ピクシブ百科事典

ラマシタ

らました

ラマシタとは『Fate/GrandOrder』に登場するノーマルカップリングのひとつである。
目次[非表示]

概要

Fate/GrandOrder』におけるラーマシータのカップリング。
原典である古代インド民族叙事詩ラーマーヤナ」において、実際に2人は夫婦である。

…しかし、この二人が寄り添う光景は現実には決して叶わないのだ。
その原因は、生前のラーマが同士の抗争に介入した際、味方の猿であるスグリーバに助力する為とはいえ、敵対する猿のバーリを騙し討ちにした事でバーリの妻の怒りを買い、ある呪いを掛けられてしまった事に起因する。

――貴方はたとえ后を取り戻すことができても、共に喜びを分かち合えることはない――

実際に原典ではラーマはシータを魔王ラーヴァナから救い出せたものの、彼女の貞潔に疑いの目を向けた民衆を納得させる為にやむを得ず彼女を追放し、その後シータはラーマが申し入れた貞潔の証明をするため大地に身を投げ、ラーマは愛する者を永遠に失う事となった。
更にこの呪いは2人が死後に「英霊の座」へ至っても「ラーマとシータは英霊の枠を共有する」として続き、この制約によって聖杯戦争で"ラーマ"と言う英霊を召喚した場合は、ラーマかシータのどちらかが"ラーマ"として召喚され、2人が同時に召喚されることは決して無いのである。
この呪いは死して尚、どんなにお互いが願おうともラーマとシータは決して会う事が出来ない、互いに視界に捉える事すら出来ない(出来るのは片方だけ)という余りにも残酷な呪いだった。
二人の姿が双子の様に似ているのは、元々でなければこの呪いの影響と思われる。

『Grand Order』第五章では、召喚場所さえ離れていたものの共に現界。ラーマは人類史の焼却という歪んだ状況ならば愛する妻との再会が叶うかもしれないと思っていたが、やはり呪いからは逃れられず、瀕死の重傷を負っていたラーマの目が見えない状況で言葉こそ交わせたが、彼が目を開けた時には既にシータはラーマを救う為に消滅していた。

上記の場面は殆どのプレイヤーの涙腺にダメージを与え、2人の願いを叶えるべくシータの実装を願わずにいられなくさせた。

余談

上記の様に現時点ではFGO作中におけるラーマとシータの再会の可能性は著しく低いが、TYPE-MOONキャラ総出の日常系スピンオフ作品『ちびちゅき!』2学期第11時限目の体育祭回ではなんと・・・!?

※ちなみに、この展開はちゃんと許可を貰っているらしい⇒情報出典

関連画像

FGOログ
らました


fate go つめ2
らくがき詰め②



関連項目

Fate/GrandOrder ラーマ(Fate) シータ(Fate)
夫婦 カップリング Fateシリーズのコンビ・グループ・カップリング一覧
ラーマーヤナ

悲恋 遠距離恋愛 呪い 全て遠き理想郷

pixivに投稿された作品 pixivで「ラマシタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1464823

コメント