ピクシブ百科事典

荼枳尼天

だきにてん

荼枳尼天とは、ヒンドゥー教や金剛乗仏教で語られる女夜叉の集団「ダーキニー」が、日本において単一の尊格となったものである。
目次[非表示]

由来

ダーキニーは漢訳仏典では「荼枳尼」と表記され、これに「」をつけるのは日本独自のものである。
『大日経』の教えを図案化した胎蔵曼陀羅では閻魔天の配下衆として描写される。
ここでの荼枳尼衆は死者から生命力(精)を奪う「奪精鬼」としての役割を持つ。
日本に渡った後、一人の神となり、白い狐に乗る美しい天女の姿になった。狐も野犬のような、地面を掘る習性があり、時には埋葬された人間の遺体も食べた。
このことから死と血の臭いを漂わせるこの夜叉神と結び付けられたのだろう。

まれによく言われる説であるが、「荼枳尼天はインドでは野干ジャッカル)に乗っていた」いう事実はない。

ジャッカルも死肉を漁る事、またダーキニー同様鬼神的要素を持つ七母天(サプタ・マートリカー)やダーキニーの主とされたカーリーのヴァーハナ(騎獣)がジャッカルであることから、こうした話が生まれたのかもしれないと南方熊楠が言っていた。

 まあ創作系で「けもみみダーキニー」はあってもいいと思うが、二次創作と原典の区別はつけよう。

信仰

荼枳尼天は「辰狐王菩薩」「貴狐天皇(貴狐天王)」の異名を持ち、狐と縁深い稲荷神(ウカノミタマ)とも結びつき習合した。
神仏分離令によって祭神名が神道系の神名になったところもあるが、時代が下り再び荼枳尼天を祭神・本尊名として挙げる寺社も現れている。

天皇という語を含む異称を持つ彼女は、天皇即位時に行われる灌頂の儀式でも祀られたという。
公家武士のような他の上流階級、さらに遊女や博徒、被差別階級のような、社会の下層に置かれた人々も彼女を信仰した。
その理由は信者であるなら誰が相手でも絶大な現世利益を与えるとされたからである。
しかしその反面、信仰は一生ものであることが要求され、僅かでもお勤めを疎かにするなら、強烈な祟りを下すという。
そのため歓喜天と並び「素人さんがむやみに拝んではいけない神」として有名である。
中世には彼女のご利益をさらに引き出せるものの、さらに危険な「外法」と称される修法が存在したらしく、文学作品にも登場する。
時の権力によって淫祠邪教扱いされた「立川流」も荼枳尼天を祀っていたらしいが、弾圧側の資料しか残っていないため、その実像は定かではない。

現在では稲荷神社の一部で彼女が祀られている。現在の稲荷神社で行われている荼枳尼天への祈祷は、かつて外法と称されていたものではない。
豊川稲荷で行われる『大般若経』転読は宗系では一般的なものである。

その他

浄土宗総本山知恩院の境内には濡髪大明神が祀られており、荼枳尼天と同一視する意見もあるが実際の所は不明。
祀られるきっかけとなったエピソードに登場するのは、童子(少年)の姿をした白狐の精である。

日蓮宗の最上稲荷の本尊は「最上位経王大菩薩(最上位経王とは『法華経』のこと)」という。白狐に乗った天女の姿をしており、豊川稲荷本尊「豊川吒枳尼真天」同様稲穂の束を担いでいる。そのためか、荼枳尼天と同一視する意見が見られるが、最上稲荷公式サイトでは荼枳尼天についての言及はない。

関連タグ

ダキニ天
金閣寺(敷地内に祠がある)

pixivに投稿された作品 pixivで「荼枳尼天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7178

コメント