ピクシブ百科事典

シータ(Fate)

しーた

『Fate/Grand Order』に登場するアーチャーのサーヴァント。
目次[非表示]

「大好きよ。・・・本当に、本当に、大好きなの」

プロフィール

真名シータ
クラスアーチャー
性別女性
出典ラーマーヤナ
地域インド
ILLUST輪くすさが
CV沢城みゆき


概要

シータとは、『Fateシリーズ』に登場するキャラクターの1人。
古代インドの民族叙事詩「ラーマーヤナ」の主人公であるラーマの妻。
サーヴァントとして召喚される場合はアーチャーの適正を持つ。

Fate/Grand Order』では第1部第五章「第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム」に登場する。第五章のキーキャラクターであり、その悲劇的な運命から、ラーマと共にカルデアに召喚したいと望むマスターも多い。
彼女と夫に課せられた運命については、ラーマラマシタの個別記事を参照されたし。

初登場以降、その設定ゆえに実装は難しいとされてきたが、Fate/GrandOrderArcadeの第五特異点(2020年9月24日追加)にて☆4のアーチャーとして登場することが判明。
前日の生放送ではプロトマーリンの追加実装しかアナウンスされていなかったため、ファンを大いに驚かせた。一方、ACではラーマが実装されないのでは?と見るファンの声もある。

当初はシナリオでCPUが操作するのみだったが、10月8日のアップデートよりプレイアブル実装された。

人物像

ラーマーヤナの伝承にある通り、非常に穏やかで貞淑な人物。マスターに対しては自らを「僕」と称し、非常に献身的な態度で接するが、完全なイエスマンという訳ではなく、NO!という時はNO!と言える人物である。

二人称は基本的に「様」であり、それは夫に対しても変わらないが、消滅する際のセリフから本来の口調は少女らしい砕けた口調のようだ。

その特性からラーマとの再会は叶わないが、万が一イレギュラーで同時に召喚されるような事があれば、自分の身を犠牲にしてでも彼の役に立とうとするだろう。神話でも自分の貞操が潔白である事を証明する為に命を絶ったほどで、それほどまでに彼に対する愛は深いのである。

これほどの呪いに身を置かれながらも、再会を諦めていない辺り、真の強さは他のインド英雄にも引けを取らない。
ラーマが一生涯愛すると誓い、ラーヴァナが彼女を攫おうとするのも納得である。

能力

ラーマと英霊の枠を共有するという特性上、ラーマの弓の技術力を受け継いでおり、後述の宝具たる弓を主武装にした遠距離攻撃を得意とする。

幸福の女神の化身なだけあり、幸運ランクはEXなのだが、愛する者と引き離され続ける彼女が果たして本当の意味で幸運なのかは解釈が分かれる所である。だが、それでも変わらずに自分を愛し続けてくれる夫がいる事が彼女の最大の幸運なのかもしれない。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DCAAEXB


スキル

大地の宝石(A)不明
試焔の巡礼(B)不明
離別の呪い(EX)詳しくはラーマの項目を参照。


宝具

追想せし無双弓(ハラダヌ・ジャナカ)


これが、わたくしにとっての幸せな記憶。ラーマ様の勇姿は、今もなお我が胸に...。
行って!『追想せし無双弓』!

『FGO』マテリアル第3巻にて判明。
インドの神話伝承、叙事詩ラーマーヤナにでてくる神弓。ハラダヌの弓。8台の荷車に載せて運ぶほど重いという。

シヴァ神が力と勇気を試すためにジャナカ王の祖先に授けたという弓。ジャナカ王の一族にはハラダヌの弓を曲げて弦を張る無双の力を持つ血統、血が流れているという。
この弓に弦を張ることが出来た者がシータ姫の花婿に相応しい、と挑戦者を募ったが、ある王子は重さに潰されそうになり、 また、他の王子達も持つことは出来たものの曲げることは出来なかった。

ラーマはゆっくりと弓を持つと弓を曲げ弦を張った。弦を引くと雷のような大きな音がうなった。更に弓の両端を握って曲げ、両端をくっつけてしまった。すると大地が裂けるような音がして弓が折れてしまった。

これでラーマにはジャナカ王の血族と並ぶような無双の力があることが分かりシータの花婿に決まったのである。

発動時は普段の武器の弓が光に分解された後に空中に巨大化した形で再構築され、シータが両手で力いっぱい弦を引っ張り離すことで光の矢が放たれ敵を射抜く。

FGOACにおけるカード種別はArts。効果は「自身の弱体状態を解除+敵単体に強力な攻撃+自身のHP回復量をアップ(30秒)」。

余談

彼女がアーチャーとして召喚される(可能性が高い)のは、本来"英雄ラーマ"にアーチャークラスの適正がある為だと思われる(原典でもラーマは弓の名手とされている)。

なお、ラーマ本人は現界するにあたって己の我儘から無理矢理セイバーとして現界している。
理由は明言されていないが、アーチャーとして召喚される彼女との再会に望みをかけての判断だろう。

関連人物

生前

最愛の夫。自分が誘拐された後、新しい妻を娶る事無く、たった1年程しか共に居なかった自分を救う為に戦い続けた彼を心から愛している。
また、生前に民衆が彼女を訝しがって彼に彼女の追放を強いた事については「そうするしかなかった」と納得している。

自分を誘拐した魔王。

シータの本体とされる女神で、ヴィシュヌ神の妻。
シータは彼女を様付けで呼んでいることから、ヴィシュヌ神の化身である夫同様に、完全な同一人物でない、いわゆるアルターエゴのようなものだと考えられる。

Fate/GrandOrder

シータの真の姿とされるラクシュミー神が名の由来になっている。

同じく、夫への愛を象徴とした宝具の持ち主。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント

ラマシタ:ラーマとのカップリングタグ。

ラーマーヤナ:彼女が登場する古代インドの民族叙事詩。

関連記事

親記事

アーチャー(Fate) あーちゃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シータ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1526090

コメント