ピクシブ百科事典

ヤクシニー

やくしにー

ヤクシニーはインド神話に登場する種族ヤクシャ(夜叉)の女性形。
目次[非表示]

概要

富の神クベーラに仕える存在とされ、主がヒマラヤ山中に隠した秘宝を守護するという。
本来、ヤクシャヴェーダ以前に信仰された山や樹木の精霊が前身であり、荒ぶる側面を持つ一方で大地に隠された宝物(鉱石)の保持者とされる善良な存在であった。
またクベーラも先住民族が崇めた神が出自とされ、ヴェーダで邪悪な存在とみなされていた。その為に鬼神であるヤクシャ、ラクシャーサ、グヒヤカの王とみなされ、その神像も太鼓腹に短い四肢を持つ異形で描かれている。

ヤクシニーは豊満な胸とくびれた腰を備える肉感的な美女として、木の下で葉や果実を掴む姿勢で表現される。
特にヒンドゥー教仏教で聖なる木とされたマンゴーと一緒に描かれた絵もあり、ヤクシニーは樹木に宿る生命力を象徴する豊穣神・自然霊としての性格が強い。
またタントラの一つには36人のヤクシニーが登場する経典があり、「美しきもの」「愛らしい目」「100の花」「芳香」のような女性的な名前から、「髑髏の娘」「の娘」「富」「とても恐ろしい(力強い)もの」など鬼神の力・神秘性を意味するような名前がある。

女神転生シリーズのヤクシニー

初出作品は「真・女神転生」。多くのシリーズ作品に登場し、種族はいずれも“闘鬼”、“妖鬼”、“鬼女”と大種族鬼族に属する。
デザインは赤い髪、紫の肌(魔神転生Ⅱでは緑)が特徴的な双刀を持った軽装の女性というもの。シリーズでは一貫して胸を覆う装備がなく、3Dグラフィックで登場した真・女神転生Ⅲでは垂れ下がった髪で胸を隠すという暴挙に出る。
一応、本来のヤクシニーの図像でも髪で乳房を隠した姿で描写されることもあるので、原典に忠実になったと言えなくもない仕様ではある。

ヤクシニー



関連タグ

インド神話 女神転生 鬼子母神 ダーキニー 荼枳尼天

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤクシニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171623

コメント