ピクシブ百科事典

ヴァナラ

ゔぁなら

ヴァナラとは、インド神話に登場する種族の一つ。

概要

主に『ラーマーヤナ』に登場するのような種族。
その名は「ヴァナ()」からきており、「森の住人」「森に属する者」を意味する。
ライオンの如く強く、のように勇猛で、俊敏にして巨木を振り回せる怪力の持ち主であり、あらゆる武具を自在に操りながら歯や爪をも武器とする。さらに変身能力、飛行能力をも持ち、後述の両親の特徴をも有する。

ヴァールミーキ版の一巻17章によるとヴィシュヌラーマとして降誕するにあたり、羅刹ラーヴァナに挑むラーマを補佐させるため、ブラフマーの命によって神々が創造した。
天女アプサラスガンダルヴァヤクシニーナーガキンナラ、半神ヴィディヤーダラ、様々な天上の種族、妖精族の女たち、またの雌の胎内に入る、という方法で神々はヴァナラ族を生み出した。
、雷神インドラヴァーリン、太陽神スーリヤスグリーヴァ、司祭神ブリハスパティは知恵に長けたヴァナラたち、夜叉神クベーラはガンダマーダナ、鍛冶神ヴィシュヴァカルマンはナラ、火神アグニはニーラ、アシュヴィン双神はマインダとドヴィヴィダ、水神ヴァルナはスシェーナ、雨神パルジャニヤはシャラバ、風神ヴァーユハヌマーンを創造した。

関連タグ

ラークシャサ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァナラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 611

コメント