお、生前猿から受けた呪いのせいで同時に現界することができない身となっており、仮に同時に現界したとしてもどちらか一方しか相手を見ることができない。

カルナ
同郷の英雄。彼のブラフマーストラは目からビームを放つ。揃いも揃ってインド人サーヴァントはなんなんだアンタら。

アルジュナ
カルナに同じく同郷の英雄。本来ラーマは彼と同じアーチャークラス。英雄としての武勲は認めているものの、「妻を共有していた」という逸話についてはあまり快く思っていない。
また彼を導いた英雄クリシュナもヴィシュヌ神の化身であることからか、ある幕間では試練の一人として立ち塞がることになる。

生前(※サーヴァント以外)

ヴィシュヌ
ヒンドゥー教において最高神と崇められる神。ラーマはこの神の化身とされている。
ただラーマは単純にその転生体というのではなく、ヴィシュヌ神の分霊として放たれたものらしく、いわば上司と部下のような間柄の様子。
性格については、あくまでラーマのイメージを多分に反映しているらしく、枕元に神託を告げに来るたびにキャラも性格もブレブレだとか。ただ「すみやかにすこやかに」ある事を好むのは共通する。
「幕間の物語」にも登場したが、宝具『偉大なる者の腕』が使われないことにへそを曲げてラーマに試練を与えてくるという、なんとも理不尽な理由でラーマを試してくる。

ハヌマーン
ラーマに協力したの勇者。

ラーヴァナ
ラーマと敵対していた魔王。ラーマの妻シータを誘拐した張本人。

その他

見た目が子供っぽいのは当人も気にしていることなのだが、一部のマスターたちからは「Fateシリーズでも貴重なショタ枠サーヴァントぉぉッ!!」と言わんばかりに熱心なファンが付いていたりする。
特にラーマは、デザイン担当の輪くすさが氏の画風もあって秀麗な中性的美少年のため、一部で女装男の娘にされてしまうという想定外の被害も発生している。
おまえらは……

関連イラスト

バナナ好きラマシタ
ラーマ & シータ


FATE II



関連タグ

Fate/GrandOrder セイバー(Fate) サーヴァント

インド インド神話 ラーマーヤナ

ラマシタ:愛する妻とのカップリングタグ。

ゴリウー系女王
こちらも『未成熟な自分=全盛期』という心理が働いている。ただし『愛しい者を愛せたから』というラーマに対して、こちらは『男に色目を使われずに済むから』というのがある意味対極的である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーマ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4576528

コメント